旅行

文学

美術

音楽

宗教

パソコン

海外旅行


トップページ ミニ・ノートパソコン メニューへ

ミニ・ノートパソコン

 最近、「ミニ・ノートパソコン」という言葉を方々で見かけたり、耳にすることが多くなりました。ノート型パソコンのうちで、特に屋外に携行して利用するのに適している液晶ディスプレイ画面が9インチ前後の小型軽量機種をこの名称で呼んでいるようです。

2008年春に台湾のパソコンメーカーがこのタイプの製品を発売したところ、メーカーの予想をはるかに上回る売れ行きとなりました。

それを見て、ヒューレット・パッカード(HP社)などの外資系パソコンメーカーもミニ・ノートパソコンを発売しました。現在では、富士通など国内大手パソコンメーカーもこの分野に参戦し、ミニ・ノートパソコンはパソコン市場で主要カテゴリの一つとして確定しました。

ミニ・ノートパソコンが登場してから2年余りたった現在では、CPU、SSD(記憶媒体としてフラッシュメモリを用いるドライブ装置)などハードウェアの向上が目覚ましく、ミニ・ノートパソコンは十分な実用性のある携帯端末として広く利用されるようになっています。

上の写真は、HP社のミニ・ノートパソコン HP Mini 5103   N455/10L/1/160/Starterモデルです。

ノートPCのサイズ・重量

 現在販売されているノートパソコンには、大きく分けて次の2つの方向があります。
一つは、最近のノートパソコンの高性能化、コンパクト性を生かして、従来のデスクトップ機の代替として利用するものです。最近は、学生など単身生活者では、テレビ・ビデオ機能を備えた大画面のノートパソコンをテレビ・パソコンに共用する向きが多いそうです。

もう一つの方向が、室外に携帯して利用するポータブル・パソコンです。最近は、電子メールの利用やインターネット経由の業務処理が多くなるにつれ、外出先でパソコンを利用するニーズが大きくなりました。

私もだいぶ以前から各種のポータブル・パソコンを利用してきましたが、その経験からいうと、ポータブル・パソコンはまず軽量であることが肝要です。私は、昔、3kg近いトランスポータブル・パソコンを持ち歩いたことがありますが、そのときは数百メートルも持ち歩くとそんなパソコンは道端に放り出したくなりました(^_^)。

現在では、ノートパソコンの小型軽量化が進み、ミニ・ノートパソコンの重量は大多数が1.2kg前後になっています。またサイズも小さいので、事務かばんや肩掛けかばんの中に容易に収納できます。

ミニ・ノートPCの価格

 これまでも、室外携行に便利な小型軽量ノートパソコンが各種販売されてきました。たとえば、B5サイズと称される液晶画面が11インチ前後のノートパソコンは昔から広く販売されており、私もそのクラスのノートパソコンを持ち歩いていたことがありました。

現在販売されている各社のミニ・ノートパソコンは、そのようなB5サイズ・ノートパソコンより一回り小さくまた軽量化がさらに進展しています。

しかし、今回ブームになっているミニ・ノートパソコンが従来の小型軽量ノートパソコンともっとも異なるのは製品の価格です。
従来のB5サイズ・ノートパソコンは、通常のノートパソコンよりやや価格が高く設定されており、10万円くらいで販売されていることが多いようです。それは、通常のノートパソコンとは異なる小型部品を使用しており、製造工程もコスト高になるためと思われます。

それに対して、ミニ・ノートパソコンは、現在5万円前後の価格で販売されています。通常のノートパソコンが持っている機能を一部省いたり、搭載しているソフトウェアを少なくしたり、CPUとしてやや機能が低いものを採用したりすることでコストダウンし、この低価格が実現されました。

ミニ・ノートPCの特徴

 現在販売されている各社のミニ・ノートパソコンが、どのようなスペックになっているかを調べましょう。
  • サイズ・重量
    上記のように、ミニ・ノートパソコンは液晶ディスプレイ画面が8〜10インチ、重量は1kg〜1.3kgと小型軽量であり、室外に携帯して利用するのに適しています。
    携帯する場合が多いのを考慮して、小型軽量であるにもかかわらず落下のショックにも強い設計になっているようです。

  • オペレーティング・システム
    パソコンの基本ソフトウェアであるオペレーティング・システムは、大多数が最新のOS Windows7のスターター版を採用しています。低価格機やSSD搭載機には、現在でもWindows XPを採用しているものがあります。

  • CPU
    CPUは、省電力・高速プロセッサAtom N450(1.66GHz)を採用した機種が大多数です。このCPUはIntel GMA 3150グラフィックスコアを内蔵しています。

    バッテリ動作時間の長さを追求した機種では、より省電力性の高いAtom ZシリーズのCPUを搭載しているものもあります。

  • メモリ
    メインメモリは、低価格機では1GBのものが大多数ですが、2GBが搭載可能の機種もあります。OSとしてWindows7 Home Premiumを搭載した機種では、メインメモリは2GBが必要です。

  • ハードディスク、SSD
    ハードディスクは、最近は7200rpmの高速タイプで320GBほどを搭載している機種が多いようです。

    また、最近の傾向としてSSD(記憶媒体としてフラッシュメモリを用いるドライブ装置)を搭載した機種が増えてきています。また、SSDの容量が次第に増加しつつあり、高級機では60GB以上の高速SSDを搭載したものも現れました。Windows7スターター版をインストールするには16GB以上のハードディスク容量が必要ですが、SSDの容量が60GBもあれば普通の仕事をするには十分なハードディスクスペースが残るでしょう。

