旅行

文学

美術

音楽

宗教

パソコン

海外旅行


トップページ RAW現像プログラム メニューへ

RAW現像処理

 デジタル一眼レフカメラなどで撮影した写真画像をRAW形式で保存しても、そのデータのままでは通常の画像処理プログラムやブラウザでは画像として表示できません。それらを閲覧したり、ウェブサイトなどで利用するには、「RAW現像プログラム」と呼ばれる専用プログラムでTIFF形式、jpg形式などの一般的な画像形式に変換する必要があります。

RAW現像プログラムは、まずRAW形式データをカメラのメモリから読み出し、各画素ごとにその近傍の画素のデータから補完するなどの方法で不足しているR、G、B3原色のデータをそろえます。これをデモザイク処理といいます。

次に、そのようにデモザイク処理をして得られたフルカラーデータの画像をパソコンの画面に表示します。利用者は、その画面を見て、必要に応じて露出(画像の明るさ、コントラスト)、色の濃さ、色合いなどの調整を行い、その結果をjpg形式など自分が必要とするデータ形式でパソコンのハードディスクに保存します。

RAW現像プログラム
 各デジタルカメラのRAW形式データは、その撮像素子のつくりに対応して異なります。そこで、各カメラメーカーは、普通、自社の製品に対応するRAW現像プログラムをカメラ本体に無料で添付して提供しています。
しかし、それら各カメラメーカーが提供するRAW現像プログラムは必ずしも品質が優れているわけではなく、また使い勝手があまりよくないものが多いようです。

そこで、各カメラメーカーのデジタルカメラに対応したデモザイク処理機能を持つ汎用RAW現像プログラムが開発され、次第に広まりつつあります。
その種のプログラムも、大手画像処理プログラム制作会社の商品から、独立した開発者が作ったフリーソフトまで、さまざまなタイプがあります。

Windows VistaにはWindowsフォトギャラリーという写真、画像、ビデオの表示、管理ができるプログラムが組み込まれており、それを利用してRAW形式画像の現像・表示が行えます。しかし、このWindowsフォトギャラリーではRAW形式画像のレタッチや画像形式の変換ができないので、私どもにとってはほとんど何の役にも立ちません。

プロ写真家は専用のRAW現像プログラムを利用している向きが多いようですが、インターネットなどほうぼうで見かける話では、それらの専用RAW現像プログラムは価格が張るわりには性能が今一つだったり使い勝手が悪いなど問題点もあるようです。
要するに、現時点ではRAW現像プログラムはなお発展段階にあり、今後利用者の数が増加するにつれ性能、使い勝手が向上し、価格も低下すると思われます。
そこで私は、当面は高価な専用RAW現像プログラムは購入せず、フリー(無料)のRAW現像プログラムをテストして使えるものを探すことにしました。

現像プログラムの機能
 私ども利用者から見ると、それらのRAW現像プログラムが備えていてほしい機能は次のようになります。    
  • 自分のデジタルカメラに適合していること
     現在では、大多数のRAW現像プログラムが、少なくとも日本の大手カメラメーカーが販売しているデジタル一眼レフカメラやコンパクトデジタルカメラ上級機のRAW画像データを取り扱うことができる仕様になっています。

  • 広いダイナミックレンジを取り扱えること
     RAW画像は、データが12bitで記録されているため、ダイナミックレンジが広いのが最大の特長です。RAW現像プログラムは、原データの広いダイナミックレンジを生かすように作らなければなりません。一部のRAW現像プログラムでは、内部の信号処理を16bitで行っているものがあるそうです。
    しかし、フリーソフトを含めてさまざまなRAW現像プログラムを実際に使ってみると、ダイナミックレンジが広くないと思われるものもかなりあります。

  • 露出調整機能を有すること
     私ども利用者がRAW画像方式に最も期待するのは、撮影後に大幅な露出調整が可能なことでしょう。撮影現場の状況はさまざまなので、撮影後現像してみると驚くような露出状態になっていることがあります。それでもRAW画像方式は、12bitのダイナミックレンジがあるので、撮影後にかなり大幅な露出調整を行うことができるのです。
    基本的な露出調整はどの現像プログラムでも行えるようになっていますが、露出調整に付随してさまざまな画像処理を行いたくなります。それらも含めて全体として使いやすくできているかを調べる必要があります。

