旅行

文学

美術

音楽

宗教

パソコン

海外旅行


トップページ デジタルカメラ画像の取り込み メニューへ

 デジタルカメラで撮影した画像やスキャナーで取り込んだ画像をウェブに掲載できるように仕立てるには、いくつか重要なコツがあります。

パソコンによる画像処理になれている人なら、これらの作業をほとんど自動的に行えるのですが、インターネットでいろいろなウェブを見ていると、この辺の知識があまりない人も多いように思われます。
そこで、本ウェブでは、ウェブ用の画像処理入門講座を掲載することにいたしました。

画像データのUSB転送
USB転送

 今回は、デジタルカメラで撮影した画像データをパソコンに取り込み、ウェブに掲載するのに適当なサイズに編集するまでを解説します。

デジタルカメラで撮影した画像のデータは、カメラ内蔵のメモリに記録されます。そのメモリからパソコンに画像データを転送するには、現在のデジタルカメラの大多数がUSB転送で行うようになっています。

デジタルカメラを、カメラに付属の専用USBケーブルで、左の写真のようにパソコンのUSB端子に接続してください。

デジタルカメラのメニュープログラム
メニュープログラム

 それからデジタルカメラの電源をONにすると、まもなくパソコンに左図のようなデジタルカメラのメニュープログラムの画面が表示されます。

このメニュープログラムを使用すると、仕事が簡単に終わる場合も多いのですが、ここではデジタルカメラとパソコンによる画像処理に詳しくなるために、自分で画像処理プログラムを使用することをお勧めします。

そのためには、左図のメニュープログラム画面が表示されたら、「デバイスを開いてファイルを表示する」をクリックしてください。

以降は、デジタルカメラの画像メモリの内容がパソコンの一つのディスクドライブのように表示されます。それをダブルクリックすると、デジタルカメラで撮影され、メモリに蓄積された画像データの一覧表が縮小版(サムネイル)で表示されます。
それらの画像データをすべて選択してコピーし、それをパソコンのハードディスクの適当なフォルダに貼り付けてください。

このように、パソコンにデジタルカメラから画像データが転送できたのを確認した後は、デジタルカメラのメモリからその画像データを削除してください。これは、デジタルカメラからも、あるいはパソコンからも行うことができます。

寒緋桜の写真
寒緋桜の写真

 上記の画像データの中から、今回は、毎年3月はじめにソメイヨシノに先立って真紅の花を元気に咲かせる寒緋桜の写真をウェブに掲載することにします。

写真の中央部に小さく、メジロという小鳥が寒緋桜の枝に止まり、花の蜜を吸っているのが写っています。
その部分を取り出し、ウェブに掲載できる画像に仕立てたいと思います。

以降の作業には、なんらかの画像処理プログラムが必要になります。画像処理プログラムには、フリーウェアも含めさまざまなものがありますが、やはり一つは名前が通ったものを持っていたほうがよいでしょう。

私は通常Windows環境で仕事をしますが、画像処理プログラムはPhotoshopとPaint Shopとを使用しています。今回のような簡単な仕事なら、軽快に動作するPaint Shopのほうが向いているので、Paint Shopでの画像処理について説明いたします。

Paint Shop Proを起動し、「ファイル」メニュータブから「開く」で、上記の写真の画像ファイルを開きます。

画像の領域選択
画像の領域選択

 まず、上記写真画像でメジロが枝に止まっている部分を選択する必要があります。
そのためには、ツールボックスで矩形選択ツールをクリックし、メジロを中心にマウスで領域選択を行います。

今回は、最終的に240×240ピクセルの正方形の画像に仕上げて、ウェブに掲載したいと思います。
そのために、領域選択も、ほぼ縦横が同じピクセル数になるように行います(左図の点線で囲まれた部分)。

領域の切り出し
領域の切り出し

 領域選択の際は、画面の下のほうに、画像の縦横比が表示されるので、それが1.0になるように矩形選択ツールを調整します。

上図のように領域が選択されたら、次に「編集」メニュータブから「コピー」を選択し、ついで同じ「編集」メニュータブから「貼り付け」→「新しいイメージ」を選択します。

すると、上図で矩形選択ツールで選択された部分(点線で囲われた部分)が、左図のように拡大されて、別画像で表示されます。

画像サイズの変更
画像サイズの変更

 この画像のサイズを、240×240ピクセルに変更する必要があります。
そのためには、上記のように別画像となった画像を選択しておいて、「イメージ」メニュータブから「サイズ変更」を選択します。

すると、左図の画面が現れるので、「ピクセル単位のサイズ」で、240×240ドットと設定し、「OK」ボタンをクリックします。

なおこの際は、通常は、左図の画面下方にある「縦横の比率を保持する」のチェックボックスにチェックをしておきます。

シャープネスの補正
シャープネスの補正

 以上により、画像の切り出し、サイズの変更が終了しましたが、このような画像処理を行った結果、元画像の細部の情報が一部失われ、画像が甘くなることがあります。

その場合には、「シャープネスの補正」を行うと、非常に効果があります。
下図のように、「イメージ」メニュータブから「シャープネス」→「アンシャープマスク」を選択し、その強度は10〜30の間で画像を見ながら調整します。

これで、やっとウェブに掲載できる写真画像が完成しました。


シャープネスの補正


寒緋桜の写真完成
寒緋桜の写真完成

 完成画像では、メジロが画面中央にクローズアップされ、なかなか面白い画面になりました。簡単な画像処理で元写真を編集できるのが、デジタルカメラの長所です。

画質はやや甘いですが、デジタルカメラ普及機(200万画素)の光学3倍ズームで撮影した写真なので、これで精一杯でしょう。
それでも、メジロの眼のまわりが白いのが、はっきり写されています(^_^)。
  蜜を吸う
      メジロ花間に
          見え隠れ

トップページ メニューに戻る