旅行

文学

美術

音楽

宗教

パソコン

海外旅行


トップページ 無停電電源装置 メニューへ

無停電電源装置とは

 家庭でパソコンを使用していると、エアコンや電子レンジなど大きな電力を消費する機器の電源が入ったときなどに、家庭の電源ブレーカが落ちることがあります。
その場合は、通常のデスクトップパソコンでは直ちに電源が切れてしまうので、まだセーブされていないパソコンデータは失われてしまいます。
また、ハードディスクのヘッドがアクセス中にパソコンの電源が切れると、ハードディスクが損傷する恐れもあります。

小さなオフィスでも、家庭と同じようにオフィスの電源ブレーカーが落ちる恐れがあります。
このような場合のダメージを避けるために、「無停電電源装置」というものが使われます。
これは、商用電源(いわゆる100ボルト)がパソコンの動作中に落ちた場合に、バッテリの電力から商用電源に準ずるものを生成してパソコンに供給するシステムです。

出力電力の波形は、やや高価格の製品は商用電源と同じく正弦波ですが、低価格の製品は矩形波になっています。

無停電電源装置の種類

 無停電電源装置には、次の2種類があります。

  • 常時インバータ給電方式
     常時整流器からインバータを経由して負荷に電源を供給し、停電時は蓄電池の電力をインバータ経由で給電する方式です。停電が回復すれば再び整流器からインバータ経由で電源供給します。
    この方式では常にインバータより給電されるので、定電圧、定周波数の良質の交流電流が負荷に供給されます。また、停電、復電時の切換動作がないので無瞬断の電力が供給されます。

  • 常時商用給電方式
     通常時は商用電源をそのまま負荷に供給し、停電が発生した場合には出力側スイッチを高速に切換えてインバータから給電する方式です。停電が回復すればスイッチを切換えて再び商用電源をそのまま負荷に供給します。
    この方式では、通常時はインバータを使用しないので、効率が高くコンパクトなシステムとなります。
パソコンのバックアップ電源としては、コストの点で上記のうち常時商用給電方式が多く使用されます。
常時商用給電方式の改良型として、ラインインタラクティブ方式というシステムがあります。これは、商用電源をオートトランスを経由して負荷に接続することにより、常時商用給電方式よりも幅広い入力電圧範囲に対応するものです。

通常、大容量あるいは高安定性を求められる場合にはラインインタラクティブ方式が採用され、低価格機種には常時商用給電方式が用いられます。

デル推奨無停電電源

 デルでは、自社のパソコンに組み合わせて使用する「おすすめ無停電電源装置」の機種を公表しています。下の「ソフトウェア&周辺機器」をクリックし、

    周辺機器 > 他社製 ソフトウェア&周辺機器> 無停電電源装置

とたどってください。これらの製品はすべて専門メーカーAPC Japan製ですが、価格がかなり安くなっており、またデルのパソコンと同時に購入できて便利です。

  • APC Smart-UPS500タワー(3年センドバック保証パック)  31,858円

    ラインインタラクティブ方式
    正弦波出力

  • APC Smart-UPS750タワー(3年センドバック保証パック)  40,000円

    ラインインタラクティブ方式
    正弦波出力

  • APC製UPS BR900-JP (2年センドバック保証)      29,800円

    ラインインタラクティブ方式
    矩形波出力

  • APC APC RS550 (2年センドバック保証)          16,800円

    矩形波出力
これらのうち、上3機種はラインインタラクティブ方式 で、一番下の安価な機種 RS550 は常時商用給電方式となっています。ご自分のパソコンを利用する際の電源環境やパソコンで扱うデータの重要性を考慮して、いずれかを選択してください。

デルの周辺機器ストアへ

トップページ メニューに戻る