旅行

文学

美術

音楽

宗教

パソコン

海外旅行


トップページ USBハードディスク メニューへ

ハードディスクの信頼性
 CD-Rのページで解説したように、ハードディスクに記録されたデータは、必ずしも安全ではありません。小さなデータエラーはかなり頻繁に発生しますし、時にはハードディスクのクラッシュによりハードディスク全体のデータが失われることもあるのです。

毎日仕事でパソコンを使用し、パソコンのハードディスクに日々貴重なデータを記録している方はたくさんいらっしゃいます。そのパソコンのハードディスクがある日故障し、ハードディスクのデータが読めなくなった、あるいは完全に失われた場合を考えてください。
パソコンの修理、ハードディスクの交換はできても、ハードディスクのデータが失われたら、お手上げになります。
最近のハードディスクは信頼性が向上したといわれますが、それでもパソコンで大事な仕事をしている場合は、ハードディスク上のデータのバックアップが絶対必要なのです。

CD-Rへのバックアップ
 これもCD-Rのページで解説したことですが、通常ハードディスクに記録されているデータの過半は書き換えることのない読み出し専用のデータです。たとえば、デジタルカメラで撮影した画像データ、過去のデータベースのデータなどです。
それらは、安定性が高くコストの安い外部記録メディアであるDVDなどにバックアップするのがよいでしょう。 

外部ハードディスクの利用
 上記以外のハードディスク上のデータには、頻繁に書き換え、追加をしているものが多数あります。たとえば毎日更新しているデータベースのデータ、開発中のパソコンプログラムのデータ、作成中のウェブのファイルなどです。

これらは、やはりハードディスク上にバックアップする他ありません。では、どのようなハードディスクにバックアップするのがよいでしょうか。

もっとも簡単なのは、現在そのデータがあるハードディスクのドライブあるいは同じハードディスクの別のドライブにバックアップすることです。しかし、この方法では、そのハードディスクがクラッシュなどにより使えなくなったときは、バックアップファイルも読み出せなくなってしまいます。

したがって、バックアップすべきハードディスクのあるパソコンの外部に接続されたハードディスクにバックアップを行う必要があるのです。

外部ハードディスクの種類
 パソコンの外部に接続するハードディスクとしては、LANのファイルサーバーのようにネットワーク接続するタイプもありますが、ここでは簡単に使えて価格も安い直接接続型のものについて説明します。

この形式のものは、最近ではデータ転送速度が高いUSB 2.0準拠のハードディスクが主流になってきました。その中でも、個人使用の場合には、 USB給電型の小型外部ハードディスクが急速に普及しています。

これは、ポータブルデジタルオーディオなどに使用されている超小型の2.5インチハードディスクをパソコンのUSBポートに接続するものです。外部ハードディスクの消費電力が小さいので、 USBポート経由でパソコンから外部ハードディスクに給電できます。
従って、この外部ハードディスクをパソコンのUSBポートに接続すれば、外部電源なしに直ちに使用できるという便利なものです。

ポータブルハードディスク

 私は、このタイプの外部ハードディスクが気に入り、長年使用してきました。最初に購入したのは、バッファローのUSB 2.0対応バスパワー駆動ポータブルハードディスクHD-P40U2/UCという40GBの機種でした。

それを便利に使っていましたが、ものの数年でハードディスクの記憶容量がいっぱいになり、同じバッファローの80GBの機種を新たに購入しました。こちらは、記憶容量が倍になっても上記40GBの機種と同じW76.5×H15.7×D119mmと電話メモ用紙くらいのサイズで重量150gと軽量でした。

その後、数年前からWindows Vistaパソコンを使用するようになり、またRAW形式の写真画像データが多くなったこともあって、バックアップすべきデータのサイズが急激に大きくなりました。上記80GBの外部ハードディスクでは記憶容量がとても足らなくなり、またより大容量の外部ハードディスクを購入することになりました。

ポータブルハードディスク 今回、現在の外部ハードディスク各機種のスペックを調査して、ここ数年でハードディスク技術が飛躍的に進歩したのがわかりました。

左の写真は、やはりバッファローのUSB 2.0対応バスパワー駆動ポータブルハードディスクHD-PE500U2という機種で、記憶容量は実に500GBもあります。これまで私が使ってきた80GBのものの6倍以上のデータが収容できるのです。
その大容量ハードディスクがW81×H16×D130mmのコンパクトなケースに収まっています。