  • トーンカーブによる階調補正ができること
     たとえば、写真の背景部分が暗すぎるので明るく補正したいが、写真のハイライト部分はそのままにして置きたいという場合を考えましょう。
    暗い部分のみ補正して明るくするには、「ガンマ補正」とか「トーンカーブによる階調補正」と呼ばれる非直線階調補正を行います。
    商品として販売されているRAW現像プログラムはたいていこの機能を備えていますが、フリーの現像プログラムはこの機能を持っていないものがかなりあります。

  • ホワイトバランス調整機能を有すること
     たとえば、太陽光をプリセット光源に設定したデジタルカメラで白熱電灯で照明された教会の内部などを撮影すると、赤みが強い写真になります。
    このように「色温度」が合わない状態で撮影された写真は、撮影後に「色温度の変換」を行うことで、かなり見やすい写真に修正することができます。多くのRAW現像プログラムはこの機能を持っていますが、この機能を持っていない現像プログラムもかなりあります。

  • 飽和度調整機能を有すること
     四季の花などをRAW画像方式で撮影していると、ときどき驚くほど濃い色彩で現像されることがあります。私の場合には、赤系統の色(赤の純色に近い色、濃い橙色、濃い赤紫色)でそのようになるのを経験しました。
    そのような画像となる理由はよくわかりませんが、ともかくそのように現像された場合は「飽和度」を調整して色彩の濃さを減らして仕上げるほかありません。しかし、飽和度調整を行うと明るさやコントラストが大幅に変わってしまう現像プログラムもあり、時にはかなり苦労することもあります。

  • 色調調整機能を有すること
     RAW現像プログラムを使っていると、現像された画像の色調に不満をおぼえることもあります。特に、赤の純色に近い色、濃い赤紫色、青の純色に近い色などは、非常に不自然な色に現像される場合があります。
    どのRAW現像プログラムも一通りの色調調整機能を持っていますが、たとえばR、G、B各色ごとにかつ明るさのレベルごとに色調の調整ができるというRAW現像プログラムもあります。自分の撮影対象、自分のしたい画像処理に合った機能を持つRAW現像プログラムを選択してください。

  • jpg形式などに変換・保存する機能を有すること
     上記のようにしてRAW画像の現像と露出、階調、色調などの調整したら、その結果を自分の都合のよい画像形式に変換・保存することになります。私の場合には、それらの画像をインターネットで利用するので、通常はjpg形式に変換してハードディスクに保存します。
    どのRAW現像プログラムも、jpg形式に変換・保存する機能は持っています。そのほかに、TIFF形式に変換する機能も持っている現像プログラムが多いようです。

RAW現像ソフトの選択
 2011年7月現在では、フリーソフトで上記の機能を一通り備えていて使いやすくできているというものは見当たりません。無料で流通しているソフトウェアにそこまでを求めるのは無理ということかも知れません。

商品として販売されている専用RAW現像プログラムは上記の機能を一通り備えており、プロ写真家も利用できるレベルになっているそうです。私は実はそれらを長期間使用したことがないのですが、伝え聞く範囲ではさまざまな問題もあり、値段ほどのこともないという人もいるので、まだ購入するに至っていません。

各カメラメーカーがカメラ本体に無料で添付しているRAW現像プログラムも、最近ではかなりレベルアップし、上記機能をあらかた持つようになりました。私も最近CANONが提供しているDPPというRAW現像プログラムの最新ヴァージョンを使ってみましたが、機能としては普通に使うにはこれで十分と思います。
しかし、この現像プログラムは、肝心のRAW現像後の画質が私の場合にはなぜかあまりよくなかったので、現在は使用しておりません。

結局当面は、不満な点が多いものの、さまざまなフリーソフトを工夫しながら使いこなしてRAW現像を行なおうと思います。

トップページ メニューに戻る