旅景広々トップ 旅行の準備 旅のご注意 旅の便利帳 旅行グッズ リンク


イタリア ・ ローマ
 サンピエトロ寺院
メニューへ

戻る 次へ

ヴァティカン市国

 ヴァティカン市国は、ローマ法王を国家元首とする独立国家で、実体はテヴェレ川の西、面積0.44平方キロメートルほどの区域です。世界一小さい独立国家だそうで、人口は第264代法王ヨハネス・パウルス2世をはじめ813人ということです。

キリスト教伝道に努めていた使徒ペテロは、やがて皇帝ネロに捕らえられ、ローマで殉教しました。その聖ペテロの墓の上に後に「サンピエトロ寺院」が建立され、カトリックの総本山になりました。聖ペテロは、死後初代ローマ法王の座につきました。

このヴァティカン市国の中に、上記サンピエトロ寺院、歴代法王が収集した古今の美術品を納めた世界最大の博物館ヴァティカン博物館、そしてミケランジェロの天井画で有名なシスティーナ礼拝堂などがあります。

ツアーのマイクロバスに乗ってヴァティカン市国に近づくと、サンピエトロ寺院の壮大な建築が見えてきました。

サンピエトロ寺院
サンピエトロ寺院

 寺院ははるか遠くにあるのに、もう寺院の大クーポラ(ドーム屋根)が天を突くように見えます。

ミケランジェロは、1546年に先任者からこの寺院の建築を引き継ぎ、大クーポラのデザイン、建築を推進しました。しかしこの大寺院の完成は、ミケランジェロの死後、1626年となりました。
この寺院の中にはミケランジェロの名作 《ピエタ(悲しみの聖母)》 もあり、ミケランジェロに大変縁の深い寺院でもあります。

サンピエトロ広場
サンピエトロ広場

 バスを降りて近づくと、サンピエトロ寺院の手前に広大な広場がありました。これがサンピエトロ広場で、バロック時代の大彫刻家ベルニーニの設計になるものです。
広場の中央に立っているオベリスク(尖塔)は、紀元前37年にエジプトからローマに運ばれてきたものだそうです。

この巨大な広場には、最大30万人のキリスト教徒が収容できるとのことです。
法王がバチカン宮殿におられるときは、毎週日曜の正午にバルコニーに姿を現してこの広場を埋める人々に対して短い講話を行い、祈りをささげるそうです。

サンピエトロ広場の両側には円柱を連ねた回廊が半円形に配置され、それらが広場の奥にそびえるサンピエトロ寺院の両翼に接続されています。広場中央のオベリスクと広場の左右に配置された円柱回廊が、古典的な均斉感をかもし出しています(下の写真)。

なお、下の写真で円柱回廊の奥にそびえている箱型の巨大な建物がミケランジェロの天井画で有名なシスティーナ礼拝堂です。

円柱回廊

パウロ
聖パウロ像

 サンピエトロ広場の右側を円柱回廊に沿ってまわり、寺院の入口に向かいます。
入口の近くに、聖ペテロの像と並んで聖パウロの像が立っていました。

熱列なるユダヤ教徒であったパウロは、キリストの死後ダマスカスに向かう途中キリストからの啓示を受け、有名な「回心」をしてキリスト教徒になりました。
パウロは後にローマの役人にとらえられ、剣で首をはねられて殉教しました。殉教者はどのようにして殺されたかを示すものを持った像が造られるのが普通なので、聖パウロの像はたいてい剣をもっています。

クーポラ
ドームの天井

 サンピエトロ寺院の中に入ると、この建物の壮大さが一層はっきりと実感できました。中に入ってきた人が皆、天井を見上げてその高さに感嘆しています。

少し先に進むと、クーポラ(ドーム屋根の部分)の天井が見えますが、そこはまた一段と高く180メートル以上もあるそうです。

このドーム部の真下に聖ペテロが死後葬られた墓があるということです。
最近サンピエトロ寺院の地下の発掘調査が行われたましたが、その結果、聖ペテロの墓と遺骨が実際に発見されたということで、世界的な話題となりました。

ペテロ
ペテロ像

 この壮大な寺院の内部には、寺院の主 聖ペテロの有名なブロンズ像があります。

映画にもなった小説 『クオ・ヴァディス』 にあるように、ペテロはキリスト亡き後キリストの教えの伝道に努めましたが、AD65年ごろローマの役人によって処刑されました。
聖ペテロは、天国の鍵を受け取ったとされるため、たいていのペテロ像は大きな鍵を手にもっています。

この聖ペテロ像の前には、世界中のキリスト教徒が来て額づき祈りを捧げた後、像の足に接吻します。そのため、この聖ペテロ像の足は次第に磨り減っているそうです。

ピエタ像
ピエタ像

 とうとう、《ピエタ(悲しみの聖母)》 像の前にきました。ミケランジェロがまだ23歳の若者のころ制作した名作です。

ミケランジェロの一生を通じて私が最も惹かれる傑作で、私にとってこの像に会うのがローマに来た最大の目的でした。寺院入口に近い壁際に、淡い照明のもと、ピエタは永遠の悲しみをたたえて佇んでいました。

23歳でこの名作を制作したミケランジェロの天才には感嘆するのみです。聖母の瑞々しい表情、体型のやわらかさなどに若者ならではの表現を感じます。

スイスの衛兵
 サンピエトロ寺院の壮大さにすっかり圧倒されて、寺院の外に出てきました。

出口のところには衛兵の小屋があり、有名な「スイスの衛兵」が立って警護をしています(下左の写真)。衛兵のカラフルな制服は、ミケランジェロがデザインしたものとされます。

広場にある大噴水の下で休みながら、ローマの紺碧の空にそそり立つサンピエトロ寺院のクーポラを見上げました(下右の写真)。
私どもは、この日だけで180枚ほどのデジカメ写真を撮りました。デジタルカメラのメモリを増強しておいてよかったと思いました。

戻る 次へ



メニュー



旅景広々トップ 旅行の準備 旅のご注意 旅の便利帳 旅行グッズ リンク

このウェブの姉妹サイト
実りのとき
このウェブの姉妹ブログ
実りのときブログ