旅景広々トップ 旅行の準備 旅のご注意 旅の便利帳 旅行グッズ リンク


イギリス・オックスフォード
 クライスト・チャーチ
メニューへ

戻る 次へ

オックスフォード大学

 オックスフォード大学は、11世紀に創立が始まったという英語圏では最古の大学です。大学本体の学科と多数のカレッジとで構成されていますが、それらの中でもっとも大きなカレッジがクライスト・チャーチです。クライスト・チャーチは、英国国教オックスフォード主教管区の大聖堂でもあるということです。

クライスト・チャーチの一部が私ども観光客が見学できるようになっており、今回のバスツアーもそれを組み込んでいます。ツアーバスに同行したロンドン在住の日本人女性ガイドの案内で、クライスト・チャーチの内部を見学しました。

クライスト・チャーチ入口

 クライスト・チャーチは、13人の英国首相を輩出したといわれるオックスフォード切っての名門カレッジです。その建物は、大聖堂、グレートホール、学寮、それらをつなぐ回廊などからなり、それらが長方形の大きな中庭を囲むように配置されています。

南側の入口から入ると、小さな尖塔が剣山のように立っている横長の壮麗な建物が見えました(下左の写真)。これがグレートホールだと思います。学生の食堂をかねた大ホールで、結婚式にも使われるということです。

さらに歩くと中庭があり、その右手に重厚なつくりの大きな建物がありました。これがクライスト・チャーチの入口になります(下右の写真)。

クライスト・チャーチ入口 クライスト・チャーチ入口

不思議の国のアリス

 クライスト・チャーチの入口で、大きなピンクの鳥を抱えた女の子の看板がありました(下左の写真)。昔読んだ 『不思議の国のアリス』 という小説にはフラミンゴ(紅つる)でクリケットのボールを打つという話がありましたが、そのアリスちゃんのようです。
アリスちゃんの横には、クライスト・チャーチの全景写真が掲示されていました。

『不思議の国のアリス』 の作者ルイス・キャロルは、本名はチャールズ・ドッジソンといってこのクライスト・チャーチの数学教授だったそうです。クライスト・チャーチの学長の娘さんのために書いてあげたお話が大評判になり、その後何冊もアリス・シリーズを執筆することになりました。下右の写真は、グレートホールの壁にあったルイス・キャロルの肖像画です。

不思議の国のアリス ルイス・キャロルの肖像画

大聖堂と回廊

 クライスト・チャーチは、もともとその名の通り教会で、現在でも上記のように英国国教オックスフォード主教管区の大聖堂となっています。
この場所には7世紀から教会があり、現在の大聖堂は12世紀に建てられたものだそうです(下左の写真)。今回は時間の関係で大聖堂には入れませんでしたが、内部にはすばらしいステンドグラスがあるということです。

各建物の中庭に面したところには、下左の写真のように回廊がめぐらされており、それらによって各建物間の連絡が行われています。回廊のアーチ天井が、建物の外観によくマッチしています。

大聖堂 学内の回廊

グレートホール

 オックスフォード観光の最大の人気スポット、クライスト・チャーチのグレートホールに着きました。グレートホールは、その名の通りクライスト・チャーチ最大のホールで、カレッジの学生たちの食堂でもあります。最近では、映画 《ハリー・ポッター》 のロケに使われたことで、世界中に知られるようになりました。

下左の写真はグレートホールの入口の階段ですが、映画 《ハリー・ポッター》 では魔法学校の廊下として登場した場所だそうです。階段の上の天井が噴水のような円錐形の梁で支えられていますが、それがいかにも魔法学校らしく見えるというのでしょう。

グレートホール内部には長いデスクが3列並んでおり、その上にコップなどがセットされていました(下右の写真は)。私どもが行ったのは11時ごろだったと思いますが、12時にはここで学生たちに昼食が供されるのでしょう。

グレートホール入口 グレートホールのデスク

 下の写真は、グレートホールの入口近くから撮影したもので、建物の奥行きが長く天井が高いのがわかります。両側の壁には、歴代の学長などの肖像画がずらりと掲げられています。両側の天井際の窓には、ステンドグラスがはめ込まれています。

全体として華美ではありませんが、さすが大国の歴史を感じさせる堂々たる空間となっています。私は映画 《ハリー・ポッター》 はテレビでちらりと見ただけですが、たしかこのグレートホールが魔法学校の食堂として登場したのを憶えています。

グレートホール

 下左の写真は、やはりグレートホールの中のデスクですが、食器。ナプキン、電灯などが上記の写真のデスクより上等なように見受けられます。教官たちが食事をするデスクかも知れません。

グレートホール内の窓のステンドグラスにはさまざまなデザインがされていますが、下右の写真のステンドグラスは 《アリスのステンドグラス》 と呼ばれています。よく見ると、これらのステンドグラの下部にはアリスの物語に出てくるキャラクタなどが描かれています。

グレートホールのデスク アリスのステンドグラス

トム・タワー
トム・タワー

 グレートホールを見終わって、外の中庭に出てきました。ぐるりと見回すと、大きな塔が二つありました。一方は大聖堂の尖塔で、もう一方はトム・タワーと呼ばれる鐘楼です(左の写真)。
トム・タワーの上部にはグレート・トムという6トンもある鐘が吊るされており、昔から毎日夜9時5分に鳴らされているそうです。その音はオックスフォードの街中に響いたので、街で羽根を伸ばしていた学生たちもそれを聞いて学寮に戻ってきたそうです。

戻る 次へ



メニュー



旅景広々トップ 旅行の準備 旅のご注意 旅の便利帳 旅行グッズ リンク

このウェブの姉妹サイト
実りのとき
このウェブの姉妹ブログ
実りのときブログ