旅行

文学

美術

音楽

宗教

パソコン

海外旅行


トップページ ISO感度の設定 メニューへ

ISO感度とは

 フィルムカメラ用のフィルムの外箱には、たとえば ISO400というようにISO感度の数値が記載されています。これは、入射光に対するフィルム感光量の感度を示す国際規格の指標です。ISO感度が高いフィルムを使用した場合は、カメラの絞りを大きくしたりシャッタースピードを高くできるので、高画質の撮影や暗所での撮影が可能となります。

デジタルカメラの場合は、フィルム感光量の代わりに、入射光に対する信号処理後の電気信号出力の大きさで感度が決まります。その感度は、フィルムカメラの場合に準じてISO感度の数値で表現されます。

ISO感度の使い分け

 フィルムカメラの場合には、たとえば天気が悪く光量が少ないときは、カメラに高感度フィルムを装てんして撮影を行います。また、動物など速く動くものを撮影する場合も、高感度フィルムを使用してシャッタースピードをあげて撮影します。

ISO感度が高いフィルムでは、一般に粒子が粗く、つやのないざらついた写真になることが多いものです。そこで、商品写真、撮影後大きく拡大して印刷する場合など、特に写真の品質を重視するときは、ISO100以下の低感度フィルムを使うカメラマンが多いようです。

デジタルカメラの場合のISO感度の使い分けも、上記フィルムカメラの場合とよく似ています。フィルムカメラではISO感度は使用するフィルムの種類で決まりますが、デジタルカメラでは、使用する撮像素子の動作条件の設定、画像処理方式などによってISO感度が設定されます。

デジタルカメラの場合でも、たとえば天気が悪く光量が少ないときはISO感度を高くして撮影するのが基本です。また、動物など速く動くものを撮影する場合も、ISO感度を高く設定することでシャッタースピードをあげて撮影します。
デジタルカメラでISO感度を高く設定すると、撮影した写真の画質が劣化したりノイズが多くなったりしやすくなります。

手ぶれとISO感度

 最近は、撮影時の手ぶれによる画質劣化を軽減するのをうたったデジタルカメラが多くなりました。その方式の一つに、カメラのISO感度を高くすることにより、シャッター開放時間を短くするというものがあります。シャッタースピードがあがれば、少々手ぶれがあっても写真画質にはそれほどの悪影響は及びません。

富士写真フイルム(株)のデジタルカメラFinePix F11は、高 ISO感度カメラの代表格といえましょう。「リアルフォト テクノロジー」という画像信号処理システムを搭載し、ISO1600相当の高感度を実現しました。
これにより、薄暗いシーンでもノイズが少なく且つ雰囲気のある写真を撮ることができます。また、この高感度により、手ぶれや被写体の動きによるぶれも、最小限に抑えられます。

ISO感度の設定
ISO感度の設定

 コンパクトカメラクラスでは、ISO感度は通常カメラの明るさセンサーにより自動的に設定されます。しかし、自動設定は必ずしも期待どおりに動作しないことも多いので、確実を期する場合には利用者が手動で設定するほうがよいでしょう。

私が持っているコンパクトデジタルカメラ(富士写真F10)では、左の画面のようにカメラのメニューでISO感度の設定を行うことができます。

手動設定の必要がない場合は、メニューから"AUTO" を選択します。

雪の公園


流鏑馬
高ISO感度での撮影例

 高ISO感度で撮影した写真の例を見ていただきましょう。左上の写真は、2月に東京に雪が降った夜、近くの照明がほとんどない公園の植え込みをフラッシュなしで撮影したものです。
コンパクトデジタルカメラ(富士写真 F10)でISO感度を1600と高く設定して撮影したところ、まずまずの写真が撮れました。
比較のため、ISO感度を固定設定しないで"AUTO"で撮影してみましたが、やはり固定設定のほうがよい結果になりました。

下の写真は、馬事公苑で行われた流鏑馬で、弓から射られた矢が的の薄い木の板にあたった瞬間を撮影したものです。
疾走する馬上から射られた矢を遠くからズームで撮影するので、デジタルカメラにとってはかなり厳しい条件です。

そこで、ISO感度を800に設定して撮影したところ、左下の写真が得られました。写真の品質はあまりよくありませんが、それでも的に矢が当たり、的の板が裂けて飛び散っているのが撮影できました。

デジタルカメラのメニューから簡単な操作を行うだけでこれだけの効果が得られるのですから、皆様もぜひお試しください。

トップページ メニューに戻る