トップページ
肉料理
魚料理
めん類
カレー・シチュー
副菜
その他

トップページ
ふぐの白子
メニューへ

 行きつけの魚屋の店頭で、ふぐの白子(しらこ)を売っていました。ふぐの白子とは成熟した精巣のことで、料亭、日本料理屋などでは珍味として供しているそうです。ふぐというと私どもは毒を心配しますが、白子は普通のふぐの場合には毒がないということです。

 私は昔鍋物で食べた記憶がありますが、味の方はほとんど忘れてしまいました。その味を思い出そうと、1パック2本のものを買って帰りました。

今回買った白子は、一本の長さが15cmほどで、左の写真のように全体が乳白色をしています。
塩麹と酒を少々振って冷蔵庫に入れてから、インターネットで白子の調理方法を調べました。

 酢の物、汁物、鍋物、焼き物などに料理されることが多いようです。
身が柔らかいので、長時間調理すると身がちじんでしまうそうです。
短時間で仕上げるか、弱火で調理するのがよいとのことでした。

今回はまず直火でチーズ焼きにしようと思います。まな板にラップを敷いて、食べやすいように一口大にきりました(左の写真)。

 切った白子をアルミホイルにとって塩をふり、魚ロースターの直火で5分ほど強火で焼きました。

白子に焼き目がついたら、OKです。白子を皿にとって粉チーズをふり、青唐辛子を刻んでのせて完成です。

白子の味はあっさりしていますが、なかなかこくがあり、さすがに高級食材と感じられました。

 残りの白子一本は、シンプルにうでて食べることにしました。

小鍋出お湯を沸かし、塩を少々加えます。そこに一口大に切った白子を入れ、弱火で5分ほど加熱しました(左の写真)。

強火でうでると、白子の身がちじんだり、白子の皮が破れて中身が飛び出したりします。

 白子がうで上がったら、皿にとり、青唐辛子を刻んでのせて完成です。好みで醤油をふりかけて食べてもよいでしょう。
また、ポン酢をかけて食べる人も多いようです。

白子は味がさっぱりしていますがなかなかこくがあり、この時期の酒の肴にぴったりです。

メニューに戻る


トップページ
肉料理
魚料理
めん類
カレー・シチュー
副菜
その他