旅行

文学

美術

音楽

宗教

パソコン

旅行


トップページ ノートパソコンの高速化 (2) メニューへ

Windows 7 の高速化

 前のページ 「ノートパソコンの高速化」 では、自動起動プログラムの削減、Windows Aero の使用停止、 背景画像の除去などにより、比較的簡単にある程度の効果が得られるのを解説しました。

このウェブページでは、Windows 7 の機能を絞り込んで軽量化することで、CPUなどハードウェアが概して非力なノートパソコンをより高速にできるかどうかを検討しましょう。
前のページでも述べたように、ここでの「高速化」とは、インターネットの利用、officeなどのビジネスソフト、画像処理など大多数の利用者が日常的にしている業務処理がスピーディにこなせることを意味します。
その程度の仕事を行うのであれば、 Windows 7 の持っている高度なサービスやグラフィックス機能は特に必要としない場合が多いのです。

Win 7 の機能軽量化
 Windows 7 にはさまざまな機能がインストールされていますが、それらの中には普通のユーザーがほとんど使わないものがあります。それらが「有効」に設定されていると、パソコンの起動の際、それらのプログラムをロードしてすぐに使えるようにします。

これにより、普通の仕事に関係ないことにメモリが消費され、またパソコンの起動に時間がかかることにもなります。そこで、 Windows 7 の機能を調べて不要なものは「無効」に設定することで軽量化しましょう。

Windows 7 パソコンのデスクトップ画面左下のスタートボタンをクリックしてコントロールパネルを表示し、その中の「プログラムと機能」を選択してください。現れた画面で「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックすると、下の画面が表示されます。
その画面にはWindows 7 にインストールされているさまざまなサービスが列挙されているので、それらを一つ一つ調べてご自分にとって不要なものが見つかれば対応するチェックボックスのチェックを外してください。

Win 7 の機能軽量化

まず、上記「Windowsの機能の有効化または無効化」の画面でチェックがついているサービス項目をメモし、そのメモを保存してください。そして、これから行う機能無効化の結果パソコンになにか不具合が出たら、そのメモを参照してパソコンの設定を復元してください。

私の場合は、この画面で次のサービス項目のチェックを外して無効化しました。
  • Tablet PC コンポーネント
    タブレットPCを使わない場合には、これは必要ありません。

  • RDC (Remote Differential Compression)
    RDC とは限られた帯域幅でのデータ転送を最適化する圧縮テクノロジだそうですが、通常はほとんど使われることがありません。

  • Windows ガジェット プラットフォーム
    デスクトップ画面でガジェットを使わない場合には、これは不要です。

  • インターネット・インフォメーション・サービス
    Microsoft 提供の サーバーソフト。一般ユーザーはほとんど使いません。

  • ゲーム
    私は仕事をするためにパソコンを利用しているので、これは不要です。
これらのチェックを外して画面下端のOKボタンをクリックすると、これらの設定を有効にするために再起動を求められるので、それを行ってください。

私の場合には、これらを無効化したことで、Windows 7 がかなり高速化できました。しかし、利用者のパソコンによってはなにかトラブルがあるかも知れませんので、どうぞご自分の責任でトライしてください。

Windows 7 の視覚効果

 Windows 7 の画面には、「視覚効果」と呼ばれる機能があります。たとえば、画面上のあるウインドウをクリックして最小化すると、簡単なアニメーションが発生します。最小化したウインドウをまた元に戻す際も同じです。
また、マウスポインタに影をつけるのも、視覚効果の一つです。

これらの視覚効果はパソコンを楽しく操作するための工夫といえるでしょうが、これによりパソコンにはかなりの負担がかかり、動作が重くなることもあります。

私どもは、別にWindows 7 の画面を鑑賞するのが目的ではないので、この視覚効果の機能をダイエットしてパソコンを使うことにします。

Windows 7 パソコンの画面左下にあるスタートボタンをクリックして、コントロールパネルから「システムとセキュリティ」を開きます。その中の「システム」をクリックし、「システムの詳細設定」 --> 「パフォーマンス」 -->「設定」を選択すると、下図の「パフォーマンスオプション」の画面が表示されます。

Win 7 の視見効果

上図の「視覚効果」の画面で、「カスタム」のラジオボタンを選択すると、その下のリストボックス内にある機能を取捨選択できるようになります。

まず、上記の画面でチェックがついているサービス項目をメモし、そのメモを保存してください。そして、これから行う機能無効化の結果パソコンになにか不具合が出たら、そのメモを参照してパソコンの設定を復元してください。

私の場合には、下に示す機能のチェックボックスにはチェックを付け、そのほかの機能のチェックボックスからはチェックをはずして画面下端のOKボタンをクリックしました。
  • アイコンの代わりに縮小版を表示する

  • コンボボックスをスライドして開く

  • スクリーンフォントの縁を滑らかにする

  • ドラッグ中にウィンドウの内容を表示する

  • リストボックスを滑らかにスクロールする
この設定をしたうえで画面上のウインドウの開閉、最小化、最大化などをすると、それらの際に発生していたアニメーションがなくなり、大変きびきびとした動作になったのがわかると思います。その他の動作もかなり高速化されるでしょう。