ワイシャツの胸ポケットに楽に入れられるサイズで、重量は約190gと軽量です。「ポータブルハードディスク」と謳っていますが、確かにノートパソコンと一緒に持って歩けるハードディスクといえます。

これまで長期間にわたりバッファローのUSBバスパワー駆動ハードディスクを使用してその性能を確認してきたので、今回もバッファローの製品を購入することにしました。 

外部ハードディスクの購入

 このような電子機器を購入するのは、私は通常インターネットショップを利用します。

値段については、これまでの経験で、インターネットショップのほうがかなり安いのがわかっています。やはり、通常のパソコンショップにくらべて人件費、店舗の諸経費がない分、インターネットショップのほうが低い価格で販売できるのでしょう。

また、インターネットショップでは購入した商品を宅急便で送ってきますが、これも利用者としては世話なしで有難いことです。

具体的には、まずインターネットのウェブにあるカタログを調べて、自分の希望に近いUSBハードディスクの商品名を見つけます。たとえば、検索エンジン google で、「USBハードディスク」を検索すれば、主要製品のカタログが見つかるでしょう。商品の写真や定価を調べて、自分の希望に近いのを確認してください。

上記の調査の結果、バッファローのHD-PE500U2という機種が選択されたとして、今度はその商品の価格を調べます。インターネット上には価格比較をしているサイトがたくさんあるので、そこでこの機種を安く販売しているところを探しましょう。

今回は価格ドットコムでHD-PE500U2を検索しましたが、表示された店舗のうちでもっとも販売価格が安い店舗が、私がよく利用しているところでした。ここならこれまでの経験でレスポンスが速く対応が誠実なのがわかっているので、早速そのサイトから購入の申し込みをしました。
価格は送料込みで9600円で、通常のパソコンショップよりずっと低価格でした。

USB ポート
パソコンに接続する

 数日後に、この販売店からバッファローのUSB接続ハードディスクHD-PE500U2が宅急便で送られてきました。
箱を開けて手にとって見て、最近のハードディスクが小型・軽量なのに感心しました。さっそく、付属のUSBケーブルで左の写真のようにパソコンに接続します。ホットプラグ機能により、動作中のパソコンのUSBポートにケーブルを接続することができます。

パソコンのOSがWindows Vista/XP/2000、あるいはMacintoshの場合には、ハードディスク内蔵のドライバーで直ちに使用できます。


マイコンピュータの表示
マイコンピュータの表示

 このハードディスクの動作に必要な電力は、USBケーブルを介してパソコンから供給されるので、AC アダプタもなしに直ちに使えます。
実際に使用してみるとこれは非常に有難い機能で、パソコンの周囲の機器や電線の整理にも大いに役立ちます。

接続後まもなく、新しいハードウェアが検出されたというメッセージが画面に表示されます。
Vistaパソコンの場合には、「スタート」ボタンから「コンピュータ(マイコンピュータ)」とたどり、「ハードディスクドライブ」を開くと、左図のように「HD-PEU2」というアイコンが追加されているのが見えます。

そのアイコンの上で右クリックをして「プロパティ」を見ると、このハードディスクは500GBの記憶容量があるのがわかります。以降は、パソコン内蔵のハードディスクからこのUSBハードディスクにデータをバックアップしてください。

NTFS形式でフォーマット

 このUSBハードディスクは、出荷時にはMacintoshでも使用できるようにFAT32でフォーマットされています。もしWindowsパソコンだけで使用するのであれば、このハードディスクをNTFS形式でフォーマットし直すのがよいでしょう。

現在ではNTFS形式がWindowsパソコンの標準ファイルシステムになっています。この形式では、ファイルへのアクセス記録を保持して障害などの際もファイルの構造を復旧できる機能があります。また、4GB以上の巨大なファイルを保存でき、最大ドライブサイズも2TB以上可能ということです。

「コンピュータ(マイコンピュータ)」から「ハードディスクドライブ」を開き、「HD-PEU2」のアイコンの上で右クリックをして「簡単セットアップ」を表示してください。そのメニューの中にNTFS形式でフォーマットし直す方法が記述されています。

なお、このUSBハードディスクのフォーマットをし直すと、出荷時にこのハードディスクに記録されている付属のソフトウェアがすべて失われてしまいます。フォーマットをし直す前に、これらの付属ソフトウェアをパソコン本体のハードディスクにコピーしておき、フォーマット終了後にそれらをUSBハードディスクに書き戻してください。

      楽天で "USBディスク" を検索


トップページ メニューに戻る