旅行

文学

美術

音楽

宗教

パソコン

旅行


トップページ ハードディスクの寿命 メニューへ

パソコンのハードディスク
 我が家で使っているパソコンのうち1台は、5年以上前に購入したものです。もちろんOS(基本ソフトウェア)は最新のものに更新し、メモリは大幅に増強するなど手を加えてあるので、現在でも普通の仕事に使うには別に問題ありません。

ide_disk ただ一つ少々気がかりなのが、このパソコンに内蔵されているハードディスクの寿命です。
パソコン・ハードディスクの寿命についてはさまざまな研究や統計調査があるようですが、パソコンメーカーやパワーユーザーのウェブサイトには、「5年以上使用したハードディスクはその後故障する確率がかなり大きくなる」と書かれているのを見ることがあります。

すると、上記私のパソコンの場合はある日突然ハードディスクの故障により使えなくなるというような事態になる恐れが高くなりつつあるのかも知れません。

私は、万一に備え、ハードディスクの内容はバックアップしていますが、それでもハードディスクが故障した場合には新しいハードディスクを購入し、OSやこれまで使ってきたソフトウェアを再インストールして設定しなおすなどかなりの手間がかかることになるでしょう。

現在使用中のハードディスクが正常に動作しているのか、これまでどれくらいの時間にわたり使用されてきたのか、また何度ぐらい電源を投入して起動してきたかなどがわかれば、このハードディスクが今後何年くらい使えるか見当がつくかも知れません。

ハードディスクの寿命

 ハードディスクは小型軽量の磁気円盤をモーターで高速回転させ、その表面に磁気ヘッドを接触させて大量の情報を高速で読み書きします。精密機器であるハードディスクは当然ながら落下などの大きな衝撃には弱く、ノートパソコンなど携帯機器の場合には特に注意が必要です。
常用状態では、ハードディスクの寿命は以下の条件で大きく影響されるといわれます。
  • ハードディスクの周囲温度

    高速回転されるモーターやその電力を供給する半導体素子は、動作中に高温になります。それらの周囲温度が高かったり、その周辺の空気の流通が悪いと、ハードディスク全体の寿命が短くなる恐れがあります。
    ハードディスクの周囲温度が15度上がると、ハードディスクの寿命が半分になるというデータがあるそうです。

  • ハードディスクの使用時間

    パソコンの電源をONにして使用している時間が長ければ、当然ハードディスクが故障にいたる確率は大きくなると思われます。
    故障にいたるまでの時間を確率的に示すデータとしてMTBF(平均故障率間隔)があり、ハードディスクメーカー各社はその数値を公表しています。MTBFがたとえば5万時間の場合には、1年以内に故障する確率は16%ぐらいになるそうです。

  • ハードディスクの電源ON・OFF回数

    パソコンの電源をONにした瞬間、モーターの電力を供給する半導体素子は大きな電流をモーターに供給し、それまで停止していたモーターが短い時間のうちに高速回転を始めます。この過程で半導体素子、モーターの両方に大きな負担が発生し、場合によっては電気的あるいは機械的な故障が起こり得ます。
    そこで、ハードディスクの電源ON・OFF回数が多いほど、故障にいたる確率が大きくなると思われます。

SMART情報

 最近のパソコン用ハードディスクには、"SMART"という自己診断機能が組み込まれています。これは、ハードディスクの動作中に起こったさまざまなイベントの情報をハードディスク自体が次々に記録したもので、それらを専用ソフトで読み出すことでハードディスクのそれまでの動作履歴、障害の情報などを知ることができます。

ハードディスク内に記録されたSMART情報は、専用のソフトウェアを使って読み出し、画面に表示することができます。現在では、優れた専用ソフトがいくつもフリーソフトとして提供されているので、利用するパソコンのOSに合わせて選択してください。

ここではWindows上で動作するフリーソフト CrystalDiskInfo について説明いたします。私のパソコンにこのソフトをインストール後起動すると、下図の画面が表示されました。

