旅景広々トップ 旅行の準備 旅のご注意 旅の便利帳 旅行グッズ リンク


イタリア ・ ローマ
 トレヴィの泉・スペイン階段
メニューへ

戻る 次へ

映画 《ローマの休日》

 1980年に世界遺産に登録されたローマ旧市街は、至るところが名所ですが、その中でも最も有名なものの一つが「トレヴィの泉」でしょう。

私どもの世代では、オードリー・ヘップバーン、グレゴリー・ペック主演の映画 《ローマの休日》 がまず思い出されます。なんとこの映画の公開からもう半世紀以上の年月が経っているそうです。この映画で彗星のようにデビューしたオードリー・ヘップバーンさんも、もう天国に召されました。

でも、私どもにとってこの映画は青春の忘れがたい1ページであり、このすばらしい映画を通して永遠の都ローマをイメージしてきたのです。今回やっと、自分がこの都にやってきました。では、映画のようにスクーターに乗って軽快に!とは行きませんが、代わりにマイクロバスでトレヴィの泉に向かいましょう。

トレヴィの泉

 ヴァティカンのサンピエトロ寺院を後にして、バスはふたたびテヴェレ川にかかる橋を渡り、東に向かいます。トレヴィの泉はローマ旧市街の北部、私どもの宿泊しているホテルからそう遠くないところにあります。

バスはトレヴィの泉に近い丘の上にある駐車場にとまりました。そこから細い道をたどってゆくと、急に目の前が大きく開け、泉の上部に出ました。トレヴィの泉が思ったより横に広くて大きいのに驚きました。

トレヴィの泉

広い泉水は青い清らかな水が満ちており、そこに上の噴水から絶えることなく水が流れ落ちています。ローマ市から数キロ離れたところにあるトレビ地区を水源とする「アグリッパの水道」(1762年に完成)により、良質の水が供給されているとのことです。

泉の向こうは「ポーリ候宮殿」の壁の一部だそうで、その全面にギリシャ神話の海神ネプチューンをテーマとする見事な彫刻が施されています。海馬の引く貝殻に乗って、ネプチューンが凱旋門から出てくるという構図のようです。
これらの彫刻は天候や時刻により微妙に異なった表情を見せるので、昔から画家や写真家がこの場所を盛んに訪ねてくるということです。

トレヴィの泉

ガイド
ツアーのガイドさん

 ここで、「ローマ半日市内観光」というツアーが終了しました。
日本人女性のガイドとイタリア人女性のアシスタントのお二方が詳しく案内してくれたおかげで、短時間のうちにスムーズにたくさんの名所を回ることができました。

最後に泉をバックにお二方の記念写真を撮らせていただきました。

ガイドが、泉に背を向け右手で左肩越しにコインを1枚放り込むと、またこの泉を訪れることができると教えてくれました。私どももそのとおりにして、トレビの泉を後にしました。

スペイン階段

 ガイドさんにここから近い名所を尋ねたところ、最も近いのは「スペイン階段」とのことだったので、そちらに徒歩で向かいました。
ぶらぶらと歩くこと10分ほどで、「スペイン広場」にきました。ここにスペイン大使館があるのが「スペイン広場」の名前の由来です。ここも映画 《ローマの休日》 の中に出てきたので、以来ローマの代表的な観光スポットになりました。

噴水のあるスペイン広場から幅の広い石の階段が立ち上がっており、その上方に高い鐘楼のある大きな教会が建っているのが見えました。
スペイン階段は135段もあるそうですが、なにしろすごい人で、皆階段を上り下りするのではなく、階段の上に立っているか、あるいは階段に腰を下ろしています。石段というよりは人の階段といったほうがよいのではと思いました。

スペイン階段

 映画 《ローマの休日》 では、分刻みのスケジュールを逃れて宿舎の宮殿の外に出たアン王女が、このスペイン広場でアメリカ人の新聞記者とともに名物のジェラートを食べたりして自由な時間を過ごす場面がありました。

その後二人は、スクーターに二人乗りしてローマ市内方々の名所を訪れます。現在でもイタリア旅行の案内書などにこれらのシーンが紹介されているのを目にします。

1945年の第二次大戦終戦以降、莫大な国富を手に入れたアメリカでは、空前の海外旅行ブームが起こりました。1953年公開の映画 《ローマの休日》 、そして1955年公開の映画 《旅情》 は、この海外旅行ブームを背景として企画・制作されたものです。

スペイン階段

トリニタ・ディ・モンティ教会
トリニタ・ディ・モンティ教会

 スペイン階段の上方にそびえ立っているのが、トリニタ・ディ・モンティ教会です。1502年にフランス王ルイ12世の命によって建立が始まりましたが、完工までに1世紀以上を要したそうです。
スペイン階段は、もともとこの教会に登るための参道として造られたということです。

この教会の建築はフランス・ゴシックという様式だそうで、スペイン階段を見下ろすように立つ巨大な一対の鐘楼で有名です。

教会の内部には貴重な歴史資産があり、見学もできたのですが、それを知らなかったので、写真を撮っただけで通り過ぎました。

戻る 次へ



メニュー



旅景広々トップ 旅行の準備 旅のご注意 旅の便利帳 旅行グッズ リンク

このウェブの姉妹サイト
実りのとき
このウェブの姉妹ブログ
実りのときブログ