旅行

文学

美術

音楽

宗教

パソコン

海外旅行


トップページ 綜合芸術としてのオペラ メニューへ

オペラとは

 最近日本にも本格的なオペラハウスが創建され、オペラ(歌劇)に対する関心が音楽ファンはもちろんのこと、一般の方々の間でも高まりつつあります。
しかし西欧人のオペラに対する思い入れの強さは、私ども日本人の想像をはるかに越えるものがあります。彼らにとってオペラとは最高の綜合芸術であり、あらゆる芸術の頂点というべきものなのです。

私は、別項に書いたように、モーツアルトの 《魔笛》 をきっかけとしてオペラの世界を知り、以降主としてモーツアルトのオペラを中心にオペラに親しむようになりました。

ウィーン国立歌劇場
純音楽としてのオペラ

 しかし、私はクラシック音楽ファンですから、常日頃は純音楽としてオペラに接しています。モーツアルトのオペラのように音楽的に優れている作品は、劇場の外で音楽だけを聴いても十分に価値があるのです。

私はよく海外旅行に出かけますが、ヨーロッパの大都市に行ったときはその土地のオペラハウスでオペラを楽しむことがあります。左の写真は、世界でも指折りのオペラハウスとされるウィーン国立歌劇場です。

本場のオペラハウスでの上演を目の当たりにすると、劇場での上演と純音楽との違いを実感させられます。

「綜合芸術」の意味

 先に書いたように、西欧でのオペラは綜合芸術と位置づけられています。やはりオペラは、本来は劇場に出かけ、音楽と演技と舞台装置とを楽しむべきものでしょう。

オペラは、通常文学作品などをもとに企画され、オペラ用に脚色してテキストが作成されます。次に作曲家がそのテキストに合う音楽を作成します。

演出家は、出来上がった作品をオペラハウスで上演するための演出を行い、上演に必要な舞台装置を作成します。

最後に歌手、オーケストラ、合唱および指揮者が協力して、オペラハウスで上演を行います。上演が成功するには、上記各々の段階が高いレベルで行われる必要があります。

第一幕のカーテンコール

最近日本人の演奏家のレベル向上には目をみはるほどです。オーケストラ」や指揮者についても同様で、世界各国の音楽祭などでも優れた成果を挙げています。
しかし、オペラとなると前途にはかなり高い壁があるように思われます。それは西欧音楽400年が育んできた綜合芸術の厚みがあるからでしょう。ぜひ日本でもウィーンやミュンヘンに負けないオペラが楽しめるようにがんばっていただきたいと思います。

3人の童子の合唱
コーラスのレベル向上を

 まずは、オペラのコーラスのレベル向上に努めていただきたいと思います。
モーツアルトのオペラ 《魔笛》 の中に「3人の童子の合唱」という部分がありますが、ウィーン国立歌劇場での上演では伝統的にウィーン少年合唱団のメンバーにこれを歌わせています。その出来栄えは実にすばらしいもので、残念ながら現在の日本では太刀打ちできません。
またウィーン国立歌劇場合唱団のレベルの高さは世界が認めるところです。

ウィーン国立歌劇場での 《魔笛》 の終曲(第一幕、第二幕)があのように壮麗なのは、この合唱団の力に負うところが大きいのです。

日本の合唱の実力は確実に向上しつつあるのですから、それをオペラのコーラスのほうに生かしていただきたいと思います。

トップページ メニューに戻る