旅景広々トップ 旅行の準備 旅のご注意 旅の便利帳 旅行グッズ リンク


イタリア ・ ローマ
 ローマ市内観光
メニューへ

戻る 次へ

ローマ市内ツアー
ローマ市内ツアー

 先に書いたように、私どもの旅行は基本的に自分で計画をたてる「自由滞在型」です。
このローマでもやはり自分で好きなところを歩きたかったのですが、少し調べたところここには非常に多数の遺跡などの見どころがあり、それらの間を歩いて移動していると相当な時間がかかるのがわかりました。

旅行会社H.I.Sで左図の「ローマ市内オプションツアー」というのをしていたので、まず初日はそれに参加することにし、東京であらかじめ契約していきました。
これは所要時間4時間ほどのツアーで、ローマ市内の名所3ヶ所を日本人ガイドつきのマイクロバスで回ります。費用は一人6000円ほどで、手ごろなところです。

また、市内オプションツアーは朝から半日ほどで終わるので、その日の午後は自分の好きなところに行くことができます。

私どもが宿泊したホテルは、ローマ中心部の北部、観光名所「スペイン広場」の近くにありました。上記市内オプションツアーが出発するのは「スターホテルメトロポール」というホテルで、市内地図でみると私どものホテルよりずっと南にありました。
これはかなり遠いからタクシーか地下鉄で行かなければならないかと思いましたが、市内地図の縮尺を確認したところ、たいした距離ではないのがわかりました。

観光スポットが集中するローマ市中心部は、それほど広くはないのです。この地図の端から端まで歩いても私どもが東京でしている「週末遊歩」の歩行距離ぐらいで、町並みを見ながらのんびり歩くつもりなら別に遠くはありません。
これに気が付いて大いに気を強くし、スターホテルメトロポールまで歩いたところ、やはり予想通り20分足らずでつきました。

フォロ・ロマーノ
 バスが出発すると、ガイドの日本人女性が窓外に次々に現れる名所旧跡を詳しく解説してくれます。まず最初についたのは、古代ローマ発祥の地「フォロ・ロマーノ」でした。

アッピア街道の道端に止まったバスを降り、ほんの少し歩くと、正面に天を突くような巨大な石の門が現れました。西暦315年にコンスタンティヌス帝の戦勝を記念して建立されたものとのことですが、遠くから眺めただけで恐ろしいほどの存在感があります。

パリの凱旋門とこちらを比較すると、どちらが大きいのでしょうか。

1960年のローマオリンピックのマラソン競技では、エチオピアのアベベ選手が裸足でアッピア街道をひたひたと走り、ぶっちぎりのトップでこの凱旋門をくぐりました。あまりにも早いゴールインであったため、まだゴールテープの用意がしてなかったそうです。

大凱旋門

フォロとは公共広場とのことで、従ってフォロ・ロマーノとは古代ローマの広場という意味だそうです。壮大な凱旋門、空を圧するコロッセオ(円形競技場)、そしてシーザーなど古代ローマの英雄たちの活躍の場となった元老院議場の址などがここに集中しています。

コロッセオ
 凱旋門に近づくと、その向こうに凱旋門をはるかにしのぐ巨大な建造物が見えてきました。写真を撮ろうとしても、画面からはみ出してしまいます。さらに近寄るとその中が一部のぞきこめるところがありましたが、そこでまたその大きさに驚かされました。

コロッセオ(円形競技場)は、上記凱旋門凱旋門よりずっと早く、紀元80年頃完成したとされます。イエスキリストがなくなってから間もないころということになります。

この中で、剣闘士同士の命をかけた闘い、あるいは剣闘士とライオンの闘いなどが盛んに行われ、ローマ市民はそれらを見て熱狂したそうです。映画にもなった小説「クオヴァディス」の中にも、ここでの凄惨な闘いの様子が描かれています。

上の写真のように、円形競技場の外壁が一部剥ぎ取られて低くなっています。これは、後にキリスト教がローマの国教となってサンピエトロ寺院が建立されたとき、石材が不足したのでこのように円形競技場の外壁を一部を剥ぎ取って利用したのだそうです。

コロッセオ

凱旋門の正面から左手に向かうと、まず古代ローマの裁判所の建物が見えてきました。その一部は修復して現在も裁判所として使用しているそうです。

その裁判所の反対側には、古代ローマの遺跡がほとんどそのまま残されています。一部は、現在もなお発掘調査が行われているとのことです。

皇帝ティトスの凱旋門
古代ローマの遺跡

 日本の歴史建築は、大多数が木造建築なので、多湿な気候により次第に朽ち果てるかまたは火災により消失してしまいます。

古代ローマの建造物は、巨石を積み上げて造ったもので、2000年以上たった現在でもほぼ原形を保っています。それらの建造物が時代を超えて示す存在感の大きさには、ただ感嘆するほかありません。

裁判所の奥には、コロッセオを完成したことで有名な皇帝ティトスの凱旋門があります(左の写真)。音楽に詳しい方にとっては、モーツアルトの最後のオペラ『皇帝ティトスの慈悲』が思い出されるでしょう。

元老院議場の址
 その皇帝ティトスの凱旋門のさらに奥に、岡に囲まれた低い場所があります。ここが古代ローマの元老院議場の址とされているそうです(下の写真)。
ジュリアス・シーザーが皇位に就いて演説を行うなど活躍し、やがてブルータスらによって暗殺されたのがこの場所です。

現在は石の柱などが点在するだけでの草野原で、野鳥のさえずりが聞えるのみでした。 写真を撮った後、少し皇帝ティトスの凱旋門の方に戻って野原を見下ろす崖の上に立ち、しばし古代ローマの英雄シーザーの冥福を祈りました。

元老院議場の址

ベンハーの競技場

 以上でフォロ・ロマーノを一応観終わり、ふたたびバスに乗って今度はローマ市の西部ヴァティカン市国の見学に向かいます。
途中でガイドの日本人女性が、ヴァティカン市国について詳しい解説をしてくれました。

左の写真の草原は、映画 《ベンハー》 でチャールトン・ヘストンが戦車競技大会に出場し、宿敵相手に命を懸けた競技を行った場所だそうです。バックの古代遺跡が実に素晴らしい舞台装置になっています。

やがてチベール川にかかる美しい橋を渡り、ヴァティカン市国の入口に着きました。

戻る 次へ



メニュー



旅景広々トップ 旅行の準備 旅のご注意 旅の便利帳 旅行グッズ リンク

このウェブの姉妹サイト
実りのとき
このウェブの姉妹ブログ
実りのときブログ