旅行

文学

美術

音楽

宗教

パソコン

海外旅行


トップページ 旧音楽学校奏楽堂 メニューへ

 東京藝術大学の前身東京音楽学校は、1890(明治23)年に上野公園北側の地の新校舎に移転し、以降日本の音楽教育の中心として多数の人材を世に送り出しました。
新校舎の中央部分に置かれた奏楽堂は、日本最古の木造洋式音楽ホールで、音楽学校での練習、発表の場として長く使用されてきました。

しかし、年月とともに建物の老朽化が進み、また現代の音楽演奏形式にも対応できなくなってきたこともあり、多ジャンルの演奏形式に対応するコンサートホール・講堂が新奏楽堂として建設されることになりました。

旧音楽学校奏楽堂

 昭和59年に旧奏楽堂は解体され、その後奏楽堂各部に使用されていた部材を整備したうえ上野公園内北端、東京都美術館の北側に移築されました。

下の写真はその移築された旧奏楽堂の建物を北側から撮影したもので、奏楽堂として使われていたのはこの建物の二階部分だったとのことです。しかし、現在ではこの建物全体が旧音楽学校奏楽堂と呼ばれています。

これを設計したのはパリに留学した山口半六という建築家だそうですが、私にはこの建物は19世紀のアメリカ木造建築のスタイルを受け継いでいるように感じられました。

旧音楽学校奏楽堂


旧奏楽堂の門と車寄せ

 木造の大きな門から入ると、古風な車寄せのついた玄関が見えました。旧奏楽堂の創建当時は、馬車が門から入ってこの車寄せで止まったことでしょう。

旧奏楽堂は、昭和62年に台東区によってこの地に移築されてからは、明治の音楽文化を現代に伝える貴重な文化遺産として一般に公開されています。

建物の一階部分には常設展示場があり、旧奏楽堂の創建以来現在に至るまでの歴史、各時代の演奏家たち、音楽ホールの造りなどに関する史料が展示されています。

門と車寄せ


奏楽堂創建当時の音楽界

 旧音楽学校奏楽堂が創建された1890年は、ヨーロッパでは古典派の伝統を受け継いだヨハネス・ブラームスが57歳で晩年に入っていました。
一方ウィーン世紀末派を代表する作曲家グスタフ・マーラーは当時30歳、イタリアのオペラ作曲家ジャコモ・プッチーニは当時32歳でともに急速に存在感を高めており、音楽界は時代の大きな転換点に差しかかっていました。

旧音楽学校は、それまで日本には西洋音楽の文化基盤がほとんどなかった状態から外国人教師の指導のもと手探りのようにして出発したと思われます。しかし、やがて先人たちの努力が実って優れた才能の芽が次第に育ってきました。

滝廉太郎の銅像
滝廉太郎の銅像

 それらの中に、後に日本の西洋音楽創成期での代表的音楽家となった滝廉太郎がいました。滝廉太郎は1879(明治12)年生まれで、東京音楽学校に入学後、作曲とピアノ演奏で優れた才能を発揮しました。

音楽学校研究科卒業後ドイツに留学しましたが、まもなく肺結核に倒れ、日本に帰国しました。その後病状は回復せず、1903年に23歳の若さでこの世を去りました。

左の写真は、旧奏楽堂入口の横にあった滝廉太郎の銅像です。また旧奏楽堂一階部分の常設展示場には、滝さんの手稿、遺品などが展示されてありました。

三浦環さんの資料

 日本のオペラ歌手の草分け三浦環(たまき)さんは、1884年(明治17年)生まれで、東京音楽学校に入学後、滝廉太郎にピアノ演奏の指導を受けたそうです。同時に歌曲の勉強を行い、東京音楽学校で行われた日本人による最初のオペラ上演に出演しました。

その後、三浦さんはドイツ留学を経て海外のオペラハウスに出演し、特にプッチーニの 《蝶々夫人》 では世界的に有名になりました。

旧奏楽堂の常設展示場には三浦さんに関連する品々が多数展示されていましたが、その中に三浦さんがイタリアで作曲家プッチーニの家に招かれたときの写真がありました。これは、三浦さんが本場イタリアでオペラ歌手として高く評価されたことを示すものでしょう。

