トップページ 旅行の準備 旅のご注意 旅の便利帳 旅行グッズ リンク


旅景広々・海外旅行 チャールズタウン・ネイビーヤード メニューへ

戻る 次へ

キングズ・チャペル
チャールズタウンへ

 コップスヒル墓地から丘を下り、チャールズ川の河畔に出ました。ここからチャールズタウン・ブリッジという橋を渡って対岸のチャールズタウンに行きます。

チャールズ川の河畔から橋のほうを見ると、チャールズタウン・ブリッジの向こう側にもう一つ橋が見えました。東京のかつしかハープ橋と同じように、高い柱から鋼線で橋をつる構造のようです。

私どもが来てからボストンはずっと強い風が吹いていましたが、チャールズ河口の広い場所にかかるこのチャールズタウン・ブリッジの上は特に風が強く感じられました。

チャールズタウン・ブリッジ

 アメリカ東海岸地域の橋は、建設後100年ぐらい経ったものが多く、概して老朽化が進んでいます。このチャールズタウン・ブリッジもやはりだいぶ古いようで、橋のあちこちで補修工事をしていました。その工事のせいか、歩道の一部が鉄網になっていて、橋の下の水面が見えます。鉄網の上はこわごわ踏んで渡りました。

しかし、チャールズタウン・ブリッジから見渡すボストン湾の景観はすばらしく、思わず望遠レンズを取り出して方々を撮影しました。下の写真は、東北の方向、チャールズタウンの遠くの埠頭を撮影したものです。

チャールズタウン・ブリッジ

バンカーヒル記念塔
バンカーヒル記念塔

 チャールズタウン・ブリッジの上から北のほうを見ると、バンカーヒル記念塔が秋空に高くそびえていました。
1775年から始まった独立戦争では、チャールズタウン北のこの丘でアメリカ軍とイギリス軍との間で激しい戦闘が行われました。ボストン市民たちの間でそれを記念してオベリスクを建設しようという運動が起こり、1825年に67mの塔が完工しました。

バンカーヒル記念塔の内部には294段の階段がついており、塔の頂上まで登ることができるそうです。記念塔の頂上からの景観はさぞ見事なことでしょう。

ヨット・ハーバー
ヨット・ハーバー

 チャールズタウン・ブリッジを渡ったところは大きなはヨット・ハーバーがあり、ヨットが多数係留されていてそれらの高いマストが林立していました。ヨットの上で出航の準備をしている人もかなりいました。

私はヨットについてはなにも知りませんが、ヨット船体のサイズ、マストの高さからかなり大型の外洋も航行できるヨットではないかと思います。

ここから東のほうは、もう橋がなくチャールズの広大な川口がそのままボストン湾につながっています。そこから先は、さえぎるものがない大西洋です。

ネイビーヤード

 チャールズタウン・ブリッジを渡ってから少し右の方に歩くと、アメリカ海軍が管理するネイビーヤードという広大な港湾地区になります。ネイビーヤード内の道路沿いの右手はすぐ海軍関係の埠頭になっており、倉庫のような建物や大きなクレーンが遠くから見られます。

道路沿いの左手は高台になっており、そこには赤いレンガと白い壁のクラシックな建物がそこかしこにありました(下の写真)。相当な大きさの建物なので、海軍関係のクラブハウスのようなものでしょうか。
この日は、大変風が強かったのですが空にはほとんど雲がない天候だったので、下の写真のようにいかにもニューイングランドの海岸らしい見事な景観が楽しめました。

ネイビーヤードの建物 ネイビーヤードの建物

コンスティチューション号記念館
コンスティチューション号記念館

 ネイビーヤードには1797年に進水したコンスティチューション号というアメリカ海軍の帆船型の戦闘艦が係留されています。進水から200年以上経った現在でも航行ができ、現役の軍艦では世界最古とされています。

またこのネイビーヤードは、大西洋に面しているので、第二次大戦では大西洋海域に出動するアメリカ海軍艦艇の基地、修理ドックとして利用されました。

ここにはコンスティチューション号記念館という大きな建物がありますが、これはネイビーヤードの管理本部にもなっています。

停泊中の軍艦
停泊中の軍艦

 ネイビーヤードには、埠頭のほかにアメリカ海軍艦艇の修理や改装に利用される小型のドックがあります。
コンスティチューション号記念館の近くにあったこのドックでは、駆逐艦クラスと思われる軍艦が入って高いクレーンを使ってなにか改装をしているようでした。

この軍艦は駆逐艦クラスなので、艦砲はサイズが小さくその数も多くありません。しかし、マスト、艦橋、そして船尾にさまざまなアンテナが林立しており、現代の軍艦は通信データを情報処理することで軍事行動をしているのがわかりました。

戻る 次へ



メニュー

トップページ 旅行の準備 旅のご注意 旅の便利帳 旅行グッズ リンク

このウェブの姉妹サイト
実りのとき
このウェブの姉妹ブログ
実りのときブログ