トップページ 文学紀行 俳句エッセイ 写真と俳句 四季の風物 小説・評論

野煙る
小説 ・ 評論 メニュー
トップページ

海外文学

 シーザーの跡を訪ねて 古代ローマの英雄ジュリアス・シーザーの跡を訪ねました
 ドン・キホーテ マドリードの観光名所スペイン広場を訪れました
 誰がために鐘は鳴る ヘミングウェイは、スペイン人民戦線側に参加しました
 ヘミングウェイとキューバ ヘミングウェイはキューバ・ハバナ市に邸宅を購入ました
 小説 『死の勝利』 この小説は、ボルゲーゼ公園での投身自殺から始まります
 ドストエフスキー記念舘 ドストエフスキーの家が現在は記念舘になっています
巡洋艦アウロラ/帝政の終焉 サンクトペテルブルグにアウロラが係留されていました
ロバの旅/ スティーヴンソン フランス南部山岳地帯をロバを連れて旅したときの紀行文
シャーロックホームズ博物館 ホテルに近いシャーロックホームズ博物館を訪ねました
 バトル・オブ・ブリテン テームズ西岸にバトル・オブ・ブリテン記念碑があります
 緋文字・ボストン ホーソンの小説 『緋文字』 の跡をボストンに訪ねました
 二都物語 / フランス革命 フランス革命で多くの人が処刑された時期を描いた小説
エドガー・アラン・ポー/黄金虫 ポーは19世紀前半に近代短編小説の理論を示しました
 赤と黒/王政復古の時代 青年の野望と挫折、周囲の旧体制との確執を描いた小説
 レ・ミゼラブル/七月革命 王政復古から七月革命にかけての時代の大河小説
 ボヴァリー夫人/第二帝政 医師の妻が不倫と浪費のあげくに自殺するストーリー
 パリ燃ゆ / パリ・コミューン 大佛次カが書いたパリ・コミューンの記録文学です
 ドレフュス事件/ 第三共和政 19世紀末にフランス全体を揺るがせた冤罪事件です
 スペイン風邪/ 第一次大戦 スペイン風邪により多数の芸術家たちが命を失いました
 西部戦線異状なし/レマルク レマルクは自らの体験をもとにこの小説を発表しました
 凱旋門 / レマルク 第二次大戦勃発前後のパリでの悲恋を描いた小説
 ロンドンの自転車乗り 安全型自転車の登場で大自転車ブームが起こりました
 間諜と小説 / モーム モームは30年近くMI6の秘密情報活動を行ないました
 砂漠のロレンス ロレンスはアラブ反乱軍に軍事顧問として参加しました
 黒死の大版図 14世紀には欧州全人口の30%がペストで死亡しました
 黒船と南北戦争 黒船と呼ばれたサスケハナは南北戦争に参加しました
 マーク・トウェイン自伝 マーク・トウェインが死の前年に書き上げた自伝です
 ジャズ・エイジ/禁酒法 小説 『グレート・ギャツビー』 がまた映画化されました
孤独の単発機/リンドバーグ 単発プロペラ機での大西洋単独無着陸飛行の記録
砂漠の郵便機 サンテグジュペリは郵便飛行のパイオニアになりました
南海への憧れ 欧米の作家たちは南海の島々への憧れを抱きました

国内文学

 逍遥とシェイクスピア 逍遥は外人教師のシェイクスピア劇朗読に感激しました
 舞姫 / 森鴎外 森鴎外は28歳のとき短編小説 『舞姫』 を発表しました
 格子戸の家/ 無縁坂 末造はお玉を無縁坂に面した小さな家に住ませました
 鴎外の跡を訪ねて 森鴎外の旧居観潮楼跡から不忍池にかけての文学散策
 火の国の漱石 漱石は、台風の中、熊本市から阿蘇山に向かいました
 三四郎・東大構内 三四郎は、東大に入学するために熊本から上京しました
 樋口一葉の跡を訪ねて 樋口一葉の跡を、東京都文京区、台東区に訪ねました
 台所太平記50年 谷崎潤一郎邸では延べ20人以上の女中さんが働きました
 宮本武蔵・吉川英治 京都と東京都に、宮本武蔵と吉川英治の跡を訪ねました
 剣豪のランキング 剣豪ストーリーは日本人のDNAに組み込まれています
 山本有三の跡を訪ねて 三鷹市の山本邸が現在は山本有三記念館となっています
 林芙美子の跡を訪ねて 世田谷区と新宿区に作家林芙美子の跡を訪ねました
 伊豆の踊り子 小説『伊豆の踊り子』の舞台 旧天城トンネルとその周辺
 天城越え/ 松本清張 松本清張の短編小説『天城越え』をたどる文学紀行です
 マリアナのうなぎ 火野葦平の芥川賞受賞作 『糞尿譚』 と小説 『赤道祭』
 戦場の作家たち 軍部の要請により作家たちが戦地で取材活動をしました
 井上靖 / 猟銃・闘牛 井上靖の初期の小説 『猟銃』 と芥川賞受賞作 『闘牛』
 清張と多佳子 松本清張の作品に、『花衣』という短編小説がありました
 太宰と清張 太宰治と松本清張の創作のあとをたどってみました
 日輪の女王・卑弥呼 邪馬台国は日本古代史最大の謎とされています
 野菊・伊藤左千夫 江東区の普門院という寺に伊藤左千夫の墓がありました
 虚子と横光 / 欧州の旅 虚子と横光利一は同じ汽船でヨーロッパに渡航しました
 関東大震災と作家たち 東京市、鎌倉市在住の文人たちの関東大震災レポート
 断髪と洋装 大正末期には女性の社会進出が次第に進展しました
 天災は忘れたころに来る 漱石の弟子寺田寅彦は地震・津波の研究でも有名です
 掃海艇の今昔 日本のシーレーンの安全を守ってくれる掃海艇の今昔
 古代の食物 縄文・弥生時代にはくりなど堅果類が主食の一部でした


トップページ 文学紀行 俳句エッセイ 写真と俳句 四季の風物 小説・評論

このウェブの姉妹サイト

実りのとき
このウェブの姉妹ブログ

実りのときブログ