トップページ 文学紀行 俳句エッセイ 写真と俳句 四季の風物 小説・評論

野煙る
俳句エッセイ メニュー
トップページ

芭蕉・蕪村

  芭蕉野分して 「大川端芭蕉句選」の一つ、「芭蕉野分して」の句碑です
  鐘は上野か浅草か 「大川端芭蕉句選」の一つ、有名な「花の雲」の句碑です
  八百屋お七の大火 芭蕉は「八百屋お七の大火」で寒空に焼け出されました
  木槿・野ざらし紀行 世田谷区用賀のお寺で、芭蕉の句碑を見つけました
  奥の田植え唄 芭蕉と曾良は「遊行柳」 の地、那須芦野を訪れました
  墓前の句 松尾芭蕉と小林一茶の墓前の句を比較しましょう
  辞世の句 辞世の句は、詠む人の人生を反映して実にさまざまです
  江戸俳句 其角は、師芭蕉よりももっと感覚的な表現を志向しました
  其角の俳句 宝井其角には心惹かれる俳句がいくつもあります
  菜の花・蕪村 与謝蕪村は、菜の花を詠んだ秀句をいくつも残しています

子規・虚子

  雛あらば・子規 生涯独身だった子規は、雛の節句の俳句を残しました
  野球と俳句 子規は、松山で虚子らに野球の手ほどきをしました
  鞠を投げたき草の原 正岡子規は東京大学予備門時代に野球を覚えました
  流れ行く大根の葉 毎年秋が深まるころ、虚子のこの俳句が思い出します
  「台所雑詠」 虚子はホトトギスに女性専用の投稿欄を設けました
  水原秋桜子 高尾山薬王院で水原秋桜子の句碑を見つけました
  ノラともならず 久女はホトトギスの雑詠欄に投句するようになりました
  鞦韆は漕ぐべし 鷹女の俳句は凛とした気品と瑞々しさにあふれています
  皆吉爽雨 深大寺に皆吉爽雨の「深大寺そば」の句碑がありました
  中村汀女 羽根木公園に中村汀女の「外にも出よ」の句碑があります
  中村草田男 深大寺に中村草田男の「萬緑の中や」の句碑がありました

その他

  晩酌の肴 最近は、女性も晩酌をたしなむ向きが多くなりました
  東京惜年 江戸、東京の年の暮に関係のある俳句を取り上げました
  新年好 春節は、中国やベトナムでは年間最大の祭日です
  永井荷風の俳句 荷風は江戸俳句の伝統を引継ぐ優れた俳人でもありました
  目刺にのこる海の色 芥川龍之介は、高浜虚子から本格的に俳句を学びました
  関東大震災と俳句 大震災を詠んだ俳句が案外に少ないのがわかりました
  関東大震災と俳句 (2) 当時の若手俳人たちも大震災で大きな影響を受けました
  「白粉臭」 俳人藤田湘子さんが、女流の俳句について語っていました
  こぶし・木蓮 桜開花前の浅い春に華やぎを見せるのがこぶし、木蓮です
  牡丹開花・豪徳寺 関東では、牡丹は八重桜が散り始めたころが花期です
  フラワーランド 都立きぬた公園の近くにある世田谷区の花壇公園です


トップページ 文学紀行 俳句エッセイ 写真と俳句 四季の風物 小説・評論

このウェブの姉妹サイト

実りのとき
このウェブの姉妹ブログ

実りのときブログ