トップページ メールアドレス ホスティング ドメインの種類 サーバースペック サーバーの選択

ウチホームページ
ホスティングサービス

ホスティングサービス

  • サーバーを設置するに
      は


  • ホスティングサービス

  • ホスティングの種類

  • サブドメイン形式

  • ホスティングサービス会
      社


  • サービス会社の選択基
      準


  • デル株式会社

    高性能・低価格の
    デルパソコンがお買い得

    IT入門講座

    リ ン ク

    写真画像集









    PC・通信 ランキング

    ランキングサイト


    サーバーを設置するには

     前のページで解説したように、インターネット上でホームページを開設したり、電子メールを利用するには、インターネット上にドメインを取得し、そのアドレスにサーバーコンピューターを設置する必要があります。

    最近ではインターネットの回線のコストが非常に安くなり、またサーバーコンピュータの価格も下がったので、自分のオフィスあるいは自宅にインターネット回線を引いてサーバーを設置する方も多くなっています。

    しかしこのような方式では、自分でサーバーを設置するにも、またそれらを安定的こ運営してゆくにも、相当な技術力と時間を要します。

    ホスティングサービス

     ホスティングとは、たくさんのサーバーコンピュータをまとめて設置・管理し、それらのサーバーを単体ごと提供するか、あるいはサーバー機能の一部を利用者の要望に応じて提供するサービスです。

    この方式では、数量効果によりインターネット回線のコスト、電力コストなどの運営経費が割安になります。また、たくさんのサーバーをまとめて管理するので、細部まで管理が行き届いてトラブルが少なくなるというメリットもあります。

    ホスティングを利用すれば、自分でサーバーを設置・管理する必要がなく、比較的安い料金で利用でき、自分はそのサーバー上でコンテンツを提供するほうに専念できるので、最近では急速に利用者が増加しています。

    ホスティングの種類

     上記ホスティングのサービスは、インターネットプロバイダが行っていたり、独立系のネットワークサービス会社がしていたり、YAHOOのようなポータルサイトが提供していたりと、さまざまな事業者が手がけています。
    また、一口にホスティングサービスといっても、その内容もいろいろです。代表的なサービス内容は、次の通りです。
    • 共用サーバーサービス
      大容量サーバーを分割して、その一部をそれぞれの利用者にレンタルするもの。バーチャルサーバーサービスともいう。

    • 専用サーバーサービス
      それぞれの利用者が、自分のサーバーをホスティングサービス会社のスペースに設置して使用する。

    • バーチャルプライベートサーバー(VPS)
      共用サーバーであるにもかかわらず、専用サーバー並の機能、自由度を兼ね備えているシステムで、最近急速に利用が広まっています。
    共用サーバーは、もっとも低いホスティングコストで利用できますが、共用による制約が大きく、サーバーとしての機能、自由度が低いのが難点です。

    一方専用サーバーは、自分がサーバーをセットアップしてホスティングサービス会社に委託するので、自分の都合のよいように仕立てることができます。しかし、ホスティングコストはもっとも割高になります。

    バーチャルプライベートサーバー(VPS)は、機能、自由度、そしてホスティングコストも上記2種の中間に位置するといえましょう。

    サブドメイン形式

     先のページで説明したように、独自ドメインを取得すると、そのドメイン名のついた自分の会社のホームページメールアドレスが利用できるようになり、ビジネス上大きなメリットが得られます。
    しかし、レンタルサーバー会社によっては独自ドメインが利用できず、サブドメイン形式になる場合があります。この場合には、たとえばレンタルサーバー会社のドメイン名を hostcompany とし、利用者のIDを watashi とすると、ホームページのURLは

      http://watashi.hostcompany.jp/

    のように、レンタルサーバー会社のドメイン名が入ってくることになります。
    この方式で利用できるメールアドレスについても、同様にレンタルサーバー会社のドメイン名が入った文字列になります。
    「激安」をうたっているレンタルサーバー会社の場合には、このようなサブドメイン形式のサービスがかなりあるので、まずこの点を調査する必要があります。

    逆にこのようなサブドメイン形式のサービスは料金が安いので、もし少々URLが長くなるのが容認できるなら、そこは割り切ってそのようなサービスを利用するという考えもあるでしょう。

    ホスティングサービス会社

     ここで問題になるのは、ホスティングサービスを提供している会社の経営の安定性です。利用者としてもっとも困るのは、せっかく独自ドメインを取得して自社ホームページ、自社メールシステムを運用し始めても、そのうちホスティングサービス会社の経営がおかしくなり、ホスティンサービスを停止してしまうという事態になることです。

    インターネットの急拡大に伴い、ホスティングサービスを提供する会社の数も急増しました。それらの中には、技術的にあまりレベルの高くない会社もあり、また経営基盤の脆弱な会社も少なくないといわれます。
    そのような「限界供給者」的なサービス会社が、この業界の激烈な競争を勝ち抜けず、破綻をきたすことも、当然考えられます。

    サービス会社の選択基準

     このような事態を避けるために、利用者はホスティングサービス会社を選択する前にその安全性を確認する必要があります。その際の基準として次のようなポイントをチェックしてください。
    • サービスの実績は十分か
      少なくとも、この業界で5年の実績がある会社を選択してください。

    • 業界での売上げ順位で上位に入っているか
      できれば、ここ数年業界での売上げ順位の上位に入っているのが望ましいところです。もちろんもっと規模が小さくてもよい会社はありますが、利用者としては安定した実績がほしいのです。

    • 売上げが安定して伸びているか
      毎年、たとえば20パーセントぐらいづつ安定して売上げが伸びていれば、その会社は技術的にもしっかりしていて、堅実経営をしていると考えられます。

    • 技術的競争力、価格競争力は十分か
      これについては、別ページで詳しく解説します。ともかく、競争力がなければこの業界では勝ち抜けません。

    • 強力な大株主あるいはスポンサーがあるか
      上場企業あるいはそれに準ずる有名企業がバックにあれば、経営的にも安定するでしょうし、財務関係も安心できると考えられます。

    • 有力なクライアントを確保しているか
      上場企業あるいはそれに準ずる有名企業が主要取引先にあり、それらへの売上げ比率が大きければ、しっかりした経営をしている証拠となります。

    独自ドメインを取得し、それを利用して自社のホームページを開設し、同時に自社メールアドレスを利用するというケースが最近急増しています。このウェブでは、今後その独自ドメインの実際について詳しく解説いたします。

    トップページへ

    トップページ メールアドレス ホスティング ドメインの種類 サーバースペック サーバーの選択