旧奏楽堂の音楽ホール

 昔のホテルの階段のような木の階段で、旧奏楽堂の二階に向かいました。旧奏楽堂の音楽ホールは階段教室のような造りになっており、客席は旧奏楽堂の二階から入ります。

旧奏楽堂は、西洋音楽ホールの建築設計技術、音響設計技術が日本にはほとんどなかった時期に、少数の先覚者たちが試行錯誤しつつ創建しました。
昭和59年の旧奏楽堂解体の際、音楽ホールの床下と壁面内部から大量の稲わらの束が発見されましたが、これは音楽ホールに必要な遮音性と音響性能を当時容易に入手できた材料で実現しようと試みたものだったのでしょう。

旧奏楽堂の席数は338で、現在では台東区の運営により小規模な演奏会や音楽発表会に盛んに使用されています。下の写真は、現在の音楽ホールの舞台です。旧奏楽堂は、音楽関係者の熱心な運動により1988(昭和63)年に国の重要文化財に指定されました。

旧奏楽堂の音楽ホール

 舞台背面にあるパイプオルガンは、徳川家がイギリスから輸入して東京音楽学校に寄贈したもので、日本最古の音楽ホール用パイプオルガンだそうです。
旧奏楽堂では1898(明治31)年から定期演奏会が始まりましたが、第一回のコンサートではピアノの名手であった滝廉太郎がバッハの曲を演奏したということです。

下の写真左は舞台近くの天井から吊るされたクラシックなシャンデリアで、当時旧奏楽堂で使われていたシャンデリアを復元したものだそうです。
下の写真右は舞台近くから客席上部を撮影したものです。現在の座席は近代的な鉄製布張りになっていますが、当時の旧奏楽堂ではどのような座席だったのでしょうか。

旧奏楽堂のシャンデリア 旧奏楽堂の客席

旧奏楽堂の内部

 旧奏楽堂の音楽ホールを出ると、音楽ホールの両側に小さい教室のような部屋がかなりあるのがわかりました。音楽の指導や練習に使っている部屋のようです。

また木の階段を降りて一階に戻りました。そのあたりで、壁に滝廉太郎の写真がかかっているのを見かけました(下の写真右)。滝廉太郎は23歳で亡くなったのですから、この写真は20歳を少し過ぎたころのものでしょうか。和服を着て静かな表情をしていますが、やはりどこか病弱だったのを思わせる写真でした。

木の階段 滝廉太郎の肖像画

 旧奏楽堂の内部は、音楽ホールもその他の部屋もすべて木造・漆喰壁で造られています(下の写真)。この造りによって、音楽ホールでは「楽器のような」といわれた独特の暖かい音色が生み出され、また奏楽堂内部全体で騒音レベルが低く抑えられたといわれます。

奏楽堂の内部を撮影した写真を後で拡大して見たところ、通路部分の天井が竹を割ったもので張られているのがわかりました。竹材の滑らかな表面が、通路の照明を反射して光っているのが見られます。竹材を使用したのは、西洋音楽ホールにも日本伝統の建築文化を盛り込みたかったからでしょうか。

旧奏楽堂のシャンデリア 旧奏楽堂の客席

東京藝術大学

 旧東京音楽学校奏楽堂の門を出て上野公園を北の方向に5分ほど歩くと、東京藝術大学のキャンパスがあります(下の写真)。東京藝術大学は美術学部と音楽学部の2学部からなりますが、それらのうち音楽学部のほうは旧東京音楽学校がその前身になっています。

前記のように、旧東京音楽学校奏楽堂はこのキャンパスの中に置かれてあったのですが、歴史的使命を終えて現在の上野公園の場所に移築されました。

現在このキャンパスの中には、近代的な 「新奏楽堂」 が建設されています。これは、鉄骨鉄筋コンクリート造、地下2階・地上5階の大きな建物で、古典から現代作品に至るまで多彩な演奏形式に対応できるように設計されています。

東京藝術大学