旅行

文学

美術

音楽

宗教

パソコン

海外旅行


トップページ RAW画像の利用 メニューへ

jpg(ジェーペグ)画像

 現時点では、デジタルカメラ(コンパクトデジタルカメラ、デジタル一眼レフ)で写真を撮影するときは、普通jpg(ジェーペグ)という形式で画像のデータを保存します。

jpg形式ではデジタルカメラの感光素子からの3原色データを能率よく圧縮して一つの画像データにまとめるので、デジタルカメラに搭載されている画像メモリに多数の撮像データを収納できるメリットがあります。

また、jpg形式の撮像データを画像ディスプレイに表示した場合の画像品質はかなり高く、通常の写真の用途には十分であるとされます。

しかし、最近デジタル一眼レフカメラが普及するにつれ、特にプロフェッショナルクラスの利用者から撮影時に大幅な画像処理とデータ圧縮処理が行われてしまうjpg方式に対する不満の声が高くなってきました。

RAW画像とは

 RAW画像とは、CCDなどの撮像素子からの3原色データ信号をそのままデジタル化したものです。このデータのままでは通常の画像処理プログラムやブラウザでは画像として表示できず、「RAW現像プログラム」と呼ばれる専用プログラムで「TIFF」形式などの一般的な画像形式に変換することで画像化します。

RAW画像では、撮像素子で取り込まれた画像データがすべてそのまま利用できるので、撮影時にデータの圧縮が行われるjpg形式に比較して最終的に得られる画像の画質が大幅に改善される可能性があります。
撮影後の画像の明るさ、コントラストなどの調整、色温度の補正などを行うとjpg形式の場合には大きな画質の劣化を起こす恐れがありますが、RAW画像ではそれらの画像処理はほとんど画質を劣化させることなしに行うことができます。

RAW画像のメリット

 デジタルカメラの撮影時にRAW画像形式でデータ保存をした場合のメリットを以下に列挙し、それぞれについて簡単に解説します。  
  • 撮像データがすべて利用できる
     CCDなど撮像素子からの信号は、通常RGB各色ごとに12bit(4,096諧調)でデジタル化されます。RAW画像では、その12bitデジタルデータがそのままカメラのメモリに記録されます。RAW現像プログラムにより、それらの画像データをすべて利用して画像を作成することができます。
    一方jpg形式では信号処理が8bit(256階調)で行われるため、CCDなど撮像素子からの12bitのデジタルデータが大幅に圧縮されてしまい、画質が劣化します。

  • ダイナミックレンジが広い
     RAW画像では、上記のように信号処理が12bitで行われるため、明るい画像から暗い画像まで広い範囲にわたって取り扱うことができます。
    信号処理が8bitで行われるjpg形式では画像の明るい部分での白つぶれ、画像の暗い部分での黒つぶれが起こりやすいものですが、RAW画像ではダイナミックレンジがはるかに広いためそのようなトラブルは起こりにくくなります。

  • 画質調整が容易
     写真を撮影した後ウェブや印刷物に掲載できるようにするまでには、さまざまな画像処理、画質調整を行います。jpg形式では画像のある状態に対して情報量の圧縮を行いますが、jpg形式でその後たとえば明るさを変えようとすると、すでに情報量が圧縮されているため結果として画質が大きく劣化することになります。
    一方RAW画像では、もとの情報量がそのまま保存されているため、撮影後に大幅な画質調整をしても画質が大きく劣化することはありません。

RAW画像のデメリット

 デジタルカメラの撮影時にRAW画像形式でデータ保存をした場合のデメリットを以下に列挙し、それぞれについて簡単に解説します。  
  • 画像サイズが大きくなる
     CCDなど撮像素子からの12bitの画像情報を圧縮せずそのまま記録するため、カメラのメモリやハードディスクに記録されたデータサイズが大きくなります。
    私のデジタル一眼レフカメラでは、RAW画像形式では一枚の写真のデータサイズが通常7MBぐらいになります。それに対し、jpg形式(高解像度モード)では、同じ写真が2MBぐらいで記録されます。

  • 記録できる写真の枚数が少なくなる
     上記のように、RAW画像形式では一枚の写真のデータサイズが大きくなるので、当然デジタルカメラの内蔵メモリカードに記録できる写真の枚数が少なくなります。
    最近、デジタルカメラ用大容量メモリカードの価格が低下して広く使われるようになりましたが、それによりRAW画像形式が一般的に利用されるようになったのです。

  • RAW現像プログラムが必要
     記録されたRAW画像データの内容を画面に表示するには、「RAW現像プログラム」と呼ばれる専用プログラムが必要です。
    RAW現像はかなり高度なデータ処理を行うので、大きな画像データの場合、パソコンのメモリが少ない場合には若干の時間がかかります。
    また詳しくは後で述べますが、現在のRAW現像プログラムは現像機能の点でもまた画像処理プログラムとしての使いやすさの点でもまだ改良の余地があるものが多いと思われます。

最近の状況
 2011年4月現在では、デジタル一眼レフカメラはもとより、レンズ交換式カメラや一部の高級コンパクトデジタルカメラでもRAW画像形式が使用可能になっています。
また、それらRAW画像形式が使用可能のカメラ機種では、カメラ購入時にそのカメラメーカーが作成したRAW現像プログラムを同梱で提供している例が多いようです。それらを利用すれば、カメラを購入してすぐRAW画像形式の画像を見ることができます。

なお、マイクロソフト社のOS Windows Vista、Windows 7では、組み込みのソフトウェアWindowsフォトギャラリーでRAW形式の画像を閲覧できます。

トップページ メニューに戻る