旅行

文学

美術

音楽

宗教

パソコン

海外旅行


トップページ 閲覧情報の保存 メニューへ

閲覧画面の保存
 私どもは、毎日インターネット上のウェブページを閲覧してさまざまな情報を入手しています。それらのウェブページは通常文字情報と画像からなっていますが、ときにはウェブページのレイアウトをそのまま全部保存したい場合があります。

ここでは、現在もっとも多く利用されているブラウザ(ウェブ閲覧ソフト)であるInternet Explorerでウェブページ画面を保存する方法を説明します。

左図のように、保存したい画面が表示されている状態で、「ファイル」メニュータブをクリックし「名前をつけて保存」を選択します。

ウェブページ画面の保存

上記のウェブページ画面の保存が終了すると、指定したハードディスク上の場所にHTMLファイルと一つのフォルダが生成されます。フォルダの中には、保存した画面の中の画像ファイルなどが格納されています。
それらの中のHTMLファイルをダブルクリックすると、保存したウェブページ画面がそのまま再現されます。

お気に入りデータの保存
 ブラウザInternet Explorerでは、これまで閲覧したウェブページのURLを、「お気に入り」としてファイルに保存できるようになっています。

インターネットをよく利用する人の場合は、通常この「お気に入り」ファイルのデータが長く使用しているうちにかなり大きくなります。私の場合は5MBほどありました。

もし、この「お気に入り」ファイルがなんらかの原因で失われたら、私どもの仕事はただちに滞ります。復旧するには、記憶を頼りにもとお気に入りに登録してあったウェブページにアクセスし、またお気に入りに登録しなおす必要があります。これが完了するにはおそらく数週間の時間を要するでしょう。
そこで、「お気に入り」ファイルをどこかにバックアップしておくのがよいでしょう。
現在使用中のパソコンのハードディスクが故障する場合を考えて、外付けのUSBハードディスクなどに保存するのがもっとも安全です。

Internet Explorerで「お気に入り」ファイルをバックアップするには、下図のように、「ファイル」メニュータブをクリックし「インポートおよびエクスポート」を選択します。

お気に入りデータの保存

 すると、「インポートおよびエクスポート」のウィザードの画面が現れるので、下図のように、「お気に入りのエクスポート」を選択します。その後、ハードディスク上の場所を指定して「お気に入り」ファイルをセーブしてください。

お気に入りデータのエクスポート

なお、上図の画面から、Internet Explorerの「お気に入り」ファイルをたとえばFirefoxなど別のブラウザプログラムで利用できるようにエクスポートすることもできます。

Firefoxの場合
 最近は、ウェブブラウザ(閲覧ソフト)もInternet Explorer以外のものが多数登場してきました。なかでもFirefoxというウェブブラウザが評判が高く、急速にInternet Explorerを追い上げています。

そのFirefoxでブックマークをバックアップするには、画面上部の「ブックマーク」メニュータブをクリックし、「ブックマークの管理」メニューを選択します。

すると、下図の画面が現れるので、下図のように「インポートとバックアップ」メニュータブをクリックし、ドロップダウンメニューから「バックアップ」を選択します。

Firefoxの場合

バックアップしておいたブックマークデータを復元したいときは、同じメニューから「復元」メニューを選択します。

      楽天で "USBディスク" を検索


  トップページ メニューに戻る