  • 液晶画面
    液晶画面は、現在では画面サイズが10.1インチ、1024×600ピクセルが主流ですが、1280ピクセル×768ピクセルが可能な機種もあります。
    画面の輝度は自動的に調整されるので、戸外でも十分鮮明な画面が得られます。

  • キーボード
    画面サイズが10.1インチの機種では、キーボードのキーピッチは17.5mmくらいのものが大多数です。この程度のキーピッチがあれば、キー入力の際にとなりのキーを押してしまうというようなことはほとんどありません。

    画面サイズが8インチ前後の小型機ではキーピッチが16mmくらいのものがあるようなので、購入の前に実際にキー入力をしてみるのがよいでしょう。

  • 無線LAN
    大多数の機種では無線LAN機能が組み込まれており、公衆無線LANスポットでインターネットに接続することができます。
    最近では、転送速度が100Mビット/秒超と高速でしかも安定性が高いIEEE802.11nという規格に対応した機種が多くなりました。

  • 付属機器
    ミニ・ノートパソコンは、本体サイズが小さいので、光学ドライブは内蔵していない機種が大半です。
    また、有線LAN接続端子がないものもあり、その場合は他のパソコンとファイルのやり取りをする際はUSBメモリを使用するなどの手間が必要になります。

  • 付属ソフト
    ミニ・ノートパソコン低価格機では、マイクロソフト・オフィスなどのソフトウェアはインストールされていません。手持ちのマイクロソフト・オフィスがあれば、ネットワーク経由などでインストールして使用することができます。

    ミニ・ノートパソコン高価格機では、マイクロソフト・オフィスなどのソフトウェアを最初からインストールしているものがあります。

HP社のミニ・ノートパソコン

 ミニ・ノートパソコンの人気機種であるヒューレット・パッカード(HP)社の HP Mini 110-4120TU スペシャルモデルを例にとって、さらに詳しく説明しましょう。

本機は、液晶画面が10.1インチで、重量は約1.18kgと軽量です(左の写真)。OSはWindows 7 Starter 正規版を搭載、CPUは高速のインテル® Atom™ プロセッサー N450 (1.66 GHz)を採用しており、通常の用途には十分な性能があります。

内蔵メモリの容量は1GBで、これ以上のメモリ増設はできません。ハードディスク容量は320GBで、ハードディスクの代わりにSSDを搭載するオプションは提供されていません。

液晶画面はハードコート・クリスタルビュー・ディスプレイで1,024×600ドットの解像度があるので、画面サイズは小さくてもウェブサイトなどが鮮明に見られます。
高速の802.11b/g/n無線LANを内蔵し、屋外でインターネットを簡単に利用できます。

バッテリー動作時間は、標準のリチウムイオンバッテリ(3セル)を使用した場合約4.25時間で、屋外で短時間利用するだけなら問題ないでしょう。

価格はインターネットショップで 22,000円 (税込)からと大変お手ごろです。

ONKYOのミニ・ノートPC

 次に、ONKYOのミニ・ノートパソコン MX1007A4(左の写真) について調べましょう。
こちらも上記HP社の製品と同じく10.1インチワイドTFTカラー液晶画面で、その解像度も1024×600ドットと同じになっています。パソコンのOSは、やはり同じくWindows 7 Starter 正規版を搭載しています。

CPUは省電力性の高いインテル® Atom™ プロセッサー Z515(1.20GHz)を採用しています。

内蔵メモリの容量は1GBで、これ以上のメモリ増設はできません。ハードディスク容量は250GBで、ハードディスクの代わりにSSDを搭載するオプションは提供されていません。

省電力のCPUを採用し、LEDバックライト液晶と大容量バッテリを標準装備することで、約14.4時間の長時間駆動を実現しました。

高速の802.11b/g/n 無線LANを内蔵し、Bluetooth®も搭載して、利便性が高くなっています。。外出時のセキュリティも安心な指紋認証機能を搭載しています。

重量は、バッテリーパック装着時で約1.16kgと大変軽量です。価格はインターネットショップで 43,000円 (税込)からとなっています。

エプソン
SSDを搭載した機種

 次に、HDDのかわりにSSDを搭載できるミニ・ノートパソコンを一機種ご紹介しましょう。

エプソンダイレクトのEndeavor Na14S(左の写真)は、液晶画面は10.1インチ(1024×600ドット)、OSはWindows 7 Starter を搭載しており、1GBのメモリーでもスピーディに動作します。
CPUは低電力で高性能のインテルAtom N550 (1.83GHz)を採用しています。

この製品のもっとも大きな特徴は、オプションでハードディスクの代りにSSD(記憶媒体としてフラッシュメモリを用いるドライブ装置)を選択できることです。SSDの容量は64GBと、ハードディスクに比較して小さいですが、屋外で通常の利用なら問題ないでしょう。

ハードディスクの代わりにSSDを搭載した場合は、価格が3万8000円ほどで販売されています。SSDを採用すると、パソコンの起動時間は短くなり、全般的なレスポンスもかなり速くなります。また、パソコンの電力が低減されてバッテリの利用時間が長くなります。
SSD採用時の重量は、約1.02キロ(標準バッテリー装着時)と非常に軽量です。

内蔵メモリーは1GBですが、Windows 7 Starterはメモリの使用量が小さいので、通常の使用には問題ありません。メーカーの保障外になりますが、このメモリは2GBに換装できるということです。

高速の802.11b/g無線LANを内蔵し、屋外でインターネットを簡単に利用できます。

楽天で ミニ・ノートパソコン を検索

トップページ メニューに戻る