旅行

文学

美術

音楽

宗教

パソコン

海外旅行


トップページ リカバリ・ディスクの作成 メニューへ

リカバリ・ディスクとは

 パソコンを長年使っていると、重大なトラブルが発生することもあります。Windows などオペレーティングシステムがらみのソフトウェアが正常な動作をしなくなる場合もあれば、ハードディスクの故障によりパソコンが起動しなくなる場合もあります。

ハードディスクなど主要ハードウェアが問題ない場合には、Windows などソフトウェア関係のトラブルは、パソコンメーカーから提供されている方法に従ってパソコンを購入したときの状態に戻すことで多くの場合は救済できます。
この際に使うのが、パソコンメーカーから提供される「リカバリ・ディスク」(修復ディスク)です。パソコンが正常に起動しなくなった場合にも、このディスクをパソコンに装着して電源スイッチを入れるとディスク内に記録されているプログラムによりパソコンを起動できます。
その後、画面の表示に従って作業をすると、ディスク内のデータがパソコンに再インストールされ、パソコンが購入したときの状態に復元されます。

ハードディスクがクラッシュにより使用できなくなった場合にはハードディスクを互換性のある新品に交換することになりますが、その場合にもリカバリ・ディスクを利用して新ハードディスクにWindows などオペレーティングシステムをインストールし、パソコンを元購入したときの状態に復元することができます。

このように、リカバリ・ディスクはパソコンのトラブルの際には最後のよりどころであり、パソコンを長年使うためには欠くべからざるものです。

D-to-D リカバリ
 しかし、最近のパソコンでは購入したときにDVDのリカバリ・ディスクは添付されていません。最近はハードディスクの大容量化、低価格化が進んだので、昔はDVDに収められていたリカバリ・ディスクのデータがパソコンのハードディスクに記録されるようになったのです。この方式を「D-to-D リカバリ」といいます(D-to-D とはdisk to disk の意)。

これにより、パソコンメーカーとしては低価格でパソコンを販売できるようになり、利用者としてはリカバリDVDを利用するよりはるかに高速にリカバリができるようになりました。

しかし、ハードディスクは記憶装置としてかならずしも安全ではありません。D-to-D リカバリ領域がなんなかの原因で読出しできなくなると、 リカバリは行えなくなります。また、D-to-D リカバリ領域が正常でも、ハードディスクが起動不能になる場合も考えられます。

そのリスクを回避するには、やはりハードディスク上のD-to-D リカバリ領域に記録されたデータをDVDなどの外部記憶装置にバックアップしておくべきでしょう。

リカバリ・ディスクの作成
 最近のパソコンでは、購入後最初に電源スイッチを押して起動したときに、パソコン・ハードディスクのD-to-D リカバリ領域に記録されたデータをもとにDVDなどのリカバリ・ディスクを作成するように求める画面が表示されます。

ところが、それに応じて自分のパソコン用のリカバリ・ディスクを作成する人は少ないようです。私が周囲の4、5人に訊ねたところ、みなリカバリ・ディスクを作成するように求める画面が表示されたのは覚えていましたが、それに従って実際にリカバリ・ディスクを作成したという人はいませんでした。

このウェブページでは、私が最近Lenovoのノートパソコンで行ったリカバリ・ディスクの作成を例にして、Windows 7 でのリカバリ・ディスクの作成法をご紹介します。

まず、お使いのパソコンのマニュアルを参照し、リカバリ・ディスクの記録メディアとしてなにが利用可能かを調べてください。通常は、光学ディスク DVD-R か DVD-RW が利用可能です。 そのほかに、最近ではUSB接続メモリが利用できる機種が多くなってきました。さらに、USB接続のハードディスクも利用できる場合があります。

ブート・ディスクの作成
 それらの記録メディアが準備できたら、パソコン内蔵のソフトウェアを使ってリカバリ・ディスクを作成します。私の場合には、パソコン画面左下のスタートボタンをクリックしてコントロール・パネルを開き、その中の「バックアップの作成」を選択すると「修復ディスクの作成」という項目が見つかりました。

リカバリ・ディスクの作成 それをクリックすると、作成するリカバリ・ディスクの種類を選択する画面になります。

ブート・メディアはパソコンを起動させるためのディスクです。
ここは、ブート・メディアとデータ・メディア両方のチェックボックスにチェックを付けて、OKボタンをクリックします。

記録メディアの選択  次に、リカバリ・ディスクを作成する記録メディアの種類を指定する画面が表示されます。
私の場合には、CD/DVD、USBメモリ、USBハードディスクのうちのどれかを選択するようにと表示されました。

私は、ここでは手持ちの DVD-RW を使用することにしましたが、USBメモリがある方はそれを利用するのがよいでしょう。

ブート・メディアの作成完了  その後、指定した記録メディアにブート・メディアのデータの記録が始まります。やがて、データの記録が終了すると、その内容が正しいかが検査されます。

それらが終了すると、左図の画面が表示され、まずブート・メディアの作成が終了します。

データ・ディスクの作成
 ブート・ディスクの作成後、新規のDVDを挿入するように求める画面が表示され、データ・ディスクの作成が始まります。

こちらも、上記ブート・ディスクの場合と同様にデータの記録が進行し、ついで記録された内容が正しいかが検査されます。私の場合は、データ・ディスクにはDVDが2枚必要でした。

以上で、リカバリ・ディスクの作成は完了します。作成されたDVDには、さっそくサインペンなどでコンテンツがわかるようにメモを書いておきましょう。終わったら、DVDはケースに入れてほこりなどが付かないように密封して大事に保管してください。

リカバリ・ディスクは、パソコン・メーカーから製品を購入することもできます。しかし、それには費用も時間も手間もかかるので、いざパソコンが故障して急いで直さなければならないときには大いに困ることでしょう。上記のように、リカバリ・ディスクは自分で簡単に作成できるので、ぜひトライしてください。

      楽天で "USBディスク" を検索


トップページ メニューに戻る