まず、「健康状態」は「正常」と表示されました。その下の「温度」は38 ℃ということでした。このテストをしたのは3月中ごろでしたが、このハードディスクの周囲温度は比較的低くハードディスクは正常に動作しているという診断結果のようです。

下図で、「使用時間」は18977時間と表示されました。5年間毎日使ったとすると、一日あたりの使用時間は10時間以上ということになります。私の場合は、大部分の仕事をパソコンとインターネットでしているので、このくらいの使用時間になったのでしょう。

「電源投入回数」も、上記使用時間が長いのに見合って、8000回以上と相当な数値になっています。それぞれの電源投入の際に、モーターやモーター駆動用半導体素子にかなりの負担が発生してきたと考えられます。

ハードディスクの状態


ハードディスク診断結果

 上図の枠内には、SMARTの各項目についての現時点での情報がリストされています。それらは、そのハードディスクについて現在の状態を示す「値」、これまで使用してきた中での最低状態を示す「ワースト値」、寿命がきたと判断される「しきい値」の3つの数値からなっています。さらに、診断のもとのデータである「生の値」も表示されています。

そのハードディスクで「値」または「ワースト値」が「しきい値」を下回った場合には、その項目についてなにか問題が起こっている恐れがあると判断されます。
なお、SMARTの検査項目は、ハードディスクのメーカーによって、またハードディスクの機種によって異なります。また、「しきい値」の設定もそれぞれのハードディスクの機種によって異なるということです。

上図のリスト中で、次の検査項目が特に重要と考えられます。詳細は、ハードディスクのメーカーにお問い合わせください。
  • リードエラーレート

  • 代替処理済のセクタ数

  • スピンアップ再試行回数

  • セクタ代替処理発生回数

  • 代替処理保留中のセクタ数

  • 回復不能セクタ数
前記フリーソフト CrystalDiskInfo では、SMARTの各項目について検査した結果、その項目について故障確率が高まっている状態と判断されたら上図のその項目が黄色で表示されます。このように「注意」の状態になったら、なるべく早くハードディスク上のデータをほかの記録メディアにバックアップするのがよいでしょう。
1 つ以上のSMART項目でしきい値を下回ったのが検出されたら、 CrystalDiskInfo では「異常」と判断され、上図のその項目が赤色で表示されます。この状態になったら、直ちにデータをバックアップし、ハーディスクを交換するのがよいでしょう。

BIOSからの警告

 パソコンによっては、BIOSがSMARTの各項目の警報を検出してOSをロードする前の画面で警報を表示する場合があります。BIOSとは、コンピュータに接続されたディスクドライブ、キーボードなどのハードウェアを制御する基本プログラムで、通常パソコンのマザーボード上に装着された不揮発メモリに記録されています。

パソコンの電源スイッチをONにしたとき、OSの画面が表示される前に黒い画面に

     "SMART Failure Predicted on Hard Disk"

というように英字で表示される場合が多いそうですが、国産パソコンでは日本語で表示されるということです(私は自分ではこの画面をみたことがありません)。
このような画面が表示されたら、まもなくパソコンのハーディスクが使用不可能になる恐れもあるので、すぐにハードディスクの内容をUSB接続ハードディスクなどにバックアップし、ハードディスクの交換を考えるのがよいでしょう。

なお、ハーディスクがそのように心もとない状態のときは、OSをセーフモードで起動するのがよいかも知れません。セーフモードは必要最少限のOSプログラムをハードディスクから読み込んで起動するもので、通常の起動よりもハードディスクの負担が軽くなります。

Windowsをセーフモードで起動するには、パソコンの電源スイッチをONにしてWindowsの画面が表示される前に、キーボードの上部にある「F8」キーを押します。
すると 「Windows エラー回復処理」の画面が表示されるので、画面に表示されているメニューから「セーフモード」を選択します。

      楽天で "ハーディスク" を検索


トップページ メニューに戻る