トップページ 株式投資の基本 長期投資の基礎 長期投資の実戦 相場のエネルギー 相場の長期変動 長期売買実績

ゆったり投資塾 人気度の指数 メニューへ

人気と株価

 株式市場には多数の銘柄が上場されていますが、各銘柄の株価の動きはさまざまで、ある時点で見ると株価が上昇傾向のものがある一方で、逆に下落傾向の銘柄もあります。
もちろん、株式投資の能率という点では株価が上昇傾向に入ったと思われる銘柄を購入するのが望ましいので、銘柄別の上昇傾向を正確にとらえるために私どもは常に努力しているわけです。

株式市場では、そのときどきのテーマにあった人気銘柄というものがあります。それら比較的少数の人気銘柄に市場の買いエネルギーが集中するために、それらの銘柄の出来高が急増し、株価が大きく値上がりします。
半面、それら以外の銘柄は蚊帳の外ということになり、人気離散の状態で株価がじり安となるのが普通です。

もし、「相場全体にさきがけて上昇基調になり、その後相場全体より速いペースで値上がりする」という銘柄が見つかれば、それを購入することでかなりの値上がり益が得られるでしょう。
逆に、「相場全体にさきがけて下落基調になり、その後相場全体より速いペースで値下がりする」という銘柄が検出できれば、それを信用売りすることでかなりの値下がり益が得られると思われます。

レシオケーター

 ここでまず問題になるのが、基準となるべき上記の「相場全体」なるものをどのようにして把握するかです。

 株式市場では古くから「レシオケーター」とよばれる指数がこの目的に利用されています。これにもいくつかの手法がありますが、基本的にはある期間の個別銘柄の株価とその期間の平均株価(たとえば日経平均株価)を比較し、その期間の平均株価の上昇率を上回る株価上昇率を示した銘柄が人気が高まったと判断するものです。

この方法では、株価比較の対象として利用する「平均株価」の特性が重要になります。一般に株式市場で利用されている「平均株価」にはそれらの構成銘柄や算出方法からくる独特の「くせ」があります。
たとえば、日経平均株価が一部値がさ株の値動きに大きく影響されるのは昔からよく知られています。
東証株価指数(TOPIX)は、鉄鋼株、銀行株など時価総額が大きい銘柄の株価によって大きく変動します。
単純平均株価は上記2種の平均株価より構成銘柄による偏りが小さいとされますが、それでも単純平均であるために、値がさ株の株価に大きく影響されるのは避けられません。

そこで私どもは市場での流動性も考慮して、東証一部上場銘柄(2016年2月現在で1700銘柄あまり)のうち貸借取引に指定されている銘柄のグループを母体とし、それら銘柄からこちらで解説した方法により227銘柄をピックアップして 「元銘柄グループ」 として用いることにします。

たとえば新日鉄住金株の株価動向を調べるには、新日鉄住金株の週間株価をまず上記元銘柄グループのうちの一つの銘柄の週間株価で除して週間株価比を算出し、それを原データとします。
実際には、新日鉄住金株の週間株価と上記元銘柄の週間株価はレベルが大きく違うのが普通なので、週間株価のかわりに週間株価の長期移動平均値からのかい離度を用いて上記原データを算出します。

それら原データを227の元銘柄について作成して統計処理すると、新日鉄住金株の週間株価が元銘柄グループの全銘柄に対して「さきがけて」いるかどうか、元銘柄グループの全銘柄よりも速いペースで値上がりしつつあるか、あるいは元銘柄グループの全銘柄よりも速いペースで下落しつつあるかがある程度は見当がつくのです。

KW レシオ

 今回私どもは、上記のように元銘柄グループとの株価比をもとにいくつかの工夫を加えて 「KWレシオ」 という株価指数を開発しました。この指数の細部については、おいおいこのウェブサイトで明らかにしていきます。

まずは、この指数の意味を直感的に理解していただくために、2013年はじめからの上昇相場で株価がかなり上昇した時期の日本製粉株の週足チャートとその期間のKWレシオのチャートを下図に示します。

なお、私どもは先に 個別株価と長期移動平均線 というウェブページで10年単位の長期月足チャートと長期移動平均線を利用して個別株が長期的に上昇基調にあるかどうかを見極める方法を説明しました。
それにしたがって検討した結果、2013年はじめ当時の日本製粉株が、それまで数年間は株価が下落していますが長期的な株価上昇基調は失われてはいないのが確認されたので、その日本製粉株を週足での上昇相場の検討モデルとして採用したのです。

下図チャートの上半分は、2013年10月まで3年あまりの期間における日本製粉株の週足株価チャートとその13週移動平均線(薄青線)と26週移動平均線(灰色線)を示します。
同チャートの下半分は、同じ期間における日本製粉株のKWレシオ(オレンジ色線)とその平均線(灰色線)を示します。なお、ここで「平均線」というのは、単純な移動平均ではなく統計的な長期平均を意味します。

日本製粉株の週足チャート


KWレシオが100ポイント以上の領域では、その銘柄の株価上昇が標準銘柄グループ全体の株価の値上がり率を超えていることになります。KWレシオ(オレンジ色線)が100ポイント以上でKWレシオ平均線(灰色線)を上回っている領域では、その銘柄の人気度が高く、その銘柄の株価上昇が平均株価を引き上げている状態です。

