トップページ 旅行の準備 旅のご注意 旅の便利帳 旅行グッズ リンク


国内旅行
京都旅行メニュー
旅行先メニュー

 今年4月のはじめ、行楽日和に恵まれ、京都駅の北西京都市上京区にある北野天満宮を訪れました。ここは昔から景勝の地として知られていましたが、1587年10月に太閤秀吉が大茶場を催したことで一段と有名になりました。

菅原道真公の没後、この地に朝廷により北野天満宮が造営されました。その後は豊臣家により多くの社殿が造営され、豪華絢爛たる桃山文化が現在にまで伝えられています。

東京には、大きな天満宮というと、湯島天神、亀戸天神など数えるほどしかありませんが、京都、大阪には天満宮がたくさんあるようです。それらの天満宮の代表格が、この北野天満宮です。

北野天満宮は、京都の北部にあるので、遅咲きの梅がまだかなり残って咲いていました。境内の赤やしろの前で、残んの梅の花びらが風に舞っていました。

     梅惜しむ
         北野の赤き
             社(やしろ)にて

北野天満宮

 北野天満宮 朝廷により道真公を祀る北野天満宮が造営されました
 東寺 今回、桜が咲きそめた時期に東寺に行くことができました
 金閣寺 平野神社から、そう遠くない金閣寺に向かいました
 東本願寺・渉成園 東本願寺の飛地境内で国の名勝に指定されています
 蕪村・金福寺 蕪村はここに芭蕉庵を再興し、しばしば句会を催しました
 西・東本願寺 浄土真宗の総本山西本願寺・東本願寺を拝観しました


トップページ 旅行の準備 旅のご注意 旅の便利帳 旅行グッズ リンク

このウェブの姉妹サイト

実りのとき
このウェブの姉妹ブログ

実りのときブログ