トップページ 人気ランキング カメラのスペック 周辺機器 画像処理 リ ン ク

トップページ
鴨川・銚子旅行写真メニュー
メニューに戻る

卯波・仁右衛門島

 東京駅から特急ビューわかしおで2時間足らず、終点の安房鴨川に着きました。
ここで外房線に乗り換え、隣の太海駅に行って俳人鈴木真砂女の名句「卯波」の舞台である仁右衛門島を目指します。 駅員に教えられた方向に10分ほど歩き、漁港沿いの道の角をまわると、急に行く手に小さな島が見えてきました。

島といっても、漁港の岸から100メートルぐらいしか離れていません。電力線が漁港から海をまたいで島の電柱までつながっています(^_^)。それでもともかく岸とは離れているので、れっきとした島で、千葉県唯一の島だそうです。

漁港からは写真の手漕ぎの小さな舟で島にわたります。ほんの100メートルばかりなのに、料金は一人往復で1350円というのは少々お高いと思いました(ブツブツ)。
渡し舟の船頭は、もと北海道で漁業をしていた漁師とのことでした。底の岩や海草がはっきり見える澄んだ水の上を櫓をこいで、ゆっくりと島に向かいます。

この地は房総地方の名勝なので、鴨川に生まれた真砂女は何度となく訪れているようです。初夏のころ、たまたま風の強い日にこの島に渡ったときのことでしょうか、真砂女の代表句となった次の作品が生まれました。

     あるときは
         舟より高き
             卯波かな  鈴木真砂女

卯波・仁右衛門島 鈴木真砂女の跡を小料理屋「卯波」を中心に訪ねました
銚子電鉄 千葉県銚子に行き、犬吠灯台まで銚子電鉄に乗りました
犬吠崎灯台 銚子の犬吠崎灯台から、太平洋の展望を楽しみました
銚子文学紀行 千葉県銚子の犬吠崎、海鹿島など数ヶ所の文学紀行

メニューに戻る




トップページ 人気ランキング カメラのスペック 周辺機器 画像処理 リ ン ク