KWレシオが100ポイント以下の領域では、その銘柄の株価上昇が標準銘柄グループ全体の株価の値上がり率に及ばないことになります。KWレシオ(オレンジ色線)が100ポイント以下でKWレシオ平均線(灰色線)を下回っている領域では、その銘柄の人気度が低く、その銘柄の株価下落が平均株価を引き下げているという状態です。

KW レシオの特性

 上図のチャートでは、数年間にわたって低迷してきた日本製粉株の株価が 2012年に入ってから底入れし、2013年初めから大出来高を伴って急上昇したのが見られます。このチャートを見ながら、株価が底入れから上昇に向かうときの株価とKW レシオとの関係を考察しましょう。

  • 株価が低迷している時期

    上図チャート左半分、2011年9月ごろまでは、株価はまだ反発する様子がなく、大略26週移動平均線を下回って下落している。この時期には分析チャートでKWレシオ(オレンジ色線)が100ポイント以下でKWレシオ平均線(灰色線)を下回っている。KWレシオ平均線(灰色線)も100ポイント以下のレベルで、いずれも緩やかに下落している。
    このような時期では、KWレシオは95ポイントから70ポイントの間を変動することが多い。

  • 株価底入れの兆し

    2011年10月ごろになると、日本製粉株の株価はなお下落中であるが、分析チャートでは、KWレシオ(オレンジ色線)が100ポイント以下でやや上昇してKWレシオ平均線(灰色線)を超えてきた。分析チャート灰色線のKWレシオ平均線(灰色線)も、上昇傾向になった。
    このような時期では、KWレシオは95ポイントから80ポイントの間を変動することが多い。

    このような領域は、日本製粉株の株価が下落の傾向を緩め、株価底入れを探る状態になったと思われる。この時期には株価は大きく下落する恐れが少なくなるので、株価が一時的に大きく下落した場合には「突っ込みを買って吹き値を売る」で短期に5パーセントくらいの値上がり益を取れることが多い。

  • 株価上昇の兆し

    上図チャートで2012年の部分に見られるように、株価が緩やかに底入れする場合には分析チャートでKWレシオ(オレンジ色線)が株価の上昇に先立って上昇することが多い。
    KWレシオ(オレンジ色線)が最低値から上昇して2年前のレベルを超えたあたりで株価が上昇してその26週移動平均線を超えれば、その後は株価が上昇基調になる例が多く見られる。上図チャートでは、2012年12月にはこの状態になって、その後の上昇基調をいち早く検出している。

    また、分析チャートでKWレシオ(オレンジ色線)がKWレシオ平均線(灰色線)を超えて両線とも上昇しており、さらに株価26週移動平均線が上昇し始めたとき、株価が上昇してその26週移動平均線の5パーセント上に達すればその後は株価が上昇基調になる例が多い。

  • 株価上昇の始まり

    2013年2月ごろ、分析チャートでKWレシオ(オレンジ色線)がKWレシオ平均線(灰色線)を超えて両線とも上昇し、KWレシオ(オレンジ色線)は100ポイントレベルを超えてきた。また株価は上昇しつつある26週移動平均線の15パーセント上に達した。これにより、日本製粉株の株価上昇傾向が鮮明になった。

    このあたりで株価は2012年3月の戻り高値を大きく超え、3年来の高値になった。また、この時期の出来高は大きく膨らんで、その前2年間の出来高を上回った。

  • 株価上昇基調の確定

    2013年4月ごろ、分析チャートでKWレシオ(オレンジ色線)がKWレシオ平均線(灰色線)を超えて103ポイントにまで上昇した。また、KWレシオ平均線(灰色線)も上昇して100ポイントレベルを超えてきた。

    これにより、その後数ヶ月継続する株価上昇基調が確認された。
今回、長期間の株式データを利用してシミュレーションを行った結果、上記のような株価とKWレシオの関係は、上図の日本製粉株にかぎらず他の銘柄の上昇相場の場合でもよく見られるのがわかりました。

単独の銘柄の株価出来高チャートを調べるだけでは、その銘柄が上昇基調にあるとはわかっても、その上昇がどの程度の「勢い」を持つのかを把握するのは困難です。このウェブページで示したように、その銘柄の株価出来高のデータと「標準銘柄グループ」に対するKWレシオのデータとを併用することで、その銘柄の上昇基調が持続性のある「本物」かどうかをかなりよく判断できるのです。

ページトップに

出来高の利用


出来高と売買代金


売買代金の指数


売買代金倍率


売買代金倍率 (2)


STレシオの利用


大相場とSTレシオ


三ツ星ベルト株のSTレシオ


NEC株のSTレシオ


人気度の指数


株価下落基調の検知


トップページ 株式投資の基本 長期投資の基礎 長期投資の実戦 相場のエネルギー 相場の長期変動 長期売買実績

海外・国内旅行

旅景広々
旅行・文学

野煙る
旅行・花の写真

花景ギャラリー
毎日の素人料理

実りの食
文学、海外旅行

実りのときブログ