トップページ 旅行の準備 旅のご注意 旅の便利帳 旅行グッズ リンク


旅景広々・海外旅行 アメリカ原住民の集落 メニューへ

戻る 次へ

入植村の建物
原住民の集落へ

 入植村の見学を終えて、今度は当時入植村の近くに住んでいたアメリカ原住民の集落を復元したところに向かいました。

この辺は、先ほどの入植村より海岸に向かって少し下がったところで、左の写真の大きな沼のそばにありました。この沼では、うなぎがよく獲れるということでした。

日本の北海道ぐらいの北国のことで、沼の岸辺の葦はもう枯れており、対岸の山々の落葉樹もかなり紅葉が進んでいました。

清教徒の入植当時は、この地域に住んでいたアメリカ原住民はそれほど多数ではなかったということです。

入植村の建物
原住民のカヌー

 それは、清教徒入植の少し前にスペイン人などがこの近くに入植したことがあり、そのとき持ち込まれたヨーロッパの病気によりアメリカ原住民が多数病死したためです。

原住民の人数が少なかったのが幸いして、入植当初は入植民と原住民との間にはほぼ友好関係が保たれていました。

農業の技術がほとんどなかった入植民は、原住民からこの地に適しているとうもろこしの栽培や漁業の仕方などを教えてもらい、ようやく飢えをしのげるようになりました。
原住民の指導がなかったら、プリマスへの清教徒入植は大失敗したかもしれません。

アメリカ原住民の集落に近くなったところで、原住民の血を引くと思われる青年が太い丸木の中をくりぬいてカヌーを作っているのが見えました(上の写真)。
丸木の中で木片などを燃やし、丸木がある程度炭化した部分を斧などで削り取って次第にカヌーの形にしてゆくようです。完成するまでには、相当な時間がかかることでしょう。
昔読んだ小説 『ロビンソン・クルーソー』 の中に、このようなカヌーの作り方が書いてあったのを思い出しました。

原住民の小屋
原住民の小屋

 原住民の集落に入ると、当時の原住民の小屋がいくつか復元されていました。

当時の原住民の小屋は、冬季用と夏季用の2種類があったそうです。冬季用のものは、厳しい冬をしのぐために木の枝や粘土で内壁を作り、その外側に厚い樹皮を張っていました。 左の写真の小屋は、その冬季用のものと思われます。
厚い樹皮を張った上から木の枝や藤蔓でしっかりと補強をしてありましたが、これは強風時や冬の積雪に備えたのでしょう。

一方、夏季用の小屋は、とうもろこしの茎や麦わらなどで造られたということです。

冬季小屋の内部
冬季小屋の内部

 小屋の狭い入口から中に入ると、天井が高く内部の空間は意外に広く感じました。

小屋の壁には、断熱材としてわらが厚く入れられていて、その上にカラフルな布がかけてありました。

小屋の土間には煮炊き用を兼ねて焚き火がしてあるので、小屋の中は寒くはありません。中にいた女性は、写真のようにノースリーブでなにか仕事をしていました。
小屋の天井には簡単な煙出しが設けられているのですが、やはり私どもには冬季小屋の内部は非常に煙くて長くはいられそうにありませんでした。

赤ちゃん用品

 当時のアメリカ原住民たちは、生活に必要なものはなんでも自分たちで作らなければなりませんでした。その際は、猟で得た動物の毛皮が原材料として大いに利用されたようです。

下左の写真は赤ちゃんの背負子のようで、動物の毛皮で作った袋の中に赤ちゃんを納めて背負うと思われます。毛皮の袋の中は温かくて適当な通気性もあるので、赤ちゃんも快適だったことでしょう。

下右の写真は、毛皮の裏皮で作った赤ちゃんマットで、やはり裏皮で作ったと思われるお人形がその上に置かれてありました。赤ちゃんのお遊びは、世界中どこに行ってもあまり変わらないようですね。

村の家 製材職人

原住民の暮らし

 下左の写真は、屋外で行う煮炊きの様子です。温かいシーズンや冬でも日中は、煮炊きはできるだけ屋外で行ったのでしょう。煙突のない小屋の中で盛大に焚き火をすると、煙が充満してとてもいたたまれなくなります。

下右の写真は上記の場所にいた女性ですが、アメリカ原住民系というよりはアフリカ系のような印象を受けました。このプランテーションで働いているスタッフには、さまざまな人種がいるようです。

煮炊き 原住民役の女性

下の写真の女性たちは、さまざまな動物の毛皮で作った衣服を何枚も着込んでいました。下左の写真では、アライグマらしい毛皮、スカンクのように見える毛皮を身に着けています。いずれもわなを仕掛けてとらえた動物の毛皮を利用したのでしょう。

北国の冬は厳しく、上記のような粗末な小屋に住み食物も乏しい状況で生き抜くには、どうしてもこのように毛皮を使った衣服が必要だったのでしょう。

清教徒入植民たちも、アメリカ原住民から動物を捕らえる方法、そしてその毛皮を利用する方法を学んで、次第にこの土地の生活に順応していったのでしょう。

原住民役の女性 原住民役の女性

戻る 次へ



メニュー

トップページ 旅行の準備 旅のご注意 旅の便利帳 旅行グッズ リンク

このウェブの姉妹サイト
実りのとき
このウェブの姉妹ブログ
実りのときブログ