旅行

文学

美術

音楽

宗教

パソコン

海外旅行


トップページ デジタルカメラ用メモリカード メニューへ

メモリカードとは

 フィルムカメラではレンズからの光を銀塩フィルム上に結像しますが、デジタルカメラでは光センサーで像を電気信号に変え、そのデータを半導体メモリに蓄えます。デジタルカメラ用の半導体メモリは薄いカードに搭載されており、そのカードをメモリカードといいます。

デジタルカメラの画素数の増加と半導体技術の進歩につれ、デジタルカメラ用のメモリカードはさまざまに変化してきました。現時点では、次のタイプのメモリカードが多く使用されています。

 
SD メモリーカード
  • SDメモリーカード
     SDは Secure Digital の略で,著作権保護機能を備えています。縦32mm×横24mm×厚さ2.1mm とほぼ切手並みの小型サイズです。
    形状を変換するアダプターを使うと、コンパクトフラッシュのスロットでも使用できます。

    最近では、さらに小型化した mini SDメモリーカードが開発され、カメラ付携帯電話機に利用されています。
 
コンパクトフラッシュカード
  • コンパクトフラッシュカード
     少し厚みのある形状のメモリカードです。メモリ素子として大容量化しやすい特長があるので、一眼レフデジタルカメラに多く用いられています。

    メモリカードの価格がやや高いのが、難点です。
    なお、コンパクトフラッシュはデジタルカメラ以外にもPDAなどいろいろな機器に使われています。
 
メモリースティック
  • メモリースティック
     ソニーが開発したメモリカードで、ソニーのデジタルカメラ「サイバーショット」に採用されています。
    ソニーでは、デジタルビデオカメラにもこれを採用しています。

    他のカメラメーカーではあまり使用していないせいか、価格としてはSDメモリーカードよりやや高いようです。
 
xD ピクチャーカード
  • xDピクチャーカード
     デジタルカメラ用メモリの大容量化に対応した新規格のカードで、サイズが小さいのが特長です。
    富士写真フィルム、オリンパスなどのデジタルカメラで採用されています。
    サイズは縦20×横25×厚さ1.7mm、重量2gと、きわめて小型軽量です。
    現在では、GBクラスの大容量メモリカードが発売されています。


メモリカードの互換性

 各デジタルカメラメーカーは、上記のさまざまなタイプのメモリカードを利用した機種を販売しています。また、同じメーカーでも、機種が異なると別のタイプのメモリカードを使用する例が多いのです。
従って、利用者がカメラを買い換えると、新しいカメラ用のメモリカードを購入しなければならないというのが現状です。

アダプタを利用して、あるメモリカード用のスロットに他のタイプのメモリカードを挿入して使用できる場合もありますが、こういうケースはあまり多くありません。

ここ当分は、各タイプのメモリカード間の陣取り合戦が進行して、淘汰が行われるのを待つほかないようです。

撮影可能枚数

 コンパクトデジタルカメラを購入すると、通常小容量のメモリカードが付属してきます。しかし最近のデジタルカメラの画素増大傾向により、小容量のメモリでは撮影可能枚数が少なくて、実用的ではありません。

下に示すのは、あるデジタルカメラメーカーが公表しているメモリ容量と撮影可能枚数との関係を示す表です。これを参考にして、適当な容量のメモリカードを別途購入してください。

画質 画像サイズ 32MB 64MB 128MB 256MB
F 2048 × 1536 19 40 81 161
F 1280 × 960 37 75 153 255
N 2048 × 1536 37 77 156 255
N 1280 × 960 67 138 279 555

 上表で、「画質」の列に "F" とあるのは高精細モード、 "N" とあるのはノーマルモードを意味します。撮影する写真の用途に応じて選択してください。
ご参考までに、私が海外旅行で一日に撮影した枚数は、最高で220枚でした。

別途購入するメモリガードは、もちろんカメラメーカーの指定する形式のものを選択してください。信頼できるメーカーの製品であれば、特にカメラメーカーの純正メモリカードでなくてもかまいません。

メモリカードのスペック

 最近は、各デジタルカメラの高画質化につれ、撮影された画像ファイルが大きくなっています。特に一眼レフデジタルカメラで高精細の撮影を行うと、一日の撮影を終えたときには相当な大きさの画像ファイルが作られます。
これらをパソコンに転送するには、カメラ搭載のメモリカードの転送速度が低い場合にはかなりの時間を要します。

また、最近のデジタルカメラでは、動画が撮影できるようになっています。この際は、搭載されているメモリカードのスピードが遅いと、画質が悪くなることがあります。

デジタルカメラをこのようにお使いの場合には、高速タイプのメモリカードを利用されるのがよいでしょう。

トップページ メニューに戻る