旅行

文学

美術

音楽

宗教

パソコン

海外旅行


トップページ 迷惑メールの処理 (Windows 7) メニューへ

迷惑メール
 私は、毎朝メールプログラムを起動して新着メールをチェックしています。アダルトサイトの宣伝、金融関係のメールなど不要なメールがあまりにもたくさん届くので、メールプログラムの設定を利用してそれら迷惑メールをゴミ箱に直行させるようにしています。

このウェブサイトではこれまでWindows Vista上での迷惑メールを除去する方法を掲載しましたが、今回はWindows 7 での迷惑メール対策を説明します。

電話機 Windows Vista上で広く利用されているメールプログラムWindowsメールは、Windows 7 では利用できません。
マイクロソフト社では、その代わりに"Windows Live Mail"というメールプログラムを無料で提供しており、私どももそれを利用しています。

迷惑メールの検出
 迷惑メールは、私どものパソコンに届く前に、メール受信サーバーで検出して削除してくれれば一番有難いのですが、現時点ではこのようなサービスは一部で行われているのみで、それもあまり使いやすいものではありません。
従って、私どもは、メール受信サーバーからパソコンに取り込まれたメールのうち迷惑メールらしいものを見つけて削除するほかありません。

現在では、大多数のメールクライアントプログラムがこれに対応する機能を「フィルタ」というような名称で持っています。その機能を適当に設定して利用することで、届いた迷惑メールのかなりの部分を私どもの目につかないうちにゴミ箱に直行させることができます。 

メールアドレスの分析
 まず最初の対策は、届いた迷惑メールの送信元メールアドレスを調査・分析することです。もし、迷惑メールの送信者がいつも同じメールアドレスから送信しているなら、受信側でそのメールアドレスからのメールをフィルタでゴミ箱行きに指定すれば、以降は二度とそのメールを見ないですみます。

現在最も利用者が多いと思われるメールプログラム "Windows Live Mail" では、下図のように受信された迷惑メールを選択して右クリックし、現れるメニューから「迷惑メール」を選択します。次に、「差出人を [受信拒否リスト] に追加」をクリックしてください。

受信拒否リスト

この設定を行うと、以降はこのメールアドレスから送られてきたメールは自動的にWindowsメールの「迷惑メール」フォルダに収納されます。毎日迷惑メールフォルダを開けてみて、迷惑メールであるのが確認されたものは全部削除しましょう。
ところが、最近では敵もしたたかで、無料メールアドレスを大量に取得して次々にメールアドレスを変えては迷惑メールを送りつけるケースが多くなりました。
このような場合には、迷惑メールのメールアドレスのドメイン(メールアドレスの"@"(アットマーク)より右の部分の文字列)を調べ、それらがいつも同じならそのドメインからのメールを迷惑メールに指定すればよいでしょう。
それには、上図の迷惑メールメニューで「差出人のドメインを [受信拒否リスト] に追加」を選択してください。

セキュリティレベル
 Windows Live Mail では、学習機能を持つ迷惑メールフィルタが組み込まれており、使っているうちに次第に精度よく迷惑メールの検出が行われるようになっています。

Windows Live Mail を起動し、画面左上のボタンから「オプション」 --> 「セキュリティのオプション」メニューを開くと、下に示す画面が現れます。その画面でセキュリティのレベルを 「自動処理なし」、「低」、「高」、「セーフリストのみ」のいずれかに設定できます。

セキュリティレベルを 「低」 に設定すると、メールを受信した際「迷惑メールであるのが明らかなメール」 が迷惑メールフォルダに振り分けられます。Windows Live Mail をインストールした時点ではそのセキュリティレベルが 「低」 に設定されているので、普通はそのままで Windows Live Mail を利用するのがよいでしょう。

セキュリティレベル

マイクロソフト社は迷惑メールの送信元やいわゆるフィッシングサイトなどのデータベースを持っており、利用者からのレポートなどにより日々データベースを更新しています。
上図のセキュリティオプションの設定により、フィッシング詐欺の恐れのあるメールを受信トレイから迷惑メールフォルダに移動させることができます。

特定文字列に対するフィルタ
 上記の対策をしても、悪質な送信者は常に新しい手で攻撃してくるので、私ども受信側が後手にまわることも多くなります。次の対策として、メールプログラム Windows Live Mail では、届いたメールのタイトルあるいは本文中に特定の文字列がある場合は、そのメールを迷惑メールとみなして削除するというフィルタ機能を持っています。

迷惑メールは、受信者の目を引くためにどぎつい件名をつけることが多いので、その件名の文字列をフィルタに登録することでかなりの頻度で迷惑メールを削除できます。

画面上部の「ホーム」メニュータブをクリックし、左列の「受信トレイ」をクリックしておきます。この状態で画面上部の「フォルダー」メニュータブをクリックすると、右端に「メッセージルール」というメニューが現れます。それをクリックすると、下の画面が現れます。

この画面で「1つ以上の条件を選択してください」では、下図のように

「件名に指定した言葉が含まれる場合」と
「メッセージ本文に指定した言葉が含まれる場合」

にチェックを付けます。

この指定はどのメールに対しても適用させたいものなので、「差出人にユーザーが含まれている場合」にはチェックをつけません。

「1つ以上のアクションを選択してください」では、下図のように「指定のフォルダに移動する」にチェックを付けます。

特定文字列に対するフィルタ

文字列の指定

 すると、上図下部の「この説明を編集するには、・・・・」の枠に、チェックした項目に対応するリンクのついた文字列が表示されます。それらのリンクをクリックすると、別の画面が現れ、そこでフィルターの対象にしたい文字列の指定や迷惑メールを収納するフォルダの指定が行えます。
たとえば、「件名に指定した言葉が含まれる場合」の部分のリンクをクリックすると下図の画面が現れるので、「キャッシング」という文字列が件名に入っているときにそのメールを迷惑メールに指定したいのであれば、単語入力の枠に「キャッシング」という文字列を記入して「追加」ボタンをクリックします。

文字列の入力

「指定したフォルダに移動する」という項目では、移動先のフォルダはWindowsメールの「迷惑メールフォルダ」を利用するのがよいでしょう。大事なメールを誤って削除してはいけないので、まず迷惑メールフォルダに転送しておいて後で迷惑メールフォルダ内のすべてのメールをチェックし直すようにしてください。

差出人の文字列
 メールの「差出人」には通常送信者の名前などが記載されますが、迷惑メールではそこにたとえば「キャッシング」などの文字列が書かれている場合がよくあります。
そこで、差出人の文字列も分析して、その中に特定の文字列が検出されればそのメールを迷惑メールとみなして迷惑メールフォルダに移動することもできます。

具体的には、上記の「新規のメールルール」の画面で「差出人にユーザーが含まれる場合」にチェックをつけ、その後現れる「ルールの説明」の枠で差出人の文字列に含まれる言葉(たとえば「キャッシング」)を指定すればよいのです。

これらフィルタ処理を工夫することにより、毎日受信する迷惑メールの大多数を私どもの目につかないうちに受信フォルダから自動的に迷惑メールフォルダに移動させることができます。読者の皆さまも、ぜひトライしてみてください。

トップページ メニューに戻る