旅行

文学

美術

音楽

宗教

パソコン

海外旅行


トップページ FTPソフトの使い方 メニューへ

 ウェブを一般に公開するには、インターネットに接続されたウェブサーバーと呼ばれる専用のサーバーにHTMLファイル、画像ファイルなどウェブページを構成する要素のファイルをアップロードする必要があります。
今回は、この際に使用するFTPという技術について解説します。

ウェブサーバー
 2004年夏に、管理人が手がけた東京・八王子の(株)I 機械のウェブについて説明します。ここではそれまで印刷物などを利用して会社のPR・営業活動をしていましたが、時代の流れに従って独自ドメインを取得し自社のホームページを開設することにしました。

レンタルサーバー会社は、大手のOCNをはじめ数社を検討しましたが、結局現在でもCAD関係で付き合いのある大塚商会に決定しました。
今回契約した大塚商会のサービスでは、50MB(メガバイト)のウェブサーバースペースが(株)I 機械専用として利用できます。

ウェブページのファイル
 ウェブページの構造を定義したり、ウェブページ上のテキスト(文字)データなどを記述するには、HTMLという簡単なコンピュータ言語を利用します。このHTMLのファイルのほかに、画像データファイル、音声データファイル、さらにはCGIなどコンピュータプログラムファイルが使用されます。
これらのファイルをユーザーのパソコンで作成してから、上記ウェブサーバーに転送・格納すると、そのコンテンツをインターネット上でブラウザを利用して閲覧できるようになります。

ウェブページファイルの転送
 ウェブページファイルをユーザーのパソコンからウェブサーバーに転送するには、"FTP"というプロトコルを使用します。具体的には「FTPクライアント」というパソコンプログラムを利用します。
FTPクライアントには、実績のある フリー(無料)のプログラム “FFFTP” を利用するのがよいでしょう。

FFFTPのダウンロード
 FFFTPは大抵のFTPサイトからダウンロードできます。ここでは有名なダウンロードサイト「窓の杜」からダウンロードしましょう。「窓の杜」のFFFTP書庫に接続し、下向き矢印の下の"DOWNLOAD"という文字の部分をクリックします。すると、下図の画面が現れるので、「保存」というボタンをクリックします。

DOWNLOAD

すると、自分のパソコンの中の保存する場所を尋ねる画面が現れるので、それを指定してまた「保存」ボタンをクリックします。

FFFTPのインストール
 正常にダウンロードが行われれば、上記のフォルダの中に FFFTP-1.92 という名前のついた自己解凍型のexeファイルがセーブされます。それをダブルクリックすると、FFFTPのインストールが行われます。
インストール先を訊いてきますので、特に変える必要がなければそのまま「インストール開始」のボタンをクリックします。デフォルトでは、ハードディスクのprogram filesフォルダの中にインストールされます。
インストールが終了すると、パソコンのデスクトップに FFFTPのアイコンが現れます。そのアイコンをダブルクリックすると、 FFFTPが起動します。

FFFTPの設定
 FFFTPが起動すると、まず下の「ホスト一覧」の画面が表示されます。ここで、接続するホストサーバーを登録します。

LHACAファイルの保存


新規ホストの登録名
 上図で画面右側の「新規ホスト」のボタンをクリックすると、下の画面が現れます。ここで、新規ホストの登録名を自分の好きなように記入して、OKボタンをクリックしてください。

新規ホストの登録


新規ホストの登録
 すると、新規ホストが登録されて、ホスト一覧の中に表示されます。

新規ホストの登録


新規ホストの詳細設定
 その新規に登録されたホストの名前をクリックして選択しておいて画面右側の「設定変更」ボタンをクリックすると、下の詳細設定画面が現れます。ここで、レンタルサーバーの登録証にしたがって新規ホストの詳細設定を行います。

「ホスト名」には、FTPサーバーあるいはウェブサーバーのURLを正確に半角で記入します。画面下部の「最後にアクセスしたフォルダを次回の初期フォルダにする」のチェックボックスにチェックをしてください。

以上が終了したら、OKボタンをクリックします。

新規ホストの詳細設定


新規ホストに接続する
 次の画面で新規登録ホストの名前をクリックして選択しておいて「接続」ボタンをクリックすると、ウェブサーバーに接続され、下図のような画面が表示されます。
画面の左半分はローカル側(利用者のハードディスク)、右半分はホスト側(ウェブサーバー)のファイルリストです。

新規ホストの登録


ファイルのアップロード
 利用者のパソコンで作成したコンテンツをウェブサーバーにアップロードするには、まず画面上部の「表示」メニュータブで「最新の情報に更新」を選択した後、左側のローカル画面でそのアップロードするファイルの上で右クリックし、「アップロード」を選択します。

アップロードするファイルと同じ名前のファイルがサーバー側にもある場合には、上書きするかどうかを訊ねてきますので、「上書き」を選択します。
正常にアップロードが終了すると、画面の最下部に「ファイル一覧の取得は正常に終了しました」と表示されます。

ファイルのアップロード


  トップページ メニューに戻る