旅景広々トップ 旅行の準備 旅のご注意 旅の便利帳 旅行グッズ リンク


イタリア ・ ローマ
 カンポ広場
メニューへ

戻る 次へ

カンポ広場

 ガイドさんといっしょにシェナ大聖堂のある丘を少し下ると、右側に通路があり、その奥に大きな広場があるのが見えました。広場とはいっても、丘が集まってできているシェナのことなので平坦な普通の広場ではなく、すり鉢のように中央がくぼんだ形になっています。だれかが貝殻の形をしているといっていましたが、そのようにも見えます。

カンポ広場

この広場は少々不整形ではありますが、面積は相当なもので、イタリアを代表する広場の一つといえましょう。世界でもっとも美しい広場という人もいるそうです。

この広場で毎年夏に、パリオと呼ばれるシェナの各地区対抗の競馬が行なわれます。各地区の代表は、1年かけて入念な準備をしてこの広場に集い、中世以来の衣装をつけて競技を行うということです。当日はこの広場は超満員となり、観客はワールドカップサッカーをも上回るフィーバーで応援をするそうです。

プブリコ宮殿
 カンポ広場の周りは、上の写真のように、赤レンガ造りのクラシックな建物が立ち並んでいます。昔は法律で建築の仕方などが決まっていたそうです。

下左の写真のプブリコ宮殿(現在は市庁舎となっている)は13世紀末から14世紀半ばにかけて建てられたもので、トスカーナのゴシック建築の代表とされています。広場に面した宮殿の入口は、下右の写真のように優雅なアーチ構造となっています。
当時のシェナは、堅固な城壁に囲まれた強力な都市国家で、トスカーナ地方に君臨していたそうです。

プブリコ宮殿 プブリコ宮殿

マンジャの塔
マンジャの塔

 プブリコ宮殿の左端にそびえているのが、「マンジャの塔」です。鐘楼兼時計塔兼見晴らし塔といったもののようです。
シェナの町は狭くて丘が入り組んでいるので、大聖堂の鐘楼があまり見えません。このマンジャの塔のほうが、町の中からはずっとよく目立つのです。

塔には頂上まで400段もの階段がついていて観光客が登ることができ、頂上から素晴らしい眺望を楽しめるとのことです。

このマンジャの塔の影がカンポ広場にかかるので、広場ではいわば巨大な日時計として利用されているのだそうです。

広場の周り

 広場の周りには、ピザハウスなどの飲食店、商店などが軒を並べています。

本日は私どもはちゃんとした朝食をとらないできたので、お腹がすいていました。バスでフィレンツェに出発するまであまり時間がなかったのですが、近くのレストランでラザリアとサンドイッチを食べました。なかなかおいしく、値段もローマより安いようでした。

なお、ここの名物はシナモンやチョコレートのお菓子だそうです。しかし私どもは、広場の露店でドーナツを揚げていたのがとてもおいしそうだったので、それを衝動買いしました。

広場の周り

旧市街の道路
旧市街の道路

 ガイドさんに言われていた時刻に全員が広場の入口に集合して、またバスが待っている駐車場まで歩き始めました。

旧市街入口にある例の深い谷間にどんどんと降りて行き、次にその谷底から今度は急な坂を息を弾ませて登ります。

やっと坂を登り終えて谷底を振り返ると、その深さに驚きました。

写真はそのあたりにあった建物で普通のアパートと思われますが、赤いレンガ調の外装とアーチでつながれた列柱のあるクラシックな造りになっています。

やはりこのシェナの町では、アパートといえども東京のように機能・コストを優先した建築をするわけには行かないのでしょうか。

シェナの城門を出てからまた15分ほど歩いて、バスが待っている駐車場に着きました。ここからフィレンツェまでは50kmほどと遠くはありません。フィレンツェはアルノ川沿いなのでシェナよりやや標高が低いようで、バスも次第に山を下って走行しました。

戻る 次へ



メニュー



旅景広々トップ 旅行の準備 旅のご注意 旅の便利帳 旅行グッズ リンク

このウェブの姉妹サイト
実りのとき
このウェブの姉妹ブログ
実りのときブログ