旅行

文学

美術

音楽

宗教

パソコン

海外旅行


トップページ DVDに書込むには メニューへ

 たとえば、デジタルカメラで撮影した画像データをパソコンのハードディスクに記録してゆくと、いつの間にか膨大なデータ領域を占めているのに気がつきます。少し前のパソコンではハードディスクの容量があまり大きくないので、これらのデータでハードディスクの空き領域が少なくなり、仕事に差し支えるという事態になることもあります。

これら画像データは、毎日利用するわけではありませんが、失われては大変困るというものが多数あります。ところが、ハードディスクに記録されたデータは、必ずしも安全ではありません。小さなデータエラーはかなり頻繁に発生しますし、時にはハードディスクのクラッシュによりハードディスク全体のデータが失われることもあるのです。

DVDメディア
 そこで、写真画像データのように読み出し専用で利用するデータのうち特に大事なものは、ハードディスク上からもっと安定性の高い外部記録メディアに移転させるのがよいのです。そのような外部記録メディアとしては、少し前まではCD-Rが使われていましたが、現在ではDVDが主流になっています。
これは、映像録画用のDVDの記録フォーマトをデジタルデータの記録に利用するもので、現在では大多数のパソコンにDVDのデータ書き込み/読み出しができる光学ドライブが搭載されています。

これまでDVD記録メディアとしてはさまざまなフォーマトが開発されてきましたが、現時点では量販店の店頭などで低価格で大量に販売されているのは「DVD-R」と「DVD-RW」の2種類です(いずれも直径12cm)。
DVD-RはDVDブランクメディアとも呼ばれ、前世代のCD-Rと同じように1回だけの書き込みが可能な追記型のDVDメディアです。一度記録に利用されたDVD-Rメディア上の領域は、その後データ記録に使えません。従って、DVD-Rメディアで記録されたデータはその後改変ができないので、重要なデータを読み出し専用で保存するのに適しています。

DVD-RWは繰り返し記録・再生ができるDVDメディアで、約1000回の書き換えが可能とされます。ディスクの記録容量は、DVD-Rと同じく片面最大4.7GBです。
DVD-RWに対応したパソコン用DVDドライブは、DVD-R/RWという名称で販売されています。DVD-R/RWドライブは、DVD-RやCD-Rの記録・再生をすることもできます。

DVDの利用
 最近では、USB接続の小型大容量ハードディスクが非常に安価になったので、DVDはパソコンデータの外部バックアップという目的にはあまり使われなくなりました。
また、パソコンデータを外部に携帯する場合には、現在では大容量のUSB接続メモリがDVDよりも多く使われています。

しかし、現在でも Windows などパソコン基本ソフトウェアや各種アプリケーションソフトは、DVDに記録された形態で市場に流通されています。これは、DVDでは非常に安定性が高く改ざんができないデータ保存が可能で、しかもそのメディア制作のコストが大変低いという大きなメリットがあるからです。

個人で利用する場合は、デジタルカメラ写真データ、音楽記録データ、制作したウェブサイトのデータ、プログラムファイルなどの保存のために使うのがよいでしょう。また、特定の利用者グループのために写真入りの「会誌」を発行・配布するというような場合には、DVDのメリットが大いに発揮されるでしょう。
そこで、今回はデジタルカメラ写真データの保存をする場合を例にとって、Windows 7でのDVD-RWの利用法をやさしく解説します。

DVDドライブ
 最近発売されたパソコンなら、少なくとも1回だけの書き込みが可能な追記型のDVD-Rの記録・読出しができるDVDドライブは搭載されているでしょう。
利用されているパソコンの画面左下にあるスタートボタンをクリックし、「コンピューター」メニューを選択すると、パソコンに搭載されているDVDドライブの種類が表示されます。
そこに「DVD RWドライブ」と書かれてあれば、繰り返し利用が可能なDVD-RWの記録・読出しができるはずです。

Windows 7はDVD±R / RW の記録・読出しに標準で対応しており、他の専用ソフトなどを必要としません。パソコンに上記のようなDVD RWドライブが搭載されていれば、それにDVDメディアを挿入すると直ちにDVDの記録・読出しができます。

DVD-RW
DVD-RWの記録

 上記のDVD RWドライブにDVD-RWメディアを挿入すると、パソコンの画面に左図のウィンドウが現れます。
「空のDVDのオプション」では

   ファイルをディスクに書き込む
    - エクスプローラー使用

を選択してOKボタンをクリックします。

なお、DVDビデオディスクを作成する場合には、「DVDビデオディスクの書き込み」を選択します。Windows7では、「Windows DVDメーカー」が標準で搭載されています。

書込みのモード
書込みのモード

 次に左図の「ディスクの書き込み」の画面が表示されるので、まず「ディスクのタイトル」の欄に任意の文字列を記入します。

Windows 7でDVDにデータを書込む場合、「ライブファイルシステム形式」と「マスタ形式」が利用できます。

ライブファイルシステム形式は、USBフラッシュメモリと同じようにデータをファイルごとに追加したり削除したりできるモードです。

ライブファイルシステム形式はパソコンでの使用に便利なモードですが、Windows XPより古いOSではこのモードで書きこまれたデータは読めないことがあるとされます。

一方マスタ形式 は、旧型パソコン、CDプレーヤー、DVDプレーヤーなどでも読み取れる互換性の高さと書込み速度の大きいのが特長です。ただし、このモードではすべてのファイルを一度に書込む必要があり、書込んだ後に個々のファイルを編集したり削除したりはできません。

特に必要がなければ、ここでは「USBフラッシュメモリと同じように使用する」のラジオボタンを選択してOKボタンをクリックします。

ハードディスクのデータのコピー
DVDの初期化

 未使用のDVD-RWメディアを初めて使用する場合には、自動的にUDF2.0というCPUやOSに全く依存しない規格に従ってディスクのフォーマット(初期化)が行われます。

DVDに書き込むには
DVDに書き込むには

 以上でDVD-RWにデータを書き込む準備は終了しました。

そのDVDにデータを書き込むには、パソコンの画面左下にあるスタートボタンをクリックし、「コンピューター」メニューを開きます。

その中にあるDVD-RWドライブをダブルクリックすると、左図の画面が表示されます。

「ディスクにファイルを追加するには、ファイルをこのフォルダーへドラッグしてください」と表示されているウィンドウに、書き込みたいフォルダあるいはファイルをマウスでドラッグする(マウスの左ボタンを押したまま移動する)と、DVD-RWディスクにそのデータが書き込まれます。

以降は、USBメモリやUSB接続のハードディスクと同じように、DVDに書き込んだファイルを開いたり編集したりできます。

トップページ メニューに戻る