トップページ 文学紀行 俳句エッセイ 写真と俳句 四季の風物 小説・評論


  野煙る
はげいとう
What's New
リンク
メール

   お知らせ

 本ウェブサイト 《野煙る》 が、ポータルサイト YAHOO のエッセイ部門 にカテゴリ登録されました。読者の皆様に、深く感謝申し上げます。

   曼珠沙華・中村汀女

曼珠沙華・中村汀女

 中村汀女は、俳句を現代の女性の間にこれだけ普及させた功労者の筆頭といえましょう。汀女の句は、以下の作品に見られるように、女性らしい繊細で気品のある表現と暖かい叙情性に特色があります。それにより、新聞やテレビの俳句欄で多くの女性ファンをひき付けてきたのです。

汀女は、明治33年(1900年)に熊本に生まれました。熊本高女に進学して、次の曼珠沙華(まんじゅしゃげ)の俳句を詠みました。

     曼珠沙華 
         抱くほど採れど
             母恋し     中村汀女

汀女さんも当時はまだうら若き乙女で、ホームシックに悩んだようですね。

その後、熊本高女を卒業してまもなく、エリート官僚だった男性と結婚し、東京・世田谷の代田橋に住むようになりました。汀女さんはなかなかの発展家だったので、案じた親が早く結婚させたという話を聞いたことがあります。

次の俳句は、汀女さんが世田谷に住み中年になったころの作品と思われます。

     年ごろの似て 
         かえりみて
             曼珠沙華    中村汀女

秋の彼岸にお墓参りをしたときのことでしょうか、すれちがった女性が自分とほぼ同年配であるのに気がついて思わず振り返ったところ、その女性の向こうに曼珠沙華(まんじゅしゃげ)が鮮やかに咲いているのが見えた、という句意です。

女性は同性を観察するといいますが、そういう女性ならではの俳句で、男性ではこういう発想すらすることができません。句尾に付け加えた 「曼珠沙華」 は、女性の情念を感じさせる鮮やかさに満ちています。

  本ウェブサイトのタイトル

 早春のころ、農地の近くの枯野原で野焼きをしているのを見かけました。このように雑草を焼くと、草原の害虫の卵などが焼き払われ、その後の季節で周辺の作物への虫害が軽減されます。また、雑草の灰により地味が豊かになるという効果もあります。

一年の仕事の準備のために枯野原に火を放つという力強さ、さわやかさに感銘を受け、このウェブサイトのタイトルを 《野煙る》 といたしました。



旅行・観光 ランキング

人気ランキング



実りのとき

旅景広々

実りのときブログ

世田谷ブログ

ゆったり投資塾

実りの食





トップページ 文学紀行 俳句エッセイ 写真と俳句 四季の風物 小説・評論