旅行

文学

美術

音楽

宗教

パソコン

旅行


トップページ ノートパソコンの高速化 メニューへ

Windows 7
Windows 7

 現在のパソコンは、大多数がマイクロソフト社が開発したオペレーティングシステム Windows 7 を採用しています。このOSは、前世代のOS Windows Vista よりはコンパクトになっていますが、やはり巨大なOSなので、相当なCPUパワーを必要とします。

ノートパソコンでは、消費電力や発熱の関係でデスクトップ機のような高速のCPUを利用できないので、デスクトップ機に比較するとどうしても起動の遅さ、処理速度の低さに不満を感じます。

メモリの増強
 現在市場で販売されているWindows 7 パソコンのうち特に低価格機では、CPU、ビデオコントローラなどの性能が十分でない場合が少なくありません。また、価格を抑えるため販売の時点でのメモリのサイズもそれほど大きくないのが普通です。

パソコンの高速化にもっとも簡単に効果が出るのは、メインメモリの増設です。私どものノートパソコンは、購入時はメインメモリが2GBでした。その後メモリの価格が大幅に低下したので2GBを購入し増設したところ、ノートパソコンの動作がかなり改善されました。

まずは、自分のノートパソコンがどれほどメモリを搭載しているかを確認してください。それが少ないのがわかったら、さっそくメモリを購入、増設するのをお勧めします。

デスクトップの個人設定
デスクトップの個人設定

 Windows のうちWindows 7 Home Premium以上のOSでは、"Windows Aero" というユーザー インターフェイスが利用可能です。Windows Aeroでは、アニメーション、半透明効果などを利用したダイナミックな3Dグラフィックスが実現できますが、そのためには高速CPU、高能力ビデオコントローラと大容量メモリが必要です。

低価格ノートパソコンではこれらの条件が十分に満たされないので、通常のノートパソコンユーザーはWindows Aeroは利用しないほうが得策です。

Windows 7 でWindows Aeroの利用を設定する方法を以下に説明します。
Windows 7 パソコンの画面でアイコンなどがないところで右クリックし、「個人設定」を選択すると、左図の「コンピューターの視覚効果と音を変更」という画面が現れます。

 この画面で「ベーシックテーマとハイコントラストテーマ」のグループのテーマを選択すると、自動的にWindows Aeroは実行されなくなります。

私は、通常のパソコンでの仕事をスピーディにこなすのを最優先にしているので、いつも「 Windows クラシック」という昔からのテーマを利用していますが、 「Windows 7 ベーシック」 というテーマでもよろしいでしょう。

このようにデスクトップ画面のテーマを変更したら、そのテーマに名前をつけて保存します。その際に、画面の背景色などが大幅に変わることがありますが、その場合は上図画面の下にある「デスクトップの背景」のボタンをクリックして自分の好きな色に変更します。

背景画像を除去する
 大手メーカー製など市販のWindows 7 パソコンを初めて起動させると、デスクトップ画面には大きな背景画像(壁紙)が表示されます。それを自分の好みの画像に交換して楽しんでいる方も多いと思います。

しかし、デスクトップ画面に大きな背景画像を貼ると、仕事に関係ないことにメモリが消費され、またパソコンの起動が遅くなることにもなります。ここでは私どもは「毎日の仕事をスピーディにこなせる」ことに徹して、パソコンの背景画像を除去して使用しましょう。

Windows Vistaパソコンのデスクトップ画面で右クリックを行い、「個人設定」を選択します。現れた画面で「デスクトップの背景」をクリックすると、下の画面が表示されます。
その画面上部にある「画像の場所」のドロップダウンメニューで「単色」を選択し、その下の枠の中からお好みの色を選んでください。「詳細」をクリックすると、自分の好みの色を設定して使うこともできます。

背景画像を除去する

自動起動プログラム
 たとえば会計事務などで、いつもパソコンでエクセルを使っている人は多いと思います。そのようなユーザーは、パソコンの電源を入れてWindowsなどのOSを立ち上げた後引き続いてエクセルを起動するように設定しておけば、電源ON後すぐにエクセルを使って仕事にかかれるので大変便利です。

しかし、このようにアプリケーションプログラムが自動起動されるように設定しておくと、OSの起動後それらアプリケーションプログラムを起動するのにさらに時間を要するので、パソコンの起動が遅れる原因になります。特にCPUのパワーが乏しいノートパソコンの場合には、パソコンが正常に動作するまでかなりの時間がかかります。

そこで、通常のノートパソコンの場合には、それらスタートアッププログラムを必要最小限に絞るのがよいでしょう。お使いのパソコンで起動時にロードされるプログラムは、主なものは画面右下のタスクトレイにプログラムのアイコンが表示されていますが、詳しくは次のようにして知ることができます。
Windows 7 の画面で左下隅のスタートボタンをクリックすると表示される画面で「プログラムとファイルの検索」の入力窓に "msconfig" と半角でキー入力して検索すると、下図の「システム構成」という画面が現れます。

自動起動プログラム

 この画面で「スタートアップ」のタブをクリックすると、下図のように現在そのパソコンで登録されているスタートアッププログラムの詳細が表示されます。
そのリストを見て、特にパソコンの電源投入後直ちに起動する必要のないプログラムがあれば、画面左端にあるチェックボックスのチェックをはずしてください。パソコンを次回に再起動する際には、そのプログラムはスタートアップされなくなります。

大手メーカー製のパソコンでは Microsoft Office などの大きなアプリケーションプログラムがスタートアップに登録されていることが多いのですが、CPUのパワーが小さくメモリも十分ではないノートパソコンの場合にはそれらをスタートアップから外すほうがよいでしょう。

自動起動プログラム

トップページ メニューに戻る