旅景広々トップ 旅行の準備 旅のご注意 旅の便利帳 旅行グッズ リンク


イタリア ・ ローマ
 古都シェナ
メニューへ

戻る 次へ

古都シェナへ

 次の朝早く、バスがホテルの前まで迎えにきたので、それに乗ってトスカーナの古都シェナ経由でフィレンツェに向かいました。フィレンツェはローマの北250kmほどのところにあり、シェナはその手前30kmに位置します。

古代ローマ時代にはシェナは強力な都市国家として隆盛を極め、フィレンツェと戦争をして打ち破ったこともあるそうです。現在はシェナは、イタリアの中世を現代に伝える観光都市として有名で、世界遺産にも登録されています。

トスカナの田園

 ローマの旧市街を北に抜けると、新しく建設された市街地になり、高層アパートが目につくようになりました。その後は、バスは次第に深くなる山岳地帯の間の道路を長時間ゆっくりと登って行きました。

そこを過ぎると、山岳地帯の盆地のような平原に出ました。オリーブの木と糸杉とブドウ畑の多いトスカナの田園が広がり、ところどころに農家の建物が見かけられました。

遠くの山の上を見ると、高い塔のある大きな建物と鐘楼らしいものが見えました。このような中世を思わせる建物は、このあたりにどれほど残っているのでしょうか。

トスカナの田園

シェナの市街

 やっとシェナに着き、市街の中心から少し離れたところにバスが止まりました。これから15分ほど歩いてお目当てのドゥオモ(ドーム)に向かうとのことです。
天気は曇りながら雨の心配はないので、ゆっくりとあたりを見回しながら歩きました。

やがて、案内書などで見覚えのある高い鐘楼のあるシェナの大ドゥオモが遠くに見えてきました。遠くからでもこれだけの大きさに見えるのですから、その規模が知られます。

ドゥモを中心にして、市街全体が高さ15メートルほどもある高い城壁に囲まれています。

シェナの町

教会
鐘楼のある教会

 そのあたりで、もう一つ鐘楼のある教会が見えてきました。これは「サンドメニコ教会」というもののようで、やはり建立された時代を感じさせる立派な建築でした。

町の中や周囲に近代的な高層建築がほとんどないので、教会などの歴史のある建築がよく目立ちます。特に教会の鐘楼が遠くからはっきりと見えます。

また、市街の騒音が大きくないので、遠くで鐘楼の鐘がなるのがときどき聞こえます。
やがて、厚い赤レンガの城壁に着き、そこに造られた大きな門を通ってシェナの旧市街に入りました。

旧市街の道路
旧市街の道路

 シェナの旧市街はいくつかの丘を中心に建設されたようで、ドゥオモに向かう途中にご覧のような深い谷がありました。
すり鉢のような急坂を下ったあと、今度は前方の急坂をあえぎながら登ります。

シェナは、ローマより200kmも北にある上に相当標高も高いので、冬にはかなり雪が降るとのことです。
そのような雪のときは、市民や観光客はこの急坂をどうやって通るのでしょうか。なにしろ階段ではなくつるつるの石畳で、手すりもありません。滑ったらこのすり鉢の谷底まで転落してしまいそうです。

シェナ大聖堂

 この道路とその周りの路地は、タイムカプセルのようにイタリアの中世からの姿がそのまま残っていました。そのあたりに寄り道をしながら、ゆっくりと先に進みます。

丘の天辺にある大聖堂をめざして登って行き、やっと大聖堂の正面に出ました。しかし、大聖堂のあまりの大きさに、その全景を見ることができません。
ここは丘の頂上でもともとあまり広くない上に、大きな建物がいくつもひしめきあうようにあるので、大聖堂から遠くに離れて全景を見るのも難しいのです。丘の上にある他の建物の入口に入り込んで、やっと下の写真を撮りました。

シェナ大聖堂

シェナ大聖堂正面
シェナ大聖堂正面

 この大聖堂のファサード(正面)は、ロマネスク・ゴシック「シェナ様式」の傑作とされます。完成までに200年を要したという壮大な建築です。

上の写真で、大聖堂の扉の前に立っている人の大きさから、この大聖堂の大きさがおわかりになるでしょう。

大聖堂内の床面は旧約聖書のさまざまな場面を描いたモザイク画で飾られているそうです。ぜひそれを見たかったのですが、今回はこれからフィレンツェに行く途中なので、残念ながら大聖堂に入ることができませんでした。

おおかみ
ローマのおおかみ

 大聖堂の入口の横に、日本で言えば狛犬さんのように、高い石柱の上におおかみの像が置かれていました。よく見ると、おおかみのお腹の下に2人の幼児がいて、おおかみの乳房をしゃぶっています。

ローマを建国したロムルス、メルス兄弟が、幼いとき牝狼に助けられ、その乳を飲んで成長したという神話の像です。この大聖堂は、12世紀に着工され、14世紀に完成されました。この時代にはローマを拠点とした西ローマ帝国はすでに遠い昔に滅びていたのですが、戦国時代のイタリアで栄光の古代ローマが理想とされたのでしょうか。

おおかみ
大聖堂付属博物館

 この大聖堂の周りには、付属博物館(左の写真)など多数の歴史資産があります。14世紀に一時この大聖堂をフィレンツェの大聖堂より大きく拡張する工事が行われましたが、付属博物館はその遺構を利用したものだそうです。

付属博物館には、シエナ派の始祖とされるドゥッチョの 《荘厳の聖母》 という有名な宗教画が展示されているとのことです。また、非常にレベルが高いフレスコ画も多数収蔵されているそうです。

これらをぜひ見たかったのですが、残念ながら時間の関係であきらめました。

戻る 次へ



メニュー



旅景広々トップ 旅行の準備 旅のご注意 旅の便利帳 旅行グッズ リンク

このウェブの姉妹サイト
実りのとき
このウェブの姉妹ブログ
実りのときブログ