しかし、利用者のパソコンによってはなにかトラブルがあるかも知れませんので、どうぞご自分の責任でトライしてください。

ブラウザの高速化
 ノートパソコンを持っているが、それで行うのはほとんどがインターネットのウェブサイト閲覧と電子メールのチェックだけ、という方はかなり多いと思います。そのようなユーザーにとっては、「ノートパソコンが遅い」というのはウェブブラウザ(ウェブサイト閲覧プログラム)の起動が遅い、動作が遅いことを意味しているのでしょう。

最近のウェブブラウザは、高機能化に伴ってプログラムサイズが大きくなり、また動作に当たっては多量のメモリを必要とするようになりました。その結果、CPUなどハードウェアのスペックが低いノートパソコンでは、ウェブブラウザを起動させるのに長い時間がかかったり、起動後の動作が遅い場合が出てきます。

Windows 7 パソコンでは、ウェブブラウザとしては Internet Explorer が標準としてインストールされていますが、これは巨大化していて動作が重いので、私は通常 Firefox というウェブブラウザを利用しています。
しかし、このブラウザも動作の際に大量のメモリを必要するなどの問題点があり、特にハードウェアのパワーが小さいノートパソコンでは動作が遅いことが多いのです。

Firefox のアドオン
 上記の問題の対策として、Firefox に付加して利用する専用プログラム(アドオン)が多数開発されています。それらは通常 Firefox の開発団体である米国 Mozilla Corporation が運営するアドオンライブラリに登録されており、利用者が無料でダウンロードして自由に利用することができます。

まず、現在利用中の Firefox にどのようなアドオンがインストールされているかを確認しましょう。しかし、現在の Firefox にはインストールされているアドオンの一覧表を表示する機能はありません。そこで、まず Extension List Dumper というアドオンをダウンロードし、利用中の Firefox にインストールしてください。これにより、利用中の Firefox の「Firefox」のアドオン管理画面に [一覧を生成] ボタンが追加され、アドオン・マネージャーで現在インストールされているアドオンの一覧表を表示できるようになります。

アドオンで高速化
 上記のように最初に Extension List Dumper をインストールしてインストールされたアドオンの一覧表を表示できるようにしておいて、次にウェブブラウザ Firefox を高速化するアドオンをインストールしましょう。

私は、まず SpeedFox というアドオンをダウンロードし、ウェブブラウザ Firefox に付加しました。このプログラムは、Firefox の肥大・断片化したデータベースを最適化し、帯域幅を最大限利用することでページの読み込みを高速化するものだそうです。

次に、 FasterFox Lite というアドオンをダウンロードし、ブラウザ Firefox にインストールしました。Fasterfox は Firefox のネットワーク設定やレンダリング設定などを簡単に最適調整するアドオンプログラムです。その設定はこちらをご覧ください。

これらのアドオンをインストールした後、利用中の Firefox のアドオン管理画面にある [一覧を生成] ボタンをクリックすると、下図のようにアドオンの利用状態が表示されます。
この画面で、各アドオンプログラムの右端に「無効化」というボタンが表示されていれば、そのアドオンは現在正常に動作中です。

アドオンで高速化

私の場合には、これらのアドオンをインストールしたことで、ウェブブラウザ Firefox がかなり高速化できました。しかし、利用者のパソコンによってはなにかトラブルがあるかも知れませんので、どうぞご自分の責任でトライしてください。

web フィードの削除

 RSSフィードは、閲覧したウェブサイトのコンテンツの更新に関する情報を提供します。これにより、そのサイトをまた閲覧しなくてもコンテンツが更新されたかどうかがわかります。

ウェブブラウザ Firefox では、Web フィード(ライブブックマークともいう)という機能でこのRSSフィードを読み込むことができます。この機能を利用する設定にすると、 Firefox の起動時や起動中に、次々にフィードを読み込み続けます。
それが完了するまで Firefox は画面が出てこないので、 Firefox の起動が非常に遅くなる場合があります。そこで、特に必要がなければ、 Firefox の Web フィードは利用しないで、かわりにたとえばGoogle リーダーなどほかのRSS リーダーを利用するのがよいでしょう。

Firefox の画面上部の「ツール」メニュータブをクリックして「オプション」を選択し、「プログラム」メニューをクリックすると、 Firefox で利用できるプログラムのリストが表示されます。
その中から「web フィード」を選択し、右側の欄をクリックすると、web フィードの処理の仕方のリストが表示されます(下図)。
私の場合は、ここで「Google リーダーを使用」を選択しました。その後 "OK"ボタンをクリックすると、ウェブブラウザ Firefox の再起動を求めてくるので、それに従います。

web フィードの設定

私のノートパソコンの場合には、この設定の効果は大きくウェブブラウザ Firefox の起動が非常に速くなりました。これまでの設定では、ブラウザ Firefox が起動時に多数のRSSフィードを最後まで読み続けていたのでしょう。

私の場合には、以上に説明した方法で、ウェブブラウザ Firefox の起動、そして起動後の動作が大幅に高速化できました。しかし、利用者のパソコンによってはなにかトラブルがあるかも知れませんので、どうぞご自分の責任でトライしてください。

トップページ メニューに戻る