旅行

文学

美術

音楽

宗教

パソコン

旅行


トップページ 携帯電話で災害時伝言 メニューへ

災害時伝言ダイヤル

 NTT東日本・西日本は、大規模災害の際に重要通信の確保のために、「ダイヤル171」というサービスを提供することになりました。地震等の災害発生時に、加入者の電話番号ごとに短いメッセージを録音できるメッセージボックスを開設するというものです。

上記災害時伝言ダイヤルは、災害発生時に通信要求が増加した場合、それを制限し、代わりに電話をかけてきた人をNTT交換局に設けられた音声録音装置に接続します。
利用者がその装置に短時間のメッセージを録音し終わると、その通信は切断されます。
以上により、利用者の通信が電話網の交換機能、通信回線を使うことなしに終了するので、輻輳の発生が未然に防止されます。

この方式は、家庭など電話加入者宅からNTT交換局までの電話線が大災害発生の際も切断されず信号を伝えることができるのを前提にしています。
しかし、今回の大地震をはじめ大災害の際には、家屋が倒壊したり電柱が倒れたりして加入者電話線が利用不可能になることも多いものです。そのような際には、携帯電話から災害時伝言ダイヤルに接続して短いメッセージを録音・再生したくなるでしょう。

ダイヤル171

ダイヤル171  NTT東日本・西日本のウェブサイトでは、ダイヤル171について

「重大な災害が発生した地域に登録されている固定電話(加入電話、公衆電話など)が主たる対象になり、携帯電話・PHSからの利用は段階的に可能になる」

と記載されています。

段階的という言葉の意味はやや不明瞭ですが、重大災害の発生直後では固定電話での接続が優先され、携帯電話・PHSでの利用は電話の混雑が一段落したら可能になるということなのでしょう。

 携帯電話・PHSからダイヤル171を利用する場合の注意点は、次の通りです。    
  • 利用できる電話
     携帯電話・PHSでの利用の場合は、それらがその地域で登録されており、さらに同じ利用者がその地域で加入電話を登録していることが条件になります。
    被災地域で生活している人、そこで仕事をしている人などで、その地域で携帯電話を登録し、利用していても、加入電話の登録がなければダイヤル171を利用することはできません。

  • 登録できる電話番号
     上記「利用できる固定電話」の電話番号です。携帯電話の電話番号ではないので、ご注意ください。後で説明するように、その電話番号をかならず市外局番からダイヤルして登録します。
    被災地からの伝言の録音を優先するので、サービス提供開始当初は災害により電話がかかりにくくなっている地域以外の地域からの録音利用が一時制限される場合があります。

  • 混雑する恐れがある?
     携帯電話網から加入電話網に接続するには、特別の交換機を利用します。大災害発生時に携帯電話からダイヤル171を利用する場合は、その接続要求が殺到するので上記交換機がパンクするのではないかという専門家もいるようです。

携帯電話会社の伝言サービス

 NTT東日本・西日本のサービスであるダイヤル171とは別に、各携帯電話サービス会社が自社の利用者のために災害時に開設する伝言サービスもあります。
私どもはソフトバンク社の携帯電話を利用しているので、ソフトバンクの伝言サービスの概要と利用の注意点について、以下に説明いたします。    
  • インターネットのウェブサイトを利用する
     ダイヤル171はNTTの交換局に設置されたメッセージボックスを利用するシステムですが、各携帯電話サービス会社の伝言サービスはインターネット上の専門ウェブサイトに設けられた伝言掲示板を利用します。
    従って、このサービスを利用するには基本的にインターネットに接続する機能を持つ携帯電話機が必要です。ソフトバンク社の場合には、「Yahoo!ケータイ」対応の機種でこのサービスが利用できます。

  • 伝言サービスを利用するには
     ソフトバンク社の携帯電話の場合には、「Y!」ボタンを押すだけでYahoo!ケータイのトップ画面に接続されます。

    1.そのYahoo!ケータイのトップ画面から [災害用伝言板] を選択します。

    2.[登録] を選択します。

    3.4つのチェックボックスから状態を選択できます(複数選択可)。
      また、全角100文字以内のコメントを入力できます。

    4.入力が完了したら [登録] を押すと安否情報が登録されます。

  • 伝言先のメールアドレスを登録する
     メッセージを伝えたい相手のメールアドレスを事前に登録(10件まで登録可能)しておくと、それらメールアドレスの一覧が画面に表示されます。
    [送信] を押すと、設定したメールアドレスに安否情報を登録した携帯電話の電話番号、登録者の電子メールアドレス、伝言板にアクセスするためのURLが自動的に通知されます。

  • 登録されたメッセージの閲読
     登録されたメッセージは、ソフトバンク携帯電話および他社携帯電話、さらにパソコン等のインターネット端末からも確認することができます。
    その他 安否を確認したい携帯電話電話番号がソフトバンク携帯電話の番号ではなかったとき、全携帯電話事業社一括検索機能により当該携帯電話事業者に登録された安否情報を検索・表示します。
    なお iPhoneの場合は、専用接続ソフトである「災害用伝言板アプリケーション」をインストールし、それを利用してアクセスしてください。

  • 災害用伝言板体験サービス
     ソフトバンク社の災害用伝言板サービスは、毎月1日・15日に体験利用ができるようになっています(そのほかにも体験利用ができる期間があるので、前記伝言サービスのウェブサイトをご覧ください)。
    なお、自動的にメッセージを伝えたい相手のメールアドレス登録は、いつでもできます。災害時に備えて、事前にメールアドレスの登録を済ませておきましょう。

携帯電話の電池切れ

 固定電話を使用する場合は災害時に各地区の電話局までの電話回線が不通になるのが心配ですが、携帯電話の場合には災害時に起こりうる各地区の基地局の損壊と携帯電話機の電池切れが問題になります。

その地区の携帯基地局が災害時に正常に機能していても、災害で停電になり、携帯電話の電池が充電できなくなれば、以降は携帯電話が利用できなくなります。
今回の東日本大震災でも、各被災地で携帯電話の電池切れによって携帯電話が使えなくなった利用者が続出しました。

携帯電話機には小容量のリチウム電池が内蔵されていますが、それはそれほど長時間にわたって使用することはできません。またその内蔵電池が古くなると、電池の容量が低下し、短時間で使用不能になってしまいます。

携帯電話の外部電源

携帯電話充電器 そこで、最近は乾電池などを使って携帯電話機の内蔵電池を充電したり、内蔵電池の充電量減少をある程度補填する外部電源が登場してきました。

左の写真は単三ニッケル水素乾電池を2個内蔵した外部電源装置で、携帯電話機の充電端子に接続することで携帯電話機の内蔵電池に電力を供給するものです。

私どもはこれを購入し、外出先で携帯電話機の内蔵電池が電池切れになりかけたらこの電源を携帯電話機に接続して使っています。
もちろん、大災害時にも携帯電話の電池切れ対策として有用に機能することでしょう。

しかし、この外部電源では単三ニッケル水素乾電池2個使用なので、パワー不足により携帯電話機を2時間ほど使用するのが精一杯です。空に近くなった携帯電話機の内蔵電池をフルに充電することはできません。従ってこの外部電源は、外出時に携帯電話機の内蔵電池が電池切れになったとき、緊急避難的に利用するべきものでしょう。

今後、大災害が起こって停電が長引くこともないとはいえません。そのような場合、もっと強力な外部電源で携帯電話機の内蔵電池をフル充電したくなることもあるでしょう。
その方法についても、私どもはかなり詳しく検討したので、別ページでご報告します。

      楽天で "携帯電話充電器" を検索       


トップページ メニューに戻る