旅行

文学

美術

音楽

宗教

パソコン

海外旅行


トップページ 起動時の不要チェックディスク メニューへ

チェックディスクとは
 現在のパソコンの主流であるWindows(NT系)では、OSに付属している「チェックディスク」とよばれるシステムツールを利用して、ハードディスクのクラスタとよばれる細かい区画の異常、クラスタ内のデータの正常性をチェックしています。

もしクラスタの異常が検出されると、そのクラスタを使用禁止として他のクラスタを使用します。クラスタ内のデータが壊れているのが検出されれば、そのデータの修復をトライします。クラスタ内のデータの破壊が小さければ、そのデータは大部分が修復されます。

チェックディスク は、チェックのレベルに応じて若干の時間を要します。そこで、利用者がハードディスクについて何らかのトラブルがあるようだと認識したとき、利用者自身の手でチェックディスクのプログラムを起動させるのが普通です。

起動時のチェックディスク
 しかし、パソコンのOSが何らかのハードディスクの異常を検出し、利用者の操作がなくても自動的にチェックディスクを開始する場合もあります。この際は、大多数がパソコンの起動時あるいは再起動時に行われます。

この自動チェックディスク機能は Windows パソコンでは以前から提供されていますが、実は昔からハードディスクの異常がないのに動作してしまうというトラブルが多数報告されています。場合によっては、異常がなくてもパソコンを起動あるいは再起動させるたびに自動的にチェックディスクが行われることがあります。

私が日ごろ使っているパソコンのうち1台は、7年前の製品のOSを Windows 7 に入れ替えたものです。この古いパソコンが最近起動時にこの症状を起こすようになりました。
最初はときどきでしたが、そのうち電源を入れて起動するたびにかならず下図のような画面が現れてチェックディスクが実行されるようになりました。

チェックディスク

そのチェックディスクは毎回短時間で終了し、その後「ようこそ」の画面が表示されて Windows が開始されます。したがってこのように自動的にチェックディスクが行われてもそれほどの「実害」はないともいえますが、しかし、起動時に毎度あの黒い画面が表示されるのは気持ちがよいものではありません。

チェックディスクの停止

 そこでこの自動チェックディスクをなんとか停止する方法をしらべることにしました。まず、利用者側でOSの機能を使ってチェックディスクを行ったらどうなるかを見ましょう。
それにはC:ドライブのプロパティの画面で上部の「ツール」メニューバーをクリックすると、下図の画面が現れます。その画面の一番上にある「エラーチェック」の右側にある「チェックする」と表示されたボタンをクリックしてください。

チェックディスクの実行

その後はこちらに示した手順に従ってください。今回この方法でチェックしたところ、Windows はなんら問題を検出しませんでした。
Windows に組み込まれているチェックディスクプログラムより厳しい検査ができるとされるプログラムも利用して検査しましたが、結局重大なエラーは見つかりませんでした。

また、上記起動時に自動的に行われるチェックディスクの画面には「最近インストールしたプログラムからエラーが発生している」というメッセージが書かれているので、その方面から調べましたが、これも問題点は見出せませんでした。

これらから、現在パソコン起動のたびに自動的に行われるチェックディスクは、実はその必要もないのにパソコンがなにかの理由でチェックディスクをしなければならないと判断しているのではないかと思われます。毎回のチェックディスクが形ばかりのもので短時間で終了するのはそのためであろうと考えられます。

Windows コマンドの利用

 インターネットの Windows 関連サイトなどを検索ところ、上記のような自動チェックディスクで悩んでいる利用者が非常に多いのがわかりました。しかしそれらの症状、画面メッセージなどは多種多様で、私どもの問題解決に役に立つ例はなかなか見つかりませんでした。

あるウェブサイトで Windows のプロンプト画面からパソコンにチェックディスクに関するコマンドを出す方法が記載されていました。コマンドとは、ユーザがキーボードなどで特定の文字列を入力してコンピュータに命令を与えるのをいいます。
Windows ではOSに付随してさまざまなユーティリティプログラムがインストールされており、それらを上記 Windows コマンドによって適当な条件により起動することで利用者が望む仕事をさせることができます。

あるウェブサイトで、 Windows コマンドで利用できるプログラムの中に chkntfs というのがあるのを知りました。起動時にチェックディスクを行う方法を管理するプログラムのようです。

Windows コマンドの起動

 上記のように、私のパソコンでは起動のたびに必要もないチェックディスクをC:ドライブに対し自動的に行なっています。それを止めるには、要は通常時にはC:ドライブに対しチェックディスクを行わないようにパソコンに指示すればよいわけです。

上記 Windows コマンドで chkntfs を利用することで、特定ドライブに対して起動時のチェックディスクを禁止することができます。その方法を以下に簡単に説明します。

Windows コマンド  まず Windows コマンドの画面を表示するプログラムが必要です。

パソコン画面左下のスタートボタンをクリックし、「すべてのプログラム」をポイントします。すると、利用できるプログラムの一覧表が表示されますが、その中の「アクセサリ」のグループを選択します。

次に表示される画面で「コマンドプロンプト」というアイコンが見えますが、これが Windows コマンドの画面を表示するプログラムです(左の写真)。

Windows コマンド 上記コマンドプロンプトから Windows コマンドを起動できますが、前記 chkntfs を利用して起動時のチェックディスクを指定するには「管理者権限」 が必要とされます。

そのためには Windows を起動したときのログイン画面で管理者のアカウントでログインすればよいのですが、個人のパソコンなどで管理者のアカウントがわからない場合には、左図のようにコマンドプロンプトのアイコン上で右クリックし、「管理者として実行」を選択します。すると、下図の黒いコマンドプロンプト画面が表示されます。

コマンドプロンプト

上記の画面で、プロンプトのフォルダ位置が

      C:\Windows\system32>

になっているのを確認してください。そうなっていない場合は、利用者のアカウントが管理者になっていないと思われるので、 Windows コマンドの起動をやり直してください。

ダーティ・ビットを調べる

 最近の Windows で採用されている NTFS ファイル・システムは、突然の障害や電源断、リセットなどにより稼働途中で強制的に終了したというような場合には「ダーティ・ビット」を立てます。次回システム起動時には、そのダーティ・ビットを調べ、それがセットされていればチェックディスクを実行します。

上記コマンドプログラム chkntfs を利用してダーティ・ビットのステイタスを調べることができます。私が使っているパソコンで下図のように chkntfs c: とコマンドを入力してエンターキーを押すと、「C:が正しくありません」というメッセージが返ってきました。
このようにオプションスイッチなしで chkntfs を使うと、システムは対象ディスクドライブでダーティ・ビットが立っている場合には「そのドライブが正しくありません」というメッセージを返します。私どもの場合にはC:のダーティ・ビットが立っているのがわかりました。

ダーティ・ビットを調べる

チェックディスクの停止

 前記のように、私どもは今回は、上記C:でダーティ・ビットが立っているのは承知の上で、それによりC:でチェックディスクが実行されるのを禁止することにしました。
コマンドプログラム chkntfs には /x というオプションスイッチがあり、それを指定すると、次回起動時に特定ドライブのダーティ・ビット検査をパスすることができます。
今回の場合は、C:ドライブでダーティ・ビット検査はするなと指定すれば、その後チェックディスクが実行されることはなくなると思われます。

Windows コマンド画面で、下図に示すように chkntfs /x c: とコマンドを入力してエンターキーを押しました。すると、単に「ファイルシステムの種類は NTFS です」というメッセージが返ってきました。

チェックディスクの停止

その後のパソコン起動

 上記のように Windows コマンドをした後、一度パソコンの電源を切り、再度パソコンの電源を入れて起動しました。その結果は予想通りで、起動時にC:ドライブでチェックディスクが実行されることはなくなりました。

一時は毎日パソコンの電源を入れるたびにこの現象に悩み、OSのクリーン再インストールをしなければならないかとも思っていたので、 Windows コマンドにより一応の解決になったのは本当に助かりました。

しかし今回の方法は、システムがダーティ・ビットを立てたのを無視したともいえるもので、いまひとつ釈然としない感があります。本当は、ダーティ・ビットが立てられた原因を突き止めなければならないのです。近日中になんとか時間を見つけてそれを行おうと思います。

なお、前記のようにコマンドプログラム chkntfs によりチェックディスクの実行モードを変更しましたが、それをもとに戻すには chkntfs /c というオプションスイッチを使います。
これにより、システムは起動時にすべてのドライブを検査し、エラーが見つかったドライブに対してチェックディスクを実行します。

楽天で ハードディスク を検索


トップページ メニューに戻る