トップページ 人気ランキング カメラのスペック 周辺機器 画像処理 リ ン ク

トップページ
伊豆旅行写真メニュー
メニューに戻る

河津桜祭り

 2月19日に、南伊豆の河津町と下田を訪ねる小旅行をしました。このところ、毎年2月には海岸地方の暖地を訪れていますが、今年は最近非常に人気の高い河津桜をぜひ見ようとこの地に決めました。
横浜から伊豆急の特急踊り子号に乗り、車窓東側に広がる春の海の景観を楽しんでいるうちに河津駅に着きました。

ここからまずバスに乗って、文学作品に登場しているので有名な「旧天城トンネル」に向かいます。この場所については、また別ページでご報告したいと思います。旧天城トンネルを見てから、また、伊豆急河津駅にバスで向かいました。

河津駅より3つほど手前のバス停で降りて、河津桜の咲いているという河津川沿いに向かって歩きました。 河津桜はオオシマザクラ系とカンヒザクラ系の自然交配種でできた早咲き桜で、本州ではもっとも開花が早いとされます。ここ河津町では、毎年2月10日前後から一ヶ月間「河津桜祭り」を開催しています。

河津川の堤防に登ると、川の両岸の堤防に見渡す限りピンクの濃い河津桜が満開になっているのが見えました。その花堤の間を、河津川が花の姿を映しつつ静かに流れています。河津川も、満開の桜を楽しみつつゆったりと流れているようでした。

      両岸の 
          桜を愛でつ
              川流る

伊豆急で河津へ 最近非常に人気の高い河津桜を見に行きました
旧天城トンネル 小説『伊豆の踊り子』の舞台旧天城トンネルとその周辺
河津七滝 河津渓谷に7つの変化に富んだ滝が連なっています
滝と踊り子 初景滝の前には『伊豆の踊り子』の像が置かれています
川と河津桜 川端康成が『伊豆の踊り子』を執筆した旅館を訪ねました
河津桜祭り 河津桜祭りを訪れ、満開の桜並木の下を散策しました
下田・須崎 河津町から伊豆南端の名勝下田・須崎に向かいました
下田・爪木崎 バスで灯台のある名勝下田・爪木崎に向かいました

メニューに戻る




トップページ 人気ランキング カメラのスペック 周辺機器 画像処理 リ